前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
668件中 1 - 10件表示
  • 松重美人

    松重美人から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年8月6日の広島原爆投下当日の市街地の様子を撮影した人物である。松重美人 フレッシュアイペディアより)

  • 江波 (広島市)

    江波 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年8月6日の原爆被災に際し、広島測候所では職員中に死傷者が出たり、観測機器が破損したり爆風で窓枠が曲がったなどの被害があった。また多くの負傷者が殺到し、その数は一万人を突破したといわれている。江波 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 世界平和記念聖堂

    世界平和記念聖堂から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    その教会が1945年(昭和20年)8月6日の原子爆弾投下によって倒壊し焼失してしまうと、その時直接被爆したドイツ人主任司祭フーゴ・ラッサール(昭和23年10月25日、日本に帰化し愛宮真備〈えのみや まきび〉と改名)は、この地に原爆犠牲者を弔うだけでなく、全世界の友情と世界平和を祈念するための聖堂をあらたに建設することを思い立った。このラッサール神父の発願は当時のローマ教皇ピオ12世の支持を得たあと、カトリック信者をはじめとする真に恒久平和を願う人々の共感をも呼び起こし、それが世界各地から届けられる多大な浄財や寄贈品の形となって、世界平和記念聖堂は建設された。世界平和記念聖堂 フレッシュアイペディアより)

  • 粟屋仙吉

    粟屋仙吉から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    粟屋 仙吉(あわや せんきち、1893年(明治26年)11月7日 - 1945年(昭和20年)8月6日)は、日本の内務官僚、政治家。ゴーストップ事件時の大阪府警察部長、広島市への原子爆弾投下時の広島市長として知られる。粟屋仙吉 フレッシュアイペディアより)

  • アトミック・カフェ

    アトミック・カフェから見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    使われている素材は、人類史上最初の核実験、広島・長崎への原爆投下、ビキニ核実験などの実際の映像のほか、アメリカ政府制作の反共プロパガンダ映画、ニュース映画、大統領の演説音声、ラジオ放送、民間防衛のための広報フィルムなど多岐にわたる。素材はいずれも編集されているが、全て実際に撮影・製作・放送されたものである。アトミック・カフェ フレッシュアイペディアより)

  • 角梨枝子

    角梨枝子から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    広島県広島市翠町(現・南区)出身。父親は広島文理科大学数学教授だった。広島第一高女(現・広島皆実高校)を経て1945年、神戸女学院音楽部に進学したが同年8月帰郷したおり被爆したため中退。1947年大阪音楽大学進学。翌1948年、初代・ミス広島に選ばれ東宝からスカウトされて映画界入り。豊田四郎監督の『エデンの海』の主役に抜擢されるが東宝争議により製作中止された。角梨枝子 フレッシュアイペディアより)

  • 広島刑務所

    広島刑務所から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月 原爆投下により多数の職員、受刑者が被爆、死亡した。広島刑務所 フレッシュアイペディアより)

  • 南段原駅

    南段原駅から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    南段原駅は第二次世界大戦中の燃料事情から一部の駅が営業を休止するなか存続し、1945年8月6日、原爆投下により市中心部が壊滅すると、比較的被害の小さかった南段原駅から宇品駅までの区間でピストン運行をおこない、負傷した多くの被爆者を、軍による救援活動の中心であった宇品地区まで輸送する役割を果たした。しかし敗戦直後の1945年9月、枕崎台風による水害で猿猴川の大須口橋梁が流失すると、その掛け替えにより宇品線のルートがやや東に移動したため、南段原駅構内の線路も若干東寄りに移設された。南段原駅 フレッシュアイペディアより)

  • 大須口駅

    大須口駅から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年8月6日の原爆被災で爆心地から約2.5kmの距離に位置していた当駅は駅本屋の全焼など大きな被害を受けた。また翌月9月の枕崎台風により駅南側の大須口鉄橋の橋脚の一部が流失したことで一部軌道が若干東に移設されたことにともない、駅・ホームも移設された。大須口駅 フレッシュアイペディアより)

  • 宇品線

    宇品線から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    以後、宇品港から日清戦争・日露戦争・太平洋戦争に出征・復員する兵士や物資の輸送を担った。1897年(明治30年)には山陽鉄道が陸軍省から借入れて一般旅客営業を開始し、1906年(明治39年)には鉄道国有法(同年施行)に基づき国有化されたが、1919年(大正8年)に旅客営業はいったん廃止され貨物専用線化された。旅客営業が復活したのは昭和初期であり、その運行は芸備鉄道(現在の芸備線の前身)に1930年(昭和5年)から1937年(昭和12年)まで委託されたが、1937年の芸備鉄道国有化(買収)により再び国鉄に移管された。戦争期間中の一般旅客の利用は軍の規程により、基本的に認められていなかった。1945年(昭和20年)8月6日の原爆投下に際しては、比較的被害が少なかった南段原駅 - 宇品駅間で被爆者の輸送が行われた。宇品線 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
668件中 1 - 10件表示

「広島原爆」のニューストピックワード