51件中 21 - 30件表示
  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た訪問看護

    社会保険に密接に関わる事業者等(保険医療機関・保険薬局・指定訪問看護事業者、介護保険事業者・介護保険施設及び社会保険労務士)との連携年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見たコンピュータ

    2004年5月 当時の社会保険庁電子計算機処理データ保護管理規程を改正し、データの業務目的外の閲覧行為の禁止を明記。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た離職

    2000年 離職等に伴う種別変更届出(第2号被保険者→第1号被保険者)の勧奨を開始。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た年金手帳

    1997年以降、住基ネットを活用して二十歳到達者の把握を行い、年金手帳を送付し、強制的に適用していくという仕組み(職権適用)はできていた。しかし、その後に種別の変更が生じたときに(第2号・第3号被保険者→第1号被保険者)十分に記録を追い切れず、場合によっては、強制徴収までつながるような仕組みはできていなかった。また、未納等の要因に応じた効率的・効果的な徴収対策も不十分であった。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た保険事故

    国民年金は、日本国内に住所のある20歳以上60歳未満のすべての人が強制加入し、老齢・障害・死亡の保険事故に該当したときに基礎年金を支給する公的年金制度である。国民年金の被保険者は、職業・就労形態や保険料の納め方で3種類(第1号・第2号・第3号被保険者)に分かれているが、国民年金に保険料を直接納めるのは、第1号被保険者のみである。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た金融機関

    督促状は法律上の行為であり、督促状を発行することによって滞納処分の第一着手となり、これによって時効が中断し、保険料の徴収時効がもう2年延びるという法律的な効果がある。督促状の指定期限までに納付がない者には財産調査(金融機関等に対し、預貯金等の差押え可能な財産の有無を調査)を行い、差押予告(期限までに納付がない場合、差押えをすることを予告する通知)を送る。指定した期限までに納付がない者には財産差押(預貯金等が主な対象)を執行する。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た医療機関

    社会保険に密接に関わる事業者等(保険医療機関・保険薬局・指定訪問看護事業者、介護保険事業者・介護保険施設及び社会保険労務士)との連携年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た配偶者

    保険料の納付義務は、第1号被保険者本人にあるが、本人に収入がないときなどは、世帯主や配偶者も連帯して保険料を納付する義務を負う。また、保険料は納付期限(翌月末まで)より2年を経過したときは、徴収する権利が時効により消滅するので、保険料を納める事ができなくなる。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た学生納付特例制度

    納付対象月数(分母)とは、当該年度分の保険料として納付すべき月数であり、全額免除月数・学生納付特例月数・若年者猶予月数は含まないが、半額免除等月数は含む。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た政治家の年金未納問題

    3閣僚に年金未納期間のあったことが発覚したのを皮切りに、政治家の年金未納問題がクローズアップされた。社会保険庁職員約300人が興味本位で年金の個人情報を閲覧し、更にマスコミへ年金未納情報をリークしていた職員もいたことが判明し、社会保険庁の杜撰な個人情報管理が明るみに出た。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「年金未納問題」のニューストピックワード