88件中 71 - 80件表示
  • 平野博文

    平野博文から見た第46回衆議院議員総選挙

    2012年10月1日、野田第3次改造内閣の発足に伴い、文科相を退任し、衆議院国土交通委員長に就任。同年の第46回衆議院議員総選挙では、大阪11区で日本維新の会の伊東信久に敗れ、初当選以来守り続けてきた議席を失い、比例復活もできず落選した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た伊都郡

    和歌山県伊都郡かつらぎ町生まれ。かつらぎ町立妙寺中学校、和歌山県立笠田高等学校、中央大学理工学部電気工学科卒業。1971年、大学を卒業し、松下電器産業(現パナソニック)に入社。1983年より日本社会党の中村正男衆議院議員の秘書を務める。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見たかつらぎ町

    和歌山県伊都郡かつらぎ町生まれ。かつらぎ町立妙寺中学校、和歌山県立笠田高等学校、中央大学理工学部電気工学科卒業。1971年、大学を卒業し、松下電器産業(現パナソニック)に入社。1983年より日本社会党の中村正男衆議院議員の秘書を務める。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た内閣総辞職

    2010年5月28日、普天間基地移設問題に関して辺野古への移設に反対し、閣議決定への署名を拒否した福島瑞穂内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全・男女共同参画・少子化対策)が罷免された際は事務代理を兼任し、6月4日の内閣総辞職まで務めた。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た電機連合

    電機連合 - 平野は電機連合(パナソニックグループ労組)の組織内候補である。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見たインターネット

    内閣官房長官への就任が内定した直後、歴代の民主党代表が全てのメディアに対する記者会見のオープン化を公言していたにも関わらず、2009年9月16日の鳩山首相の就任記者会見については内閣記者会及び一部の雑誌、外国人特派員のみに参加を認め、フリーランスのジャーナリストやインターネットメディアを記者会見から排除し、党代表による公約を事実上反故にした。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た参議院

    内閣官房長官退任後は一時的に表立った活動を控えていたが、7月の第22回参議院議員通常選挙で参院の与党の議席数が過半数を割り込む大敗を喫したため、徐々に菅直人首相ら執行部への批判を強め、9月の民主党代表選挙への小沢一郎の擁立を画策。報道によれば、当初は菅の再選を支持していた鳩山を小沢支持に翻意させるための鳩山・小沢の会談をセッティングし、鳩山の支持も取り付けたが、小沢は菅に敗れた。菅改造内閣発足後、衆議院安全保障委員長に起用された。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た2010年9月民主党代表選挙

    内閣官房長官退任後は一時的に表立った活動を控えていたが、7月の第22回参議院議員通常選挙で参院の与党の議席数が過半数を割り込む大敗を喫したため、徐々に菅直人首相ら執行部への批判を強め、9月の民主党代表選挙への小沢一郎の擁立を画策。報道によれば、当初は菅の再選を支持していた鳩山を小沢支持に翻意させるための鳩山・小沢の会談をセッティングし、鳩山の支持も取り付けたが、小沢は菅に敗れた。菅改造内閣発足後、衆議院安全保障委員長に起用された。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た社会民主党 (日本 1996-)

    普天間基地移設問題において、沖縄県民の負担軽減のため、普天間飛行場に離着陸するヘリコプターの機数削減やヘリ部隊の沖縄県外への移転を挙げたほか、「極端な話」と前置きした上で、普天間飛行場周辺の住民移転(事実上の強制移住)も挙げた。2010年1月24日投開票の名護市長選挙で、辺野古への移設に反対する稲嶺進の当選を受け、「民意を斟酌しなければならない理由はない」と発言した。平野のこの発言に対し、民社国連立政権の一員であった社会民主党の照屋寛徳国会対策委員長は「けしからんどころか、ぶん殴りたい。政治家としての感覚を疑う」と平野を激しく非難した。しかし、平野は1月26日の記者会見でも「理解は求めなくてはいけないが、合意が取れないと物事を進められないものなのか。日本の安全保障にかかわってくる問題だ」と述べ、沖縄県民の同意の必要性はないとの認識を示した。平野博文 フレッシュアイペディアより)

  • 平野博文

    平野博文から見た内閣総理大臣補佐官

    2009年、鳩山由紀夫内閣において枝野幸男の首相補佐官への起用が内定したものの、人事が発令されず、事実上棚上げされたまま、結局枝野の起用が見送られた。一部報道は枝野が首相補佐官に起用されなかった理由の一つに、内閣官房長官である平野の嫉妬を挙げた。平野博文 フレッシュアイペディアより)

88件中 71 - 80件表示

「平野博文」のニューストピックワード