10495件中 51 - 60件表示
  • 帝人

    帝人から見た広島県広島県

    三原事業所(広島県三原市)帝人 フレッシュアイペディアより)

  • 島根県

    島根県から見た広島県広島県

    隣接都道府県: 鳥取県 - 広島県 - 山口県島根県 フレッシュアイペディアより)

  • 備北交通

    備北交通から見た広島県広島県

    備北交通(びほくこうつう)は、広島県北部をエリアとする路線バス・貸切バスの会社で、広電グループの企業(広島電鉄の連結子会社)である。備北交通 フレッシュアイペディアより)

  • フジ (チェーンストア)

    フジ (チェーンストア)から見た広島県広島県

    株式会社フジ()は、愛媛県をはじめとする四国4県および広島県・山口県に店舗を展開するスーパーマーケットチェーンである。愛媛県松山市に本社を置く。東証一部上場(証券コード8278)。フジ (チェーンストア) フレッシュアイペディアより)

  • 達川光男

    達川光男から見た広島県広島県

    野球解説者としては、地元の広島を中心に活動。プロ野球中継・関連番組では、広島弁を交えて解説する。また、天才的な選手に対しては、「モノが違いますね」という表現で称賛することが多い。このようなキャラクターに加えて、関西や東京での活動も経験しているため、全国規模の知名度を得ている。達川光男 フレッシュアイペディアより)

  • 中国地方

    中国地方から見た広島県広島県

    鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県の5県より構成される。なお、行政上の管轄としては気象庁は山口県を除き、海上保安庁は山口県西北部、国土交通省海事事務所は下関市を除く。中国地方 フレッシュアイペディアより)

  • 四国

    四国から見た広島県広島県

    東部の徳島県は政治・経済・文化において近畿地方の影響を受けており、北東部の香川県は文化・経済の両面で岡山県や兵庫県とのつながりが深く、西部の愛媛県は広島県や九州の大分県との交流が見られる。一方で高知県は古くは京都、江戸時代以降は東京からの影響が強く、政治・文化的な中央への意識が高い。四国 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸内運輸

    瀬戸内運輸から見た広島県広島県

    愛媛県東予地方を主たる営業エリアに、路線バス・貸切バスの運行事業などを営んでいる。路線バス部門は、東予地方を中心に、西は松山市、東は四国中央市まで路線網を拡げている。高速バスは東予地区と東京、関西(大阪市・神戸市)、広島(広島市・福山市)、福岡県(福岡市・北九州市)を結ぶ路線を運行する。保有車両台数は瀬戸内運輸本社だけでも188両(路線車115両・貸切車73両)、地域子会社としてバス事業を営む瀬戸内海交通、せとうち周桑バスの2社も加えれば238両(路線車153両・貸切車85両)を数える、県内有数の観光バス事業者でもある。瀬戸内運輸 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスアワー

    プロレスアワーから見た広島県広島県

    全25戦で開催された「'79ダイナマイト・シリーズ」では、1979年9月13日開催の第3戦愛知県体育館大会(9月17日に録画中継、メインは井上&浜口VSケリー・ツインズのIWA世界タッグ王座戦)と翌9月14日開催の第4戦池袋スケートセンター大会(9月24日に録画中継)の2日連続収録を行い、後に初代ブラック・タイガーとなるマーク・ロコが新日本のブッキングで9月16日の福岡県中間市大会(テレビ未収録)から参戦し、9月22日開催の第10戦広島県上下町大会(テレビ未収録)から10月6日開催のシリーズ最終戦静岡県沼津市体育館大会(10月22日・10月29日に録画中継)まで休養日を設定せずに16連戦を行い、テーズとボックウィンクルが10月1日の福島県双葉町大会(テレビ未収録)から特別参戦したが、本シリーズ以降は状況がますます悪化。1979年10月からは、打開策として番組改編期に放送内容をタイトルマッチのみとした特番や放送時間を30分拡大した90分スペシャルを生中継で放送することとなり、初回放送として、1979年10月5日に後楽園ホールで行われた3大タイトルマッチ(ネルソン・ロイヤルVS原のNWA世界ジュニアヘビー級王座戦、井上&浜口VS大木&上田のIWA世界タッグ王座戦、木村VSボックウィンクルのAWA・IWA両世界ヘビー級王座戦)を、裏番組である『ワールドプロレスリング』(1979年10月2日の大阪府立体育館大会における、アントニオ猪木VSタイガー・ジェット・シンと藤波VS剛のWWFジュニアヘビー級王座戦の録画中継)にぶつける形で実況生中継した(10月1日は代替で休止)。これは、同一日・同一時刻に2つのプロレス中継番組が放送されるという異例のケースとなった。なお、本シリーズに参戦していたジョー・ルダックは、3大タイトルマッチ当日は大木の代役で全日本プロレス横浜文化体育館大会に参戦している。レギュラー枠においても、ボックウィンクルの試合を、10月3日開催の青森県黒石市スポーツセンター大会から沼津大会まで4日連続で生中継や番組収録を行い、10月5日(前述の実況生中継)から10月22日(後述のルー・テーズ特集)まで4週連続で放送した他、1979年10月8日には木村のIWA世界ヘビー級選手権防衛戦2本立て(9月29日に横浜文化体育館大会で行われた上田戦と黒石大会で行われたルダック戦)を、同年10月22日にはルー・テーズ特集をそれぞれ放送した。プロレスアワー フレッシュアイペディアより)

  • 君のいる町

    君のいる町から見た広島県広島県

    『CROSS OVER』『涼風』に続く瀬尾の『週刊少年マガジン』連載作品第3作。瀬尾の故郷でもある広島県の庄原市が物語の舞台となっているため、登場人物の多くは地元の方言で会話している。前作が「主人公の少年が東京の高校へ進学するために広島から上京する」設定であったのに対し、本作は「ヒロインの少女が広島の高校へ入学するために東京からやってくる」という逆の設定になっている。また、各所に前作の登場人物が登場している。君のいる町 フレッシュアイペディアより)

10495件中 51 - 60件表示

「広島のできごと」のニューストピックワード