53件中 41 - 50件表示
  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た法定

    被保険者及び連帯納付義務者(配偶者・世帯主)に十分な所得がありながら、保険料が長期間(13カ月?24カ月)未納になっている被保険者については、強制徴収が行われている。度重なる納付催告に応じない未納者に対しては、最終催告状(滞納処分の手続きの前に未納者に自主納付を促す最後の通知)を送る。最終催告状の指定期限までに納付がない者には督促状(未納者に未納保険料を督促する法定の通知)を送る。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律

    4月 「行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律」の施行を踏まえ、新たに「社会保険庁保有個人情報保護管理規程」を策定し、個人情報保護を徹底。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見たクローズアップ

    3閣僚に年金未納期間のあったことが発覚したのを皮切りに、政治家の年金未納問題がクローズアップされた。社会保険庁職員約300人が興味本位で年金の個人情報を閲覧し、更にマスコミへ年金未納情報をリークしていた職員もいたことが判明し、社会保険庁の杜撰な個人情報管理が明るみに出た。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た離職

    2000年 離職等に伴う種別変更届出(第2号被保険者→第1号被保険者)の勧奨を開始。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た年金手帳

    1997年以降、住基ネットを活用して20歳到達者の把握を行い、年金手帳を送付し、強制的に適用していくという仕組み(職権適用)はできていた。しかし、その後に種別(第1号・第2号・第3号被保険者)の変更が生じたときに十分に記録を追い切れず、場合によっては、強制徴収までつながるような仕組みはできていなかった。また、未納等の要因に応じた効率的・効果的な徴収対策も不十分であった。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た国会

    2004年の国会期間中に、3人の国務大臣の年金未納が発覚したことに始まった政治家の年金未納問題では、110人を超える議員に未納期間があったことが明らかになった。これは、主として法改正や種別変更により国民年金への加入義務が生じていながら、本人届出による切替手続きを行っていなかった(未加入)ため、納付書が届かずに納付できなかったことが原因である。この問題は、政治不信とともに年金不信を加速しただけでなく、年金運営事業である社会保険庁の収納体制や個人情報の管理が徹底していなかったことをも浮き彫りにした。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見たマスコミ

    3閣僚に年金未納期間のあったことが発覚したのを皮切りに、政治家の年金未納問題がクローズアップされた。社会保険庁職員約300人が興味本位で年金の個人情報を閲覧し、更にマスコミへ年金未納情報をリークしていた職員もいたことが判明し、社会保険庁の杜撰な個人情報管理が明るみに出た。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た金融機関

    督促状は法律上の行為であり、督促状を発行することによって滞納処分の第一着手となり、これによって時効が中断し、保険料の徴収時効がもう2年延びるという法律的な効果がある。督促状の指定期限までに納付がない者には財産調査(金融機関等に対し、預貯金等の差押え可能な財産の有無を調査)を行い、差押予告(期限までに納付がない場合、差押えをすることを予告する通知)を送る。指定した期限までに納付がない者には財産差押(預貯金等が主な対象)を執行する。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た国民年金

    年金未納問題(ねんきんみのうもんだい)とは、日本の年金制度が国民皆年金であるにもかかわらず、国民年金保険料(特に第1号被保険者)の未納率が高い(納付率が低い)ことである。国民からは、国民年金保険料を納付しやすいサービスや徴収の徹底が求められている。年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

  • 年金未納問題

    年金未納問題から見た国民健康保険

    国民健康保険(市町村)との情報交換年金未納問題 フレッシュアイペディアより)

53件中 41 - 50件表示

「年金未納問題」のニューストピックワード