前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示
  • 広中平祐

    広中平祐から見た小澤征爾

    研究員としてパリに滞在していた1959年、語学学校で指揮者の小澤征爾と出会い、親交を結ぶ。1960年、小澤がバークシャー音楽祭(現・タングルウッド音楽祭)に出演するため来米すると、広中が車を運転して空港から送迎したという(小澤はこの時、最高賞のクーセヴィツキー賞を受賞し、アメリカで名声を得るきっかけとなる)。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見たハーバード大学

    1960年、ハーバード大学で博士号取得。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見た京都大学

    京都大学理学部に進学。1957年からはハーバード大学に3年間留学し、特異点解消の研究に打ち込む。在籍中の1959年には半年間、パリの高等科学研究所の客員研究員に。1962年、ブランダイス大学の講師の職を得て各種の多様体上の特異点の解消に関する研究に打ち込む。1962年、自宅で構想中に得たひらめきを元に定理を構築し、1964年に論文を発表。この研究が認められ、1970年にフィールズ賞を受賞した。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見たデヴィッド・マンフォード

    ハーバード大ではオスカー・ザリスキに師事。同門下にデヴィッド・マンフォード(1974年フィールズ賞受賞)がおり、広中は後年「ランチを食べながらお互いに教え合い、刺激しあった」と語っている。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見た森重文

    京都大学の学生時代は秋月康夫の研究室に入り、厳しい指導を受ける。日本人3人目のフィールズ賞受賞者・森重文も秋月研究室出身。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見た岡潔

    多様体特異点の解消問題を、制限条件を付けて学会発表した。その時、岡潔が立ち上がり、問題は一般的に制限なしで解かなければ解けないと言った。その後、広中は制限なしで解き、フィールズ賞の成果となる。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見たクーセヴィツキー

    研究員としてパリに滞在していた1959年、語学学校で指揮者の小澤征爾と出会い、親交を結ぶ。1960年、小澤がバークシャー音楽祭(現・タングルウッド音楽祭)に出演するため来米すると、広中が車を運転して空港から送迎したという(小澤はこの時、最高賞のクーセヴィツキー賞を受賞し、アメリカで名声を得るきっかけとなる)。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見た広中和歌子

    夫人は環境庁長官を務めた広中和歌子。娘の広中えり子も数学者でフロリダ州立大学助教授1。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見た教科書

    数学教育に積極的に取り組んでいることでも知られる。数理科学に強い情熱と優れた資質を持つ若者に学年や地域の壁を越えた交流の機会を提供するために、1980年に第1回数理の翼夏季セミナーを主催。1984年には財団法人数理科学振興会を設立し、代表に就任。1992年からは小学生対象の「算数オリンピック」会長。ほかに東京書籍の算数・数学教科書の監修も担当している。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

  • 広中平祐

    広中平祐から見たパリ

    京都大学理学部に進学。1957年からはハーバード大学に3年間留学し、特異点解消の研究に打ち込む。在籍中の1959年には半年間、パリの高等科学研究所の客員研究員に。1962年、ブランダイス大学の講師の職を得て各種の多様体上の特異点の解消に関する研究に打ち込む。1962年、自宅で構想中に得たひらめきを元に定理を構築し、1964年に論文を発表。この研究が認められ、1970年にフィールズ賞を受賞した。広中平祐 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
41件中 1 - 10件表示