53件中 21 - 30件表示
  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た行政機関

    年金個人情報の業務目的外閲覧については、個人情報を管理する行政機関としてあってはならないことであり、業務目的外閲覧を行った者及び管理監督者が処分された。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た時効

    督促状は法律上の行為であり、督促状を発行することによって滞納処分の第一着手となり、これによって時効が中断し、保険料の徴収時効がもう2年延びるという法律的な効果がある。督促状の指定期限までに納付がない者には財産調査(金融機関等に対し、預貯金等の差押え可能な財産の有無を調査)を行い、差押予告(期限までに納付がない場合、差押えをすることを予告する通知)を送る。指定した期限までに納付がない者には財産差押(預貯金等が主な対象)を執行する。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見たオンライン

    その後、2004年1月から12月までの期間における職員の業務目的外の閲覧行為について、2005年3月に全職員を対象に自己申告調査を行った結果、1,535名(2004年7月の処分者321名を含む)の閲覧行為、オンライン通信履歴の記録をもとに調査を行った結果、1,574名の閲覧行為が明らかになった。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た配偶者

    被保険者及び連帯納付義務者(配偶者・世帯主)に十分な所得がありながら、保険料が長期間(13カ月?24カ月)未納になっている被保険者については、強制徴収が行われている。度重なる納付催告に応じない未納者に対しては、最終催告状(滞納処分の手続きの前に未納者に自主納付を促す最後の通知)を送る。最終催告状の指定期限までに納付がない者には督促状(未納者に未納保険料を督促する法定の通知)を送る。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た社会保険労務士

    社会保険に密接に関わる者(被用者保険(健康保険・船員保険・共済組合)保険者、社会保険労務士)との情報交換年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見たマスメディア

    2004年3月から社会保険庁が保有する年金未納情報がマスコミで報道され、職員による個人情報漏洩が疑われたため、内部調査が実施され、同年7月に321名の職員の業務目的外の閲覧行為が明らかになった。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た口座振替

    国内在住の任意加入被保険者は、口座振替による納付を原則義務化年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た国務大臣

    2004年の国会期間中に、3人の国務大臣の年金未納が発覚したことに始まった政治家の年金未納問題では、110人を超える議員に未納期間があったことが明らかになった。これは、主として法改正や種別変更により国民年金への加入義務が生じていながら、本人届出による切替手続きを行っていなかった(未加入)ため、納付書が届かずに納付できなかったことが原因である。この問題は、政治不信とともに年金不信を加速しただけでなく、年金運営事業である社会保険庁の収納体制や個人情報の管理が徹底していなかったことをも浮き彫りにした。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た学生納付特例制度

    納付対象月数(分母)とは、当該年度分の保険料として納付すべき月数であり、全額免除月数・学生納付特例月数・若年者猶予月数は含まないが、半額免除等月数は含む。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た自営業

    制度発足時には所得のある自営業者・農漁業者を主な被保険者としていたが、強制加入により近年は無職・学生・フリーター等の所得が無いあるいは著しく低い被保険者が増加している。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

53件中 21 - 30件表示

「年金未納問題」のニューストピックワード