広中平祐 ニュース&Wiki etc.

広中 平祐(ひろなか へいすけ、1931年4月9日 - )は日本の数学者。日本人で2人目のフィールズ賞受賞者である。専門は代数幾何学で、フィールズ賞受賞対象の研究は「標数0の体上の代数多様体の特異点の解消および解析多様体の特異点の解消」。名字の「広」の字は正式には「廣」である。日本学士院会員。 (出典:Wikipedia)

「広中平祐」Q&A

  • Q&A

    広中 平祐さんて、なんで有名なんですか。

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2014年1月19日 14:46

  • Q&A

    数学で昔広中平祐氏がといた 「代数幾何学における特異点の解消」 についてわかりや…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2013年4月13日 12:03

  • Q&A

    数学のノーベル賞といわれるフィールズ賞を日本人として2番目に受賞された広中平祐さんの…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2013年2月19日 00:55

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「広中平祐」のつながり調べ

  • 朝日賞

    朝日賞から見た広中平祐

    朝永振一郎(1946年) - 中原和郎(1946年) - 増山元三郎(1947年) - 坂田昌一 (1948年) - 今井功 (1950年) - 野副鉄男、吉田富三 (1951年) - 岡潔 (1953年) - 江崎玲於奈、梅沢浜夫 (1959年) - 熊本大学医学部水俣病研究班 (1966年) - 広中平祐 (1967年) - 江橋節郎 (1968年) - 東北大学金属材料研究所付属材料試験炉利用施設研究グループ (1975年) - 伊藤清 (1977年) - 金関丈夫 (1978年) - B型肝炎研究グループ (1979年) - 「はくちょう」衛星観測チーム (1980年) - 利根川進 (1981年) - 多田富雄 (1981年) - 花房秀三郎 (1983年) - 西澤潤一 (1984年) - 富澤純一 (1986年) - 神岡観測グループ (1987年) - 岸本忠三 (1988年) - 志村五郎 (1991年) - 真崎知生 (1991年) - 野依良治 (1992年) - 竹市雅俊 (1993年) - 小林誠・益川敏英 (1994年) - 丸山工作 (1994年) - 真鍋淑郎 (1995年) - 荒木不二洋 (1996年) - 伊賀健一 (1997年) - スーパーカミオカンデ観測グループ (1998年) - 柳田敏雄 (1998年) - 小川誠二 (1999年) - 赤﨑勇 (2000年) - 中村修二 (2000年) - 柳田充弘 (2000年) - 十倉好紀 (2001年) - 加藤和也 (2002年) - 板倉文忠 (2004年) - 蔵本由紀 (2005年) - 審良静男 (2005年) - 川人光男 (2006年) - 近藤孝男 (2006年) - 下村脩 (2006年) - 山中伸弥 (2007年) - 宮崎照宣・湯浅新治(2007年) - 福山幸夫・戸田達史・遠藤玉夫(2007年) - 大隅良典(2008年) - 深谷賢治(2009年) - 豊島近(2009年) - 諏訪元(2009年)(朝日賞 フレッシュアイペディアより)

  • グレブナー基底

    グレブナー基底から見た広中平祐

    多項式環上のグレブナー基底の理論はオーストリアの大学院生であったによって1965年に発表され、その当時のブッフバーガーの指導教授の名前からグレブナー基底と名付けられた。これと独立して1964年に局所環上での同様の理論が広中平祐によって発見され、標準基底('、あるいは')とも呼ばれる。(グレブナー基底 フレッシュアイペディアより)

「広中平祐」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ