45件中 21 - 30件表示
  • この人○○ショー

    この人○○ショーから見た広中平祐広中平祐

    10月11日「この人広中平祐ショー」この人○○ショー フレッシュアイペディアより)

  • 福島県立会津高等学校

    福島県立会津高等学校から見た広中平祐広中平祐

    「学而祭」と呼ばれる。1948年に提案され、第1回学而祭が翌1949年9月23日から3日間実施され、第1回講演会講師は湯川秀樹であった。現在は、一般の市民も招き3日間にわたって開かれる公開学而祭が3年ごとにある。過去の講師は桑原武夫、広中平祐、秋山仁など。福島県立会津高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 国際数学者会議

    国際数学者会議から見た広中平祐広中平祐

    1897年に国際数学者会議が始まって以来、日本人の全体講演者は、伊原康隆、角谷静夫、柏原正樹、加藤和也、加藤敏夫、佐藤幹夫、中島啓、深谷賢治、三輪哲二、望月拓郎、森重文の11人である。全体講演者ではないが、志村五郎は招待講演者として4度、広中平祐、岩澤健吉、荒木不二洋は招待講演者としてそれぞれ2度、小平邦彦は招待講演者として1度招聘されている。一方、アメリカの大学の研究者で2014年の国際数学者会議に招聘された全体講演者は10人である。プリンストン大学の現・数学科教授28人中26人(約93%)、東京大学大学院数理科学研究科理学部数学科の現・教授28人中9人(約35%)が国際数学者会議の全体講演者または招待講演者であり、国際数学者会議の全体講演または招待講演は一流数学者の証と言える。国際数学者会議 フレッシュアイペディアより)

  • ヨシフ・ベルンシュタイン

    ヨシフ・ベルンシュタインから見た広中平祐広中平祐

    b-函数の複素巾解析接続を広中平祐の特異点解消を用いて示した。さらにp-進体にも応用できる事を示した。ヨシフ・ベルンシュタイン フレッシュアイペディアより)

  • グレブナー基底

    グレブナー基底から見た広中平祐広中平祐

    多項式環上のグレブナー基底の理論はオーストリアの大学院生であったによって1965年に発表され、その当時のブッフベルガーの指導教授の名前からグレブナー基底と名付けられた。これと独立して1964年に局所環上での同様の理論が広中平祐によって発見され、標準基底('、あるいは')とも呼ばれる。自由リー代数の枠組みでの同様の理論はA. I. Shirshovによって1962年に発見されたが、ソ連の外には広く知られなかった。グレブナー基底 フレッシュアイペディアより)

  • オスカー・ザリスキ

    オスカー・ザリスキから見た広中平祐広中平祐

    弟子に、広中平祐、デヴィッド・マンフォード、ロビン・ハーツホーンら著名な数学者がたくさんおり、優れた指導者でもあった。オスカー・ザリスキ フレッシュアイペディアより)

  • 日本学士院賞

    日本学士院賞から見た広中平祐広中平祐

    広中平祐(理学博士) - 「代数的多様体の研究」日本学士院賞 フレッシュアイペディアより)

  • UTAN

    UTANから見た広中平祐広中平祐

    創刊当初は広中平祐が編集顧問(責任監修)を務め(表紙に明記)、教育社(現・ニュートンプレス)から先立って刊行されていた科学雑誌『ニュートン』に似て、写真やイラストを詳細な説明文で説明する、といった内容であった。1985年の国際科学技術博覧会(科学万博つくば’85)開催時には特集号として誌面全体が特集のみで構成されている。また、誌名から、オランウータンの保護活動にも力を注いでおり、シンボルマークにオランウータンが採用されていた時期もあった。UTAN フレッシュアイペディアより)

  • 小黒一正

    小黒一正から見た広中平祐広中平祐

    小黒 一正(おぐろ かずまさ、1974年(昭和49年) - )は、日本の元大蔵官僚・経済学者。専門はマクロ経済学、公共経済学、財政学、社会保障、世代間格差。大蔵省(現財務省)入省後、財務省財務総合政策研究所主任研究官、一橋大学経済研究所准教授等を経て、2015年4月から法政大学経済学部教授。フィールズ賞数学者・広中平祐が設立した「NPO法人数理の翼」講師、世代間格差の改善を目指す「ワカモノ・マニフェスト策定委員会」メンバー。博士(経済学)(一橋大学、2010年)。東京都出身。小黒一正 フレッシュアイペディアより)

  • 京都大学数理解析研究所

    京都大学数理解析研究所から見た広中平祐広中平祐

    日本における数学研究の中心的存在で、著名な数学者が所属している(していた)。例えばフィールズ賞受賞者の広中平祐・森重文、ウルフ賞・ショック賞受賞者の佐藤幹夫、ガウス賞受賞者の伊藤清、ファルカーソン賞(2003年)受賞者の藤重悟・岩田覚(現東大教授、元京都大学数理解析研究所教授)、ポアンカレ賞受賞者の荒木不二洋(国際数理物理学会会長を務める)などである。京都大学数理解析研究所 フレッシュアイペディアより)

45件中 21 - 30件表示