前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示
  • 数理の翼

    数理の翼から見た広中平祐広中平祐

    1980年8月8日 - フィールズ賞受賞数学者の広中平祐により第1回数理の翼夏季セミナーが開催。数理の翼 フレッシュアイペディアより)

  • 小田忠雄

    小田忠雄から見た広中平祐広中平祐

    フィールズ賞受賞者の広中平祐と師弟関係にある。広中平祐の特異点解消理論の発表当時には、 この理論が理解出来る日本人は、ハーバード大学に留学中の小田忠雄唯一人であると伝えられた。名古屋大学理学部助手、助教授をしていたときに、東海高等学校の先輩である森川寿が同じ名古屋大学理学部数学科で教授をしていた。後に小田忠雄と森川寿は共著で『Algebraic Geometry,Sendai,1985』日本数学会を執筆することになった。小田忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • フィールズ賞

    フィールズ賞から見た広中平祐広中平祐

    上記の条件からノーベル賞以上に獲得が困難な賞として見る向きもあるが、日本ではノーベル賞に比してマスコミの扱いも小さく、一般の知名度はあまり高くない。日本人の受賞者は、2010年現在小平邦彦 (1954)、広中平祐 (1970)、森重文 (1990) の3人である。国籍別順位では5位であり、国際的には日本はフィールズ賞大国として見なされている。フィールズ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢令夫

    藤沢令夫から見た広中平祐広中平祐

    知の発見-叡知 広中平祐共著 てらこや出版 1983藤沢令夫 フレッシュアイペディアより)

  • 算数オリンピック

    算数オリンピックから見た広中平祐広中平祐

    算数オリンピックは、日本人として2人目のフィールズ賞受賞者である京都大学名誉教授の広中平祐やテレビ出演などで有名な数学者で大道芸人のピーター・フランクルが提唱して、1992年(平成4年)に始まった算数の能力を競う大会である。文部科学省が後援する学びんピック公認の大会の一つであり、算数オリンピック委員会(会長:広中平祐、専務理事:ピーター・フランクル)が企画運営している。算数オリンピック フレッシュアイペディアより)

  • アルゴクラブ

    アルゴクラブから見た広中平祐広中平祐

    社員数10名(うち常勤7名・非常勤3名)。その他、役員に、広中平祐(京都大学名誉教授)、ピーター・フランクル(数学者 国際アルゴ数理教育連盟チェアマン)、古川 昭夫(SEG理事長)などが名を連ねる。代表取締役社長:中屋敷 俊明アルゴクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 広中杯

    広中杯から見た広中平祐広中平祐

    広中杯は、日本人として2人目のフィールズ賞受賞者であり、算数オリンピック委員会会長でもある京都大学名誉教授の広中平祐にちなんで2000年(平成12年)に始まった数学の能力を競う大会である。広中杯 フレッシュアイペディアより)

  • グレブナー基底

    グレブナー基底から見た広中平祐広中平祐

    多項式環上のグレブナー基底の理論はオーストリアの大学院生であったによって1965年に発表され、その当時のブッフバーガーの指導教授の名前からグレブナー基底と名付けられた。これと独立して1964年に局所環上での同様の理論が広中平祐によって発見され、標準基底('、あるいは')とも呼ばれる。自由リー代数の枠組みでの同様の理論はA. I. Shirshovによって1962年に発見されたが、ソ連の外には広く知られなかった。グレブナー基底 フレッシュアイペディアより)

  • アイセ・ヨハン・デ・ヨング

    アイセ・ヨハン・デ・ヨングから見た広中平祐広中平祐

    デ・ヨングはAlteration理論を導入し広中の特異点解消定理に簡潔な別証明を与えた。アイセ・ヨハン・デ・ヨング フレッシュアイペディアより)

  • 小針あき宏

    小針あき宏から見た広中平祐広中平祐

    在学中は広中平祐らと共に機関紙『EOUS』の編集に携わる。文筆に才能を現し、『数学セミナー』、『大学への数学』等に投稿を重ねた。小針あき宏 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
36件中 1 - 10件表示