45件中 21 - 30件表示
  • 吉野誠

    吉野誠から見た平野恵一平野恵一

    2007年オフ、濱中治と共に阿部健太・平野恵一との2対2交換トレードでオリックス・バファローズに移籍。12月3日付でオリックスの支配下選手に登録された。阪神時代の同僚でオリックスでも再びチームメイトとなる北川博敏とは、高校からの学歴やドラフト2位での阪神入団といった経歴が共通している。吉野誠 フレッシュアイペディアより)

  • 早川大輔

    早川大輔から見た平野恵一平野恵一

    2005年は開幕戦で8回表に代打で出場し、松坂大輔から安打を放って出塁すると、オリックス・バファローズとしての初盗塁・初得点を記録した。近鉄との球団合併でライバルが増えたが、前年に続き打撃好調で、前半は3割を超える高打率を維持し、一気にレギュラーを獲得するかに思えた。しかし、5月からは一転して絶不調に陥り、後半は代走・守備要員に戻ってしまった。は自身の故障や平野恵一の外野コンバート、村松の好調などに押され代走・守備要員としての出場に留まり、2割に満たない打率に終わり、二軍暮らしのほうが長くなってしまった。同年の秋季キャンプからテリー・コリンズ監督の助言で再びスイッチヒッターに挑戦したが、その矢先の11月、辻俊哉との交換トレードで千葉ロッテマリーンズに移籍した。早川大輔 フレッシュアイペディアより)

  • 平野佳寿

    平野佳寿から見た平野恵一平野恵一

    はスライダー中心の投球から、カーブ、フォークを多めに使う投球に変化した。特にフォークで三振を奪うシーンが目立ち、奪三振数は前年より増えリーグ10位を記録する等、多くの面で改善が見られた。一方でコリンズ新監督の方針により、100球前後の球数制限が設けられたため、完投は98球で無四球完封勝利した7月24日の日本ハム戦と8月7日のロッテ戦の2試合だけに終わった。なお、前者の試合では同姓の平野恵一(現・阪神)が先制本塁打に追加点となる犠牲フライを放ち、2人が試合後のお立ち台に上がる「ダブル平野」でのお立ち台が実現した。また、球数制限を意識するあまりストライクゾーンに球を集め過ぎたのが災いしたのか、シーズン序盤は被本塁打が多く、中盤以降は減ったものの通年では川越英隆に次いでリーグ2位の18被本塁打。前年を上回る8勝を挙げて防御率も良化したが、援護がなかったり、中盤に炎上するなど点の取られ方が悪く、前年同様シーズン後半になると失速していく傾向も変わらず、リーグワーストの13敗を記録した。9月24日のロッテ戦では抑えとして登板。「今後も抑えで起用したい」とコリンズ監督は発言したが、同年最終登板となった9月30日の西武戦では先発した。秋季キャンプではコリンズ監督にチェンジアップの習得と直球の制球力向上を命じられた。平野佳寿 フレッシュアイペディアより)

  • 中村勝広

    中村勝広から見た平野恵一平野恵一

    2006年のオリックス監督就任にあたっては、春季キャンプでセカンドの平野恵一をセンターに、サードを任されていた後藤光尊を二遊間にコンバートし、清原和博・中村紀洋の加入に備えた。中村勝広 フレッシュアイペディアより)

  • 有銘兼久

    有銘兼久から見た平野恵一平野恵一

    は開幕を二軍で迎え、同年6月3日にようやく一軍登録され、同年6月5日の対阪神タイガース戦(クリネックススタジアム宮城)の9回表に4番手として登板。平野恵一に押し出しの四球を与えただけで降板するとすぐに再降格する。その後は一軍復帰を果たすことができず、同年10月2日に球団から戦力外通告を受けた。その後、11月9日にクリネックススタジアム宮城で行われた12球団合同トライアウトに参加も、獲得に動く球団は現れず現役を引退。有銘兼久 フレッシュアイペディアより)

  • 藤本敦士

    藤本敦士から見た平野恵一平野恵一

    は親交の深い濱中治とのトレードで加入した平野恵一が二塁のレギュラーに定着したことで、スタメンでの出場機会は更に減少した。シーズン中盤に平野が故障で戦線離脱した際は、三塁手にアーロム・バルディリスが起用されると関本が二塁手、藤本が起用される際は関本が三塁手という形の併用で二塁手としてスタメン出場の機会を得た。しかし、平野が復帰するとまた控えに戻り、プロ入り後最低の58試合出場で打撃も低調なままに終わった。同年はプロ入り後初めて三塁手も守った。藤本敦士 フレッシュアイペディアより)

  • 川岸強

    川岸強から見た平野恵一平野恵一

    高校は桐蔭学園に進む。外野手兼二番手投手として3年次の夏の甲子園出場を果たす。2回戦で西京高校と当たり敗退。この時のチームメイトには浅井良、平野恵一がいる。川岸強 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学硬式野球部

    東海大学硬式野球部から見た平野恵一平野恵一

    平野恵一(プロ野球選手・オリックス、阪神)東海大学硬式野球部 フレッシュアイペディアより)

  • 小林正人

    小林正人から見た平野恵一平野恵一

    高校時代、正田樹は1年後輩で、一場靖弘、大廣翔治は2年後輩であった。また、東海大では、小田嶋正邦、平野恵一が1年先輩であり、同期は、久保裕也、鞘師智也。また、大松尚逸は2年後輩である。小林正人 フレッシュアイペディアより)

  • 桐蔭学園中学校・高等学校

    桐蔭学園中学校・高等学校から見た平野恵一平野恵一

    高等学校に1966年設置。1971年(昭和46年)、第53回全国高等学校野球選手権大会に初出場で初優勝を成す。この時を含めて甲子園出場は春5回、夏6回を数える。プロ野球選手も多数輩出しており、引退した選手では、高校卒業後の入団の、長内孝(広島)、渋井敬一(ヤクルト)、水上善雄(ロッテ)、大学や社会人を経ての入団の、小桧山雅仁(横浜)、高木大成(西武)、副島孔太(ヤクルト→オリックス)等がいる。現役では、高橋由伸(巨人)、平野恵一(阪神)等がいる。高木、副島、高橋は同時期に在籍していた。硬式野球部では全寮制を敷いており、部員は全員鉄町の敷地内の寮で生活を送っている。桐蔭学園中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示

「平野恵一」のニューストピックワード