668件中 91 - 100件表示
  • クロード・イーザリー

    クロード・イーザリーから見た広島原爆投下広島市への原子爆弾投下

    第509混成部隊に所属。太平洋戦争末期の広島原爆投下作戦および長崎原爆投下作戦において、気象観測機(ストレートフラッシュ)のパイロットを勤めた。直前の7月20日には、パンプキン爆弾を皇居に投下(実際は呉服橋に着弾)した。クロード・イーザリー フレッシュアイペディアより)

  • 桑原住雄

    桑原住雄から見た広島市への原爆投下広島市への原子爆弾投下

    広島県広島市生まれ。幼少時、両親とともに台湾に渡り旧制台北高校から東京帝国大学に進む。三重海軍航空隊を経て広島で原爆投下により被爆。戦後復学して美術史を専攻。同大学院卒業ののち東京新聞社勤務を経て朝日新聞社企画部に入社。1977年筑波大学教授に転じ、その後武蔵野美術大学教授に就任。世田谷美術館開設準備委員など数多くの美術館運営にも参画した。桑原住雄 フレッシュアイペディアより)

  • 本願寺広島別院

    本願寺広島別院から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    太平洋戦争末期の昭和20年(1945年)8月6日、原子爆弾が広島市に投下され、爆心地からわずか1km足らずの広島別院は廃墟と化すも、戦後の昭和39年(1964年)10月に本堂が再建され、平成6年(1994年)には本堂を中心に大規模な修復工事が行われた。本願寺広島別院 フレッシュアイペディアより)

  • 上廣哲彦

    上廣哲彦から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    広島県山県郡豊平町(現:北広島町)生まれ、広島市育ち。戦前は鉄工所や日本貯蓄銀行(現在のりそな銀行)などに勤務。1945年、三菱重工業広島祇園工場(現在のイオンモール広島祇園)訓育課勤務時の同年8月6日、爆心地から1.6キロの国鉄横川駅構内で被爆上廣哲彦 フレッシュアイペディアより)

  • 李清

    李清から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年8月6日、広島に置かれた第二総軍の教育参謀中佐であった父・が原子爆弾に被爆し、薨去した。間もなく終戦により王公族の身分を失い(身位喪失)、母・弟と共に韓国・ソウルにある雲峴宮へ移り住んだ。李清 フレッシュアイペディアより)

  • 桜隊

    桜隊から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    前身は、薄田研二、徳川夢声、丸山定夫、藤原釜足により結成された苦楽座。旗揚げ公演以降、各地での巡回公演に取り組む。苦楽座解散後、桜隊として、日本移動演劇連盟に組み込まれ、地方への慰問巡演活動をはじめる。劇団の地方疎開に際して、広島に15人が疎開。中国地方の慰問公演を受け持つ。原爆投下により、広島市内の宿舎兼事務所にいた丸山定夫ら9人は8月下旬までに全員死亡した。応召、出産など様々な理由で広島への疎開に不参加または広島を離れていたメンバーが難を逃れた。桜隊 フレッシュアイペディアより)

  • ジェレマイア・ライト

    ジェレマイア・ライトから見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    『・・・我々は広島を爆撃した。我々は長崎を爆撃した。そして我々は核爆弾を落とし、このたびニューヨークとペンタゴンで殺された数千人よりもはるかに沢山の人々を殺害した。我々はこのことから目を背け続けている』ジェレマイア・ライト フレッシュアイペディアより)

  • セオドア・ブリュースター・テイラー

    セオドア・ブリュースター・テイラーから見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    海軍で軍務に就いていた時に広島に原爆が投下されたのをきっかけに、核兵器に獲り付かれたという。熱心なキリスト教徒の母親が彼に核兵器の仕事だけはしないように言ったにもかかわらず、彼は妻と子供を連れてロスアラモス国立研究所へ向かい、核兵器開発の仕事に就いた。セオドア・ブリュースター・テイラー フレッシュアイペディアより)

  • 菱川文博

    菱川文博から見た広島原爆広島市への原子爆弾投下

    兵庫県明石市出身。旧制明石中学時代は、吹奏楽部で大太鼓を担当した。県の選抜演奏チームにも選ばれ、中学校野球大会(今の高校野球)の入場行進は、5年間出場した。軍国主義に反対し、陸軍士官学校で放校処分を受ける。1945年8月6日、駐屯先に行く途中の列車の中で、広島で投下された原子爆弾により被爆。さらに3日後の8月9日、駐屯地の長崎でも原爆が投下され、再び被爆する。特に長崎では爆心地から約2.5kmの所に居て、何mか跳ね飛ばされた。このため被爆手帳は長崎での被爆で取得した。翌日から所属する中隊は長崎市内で救助活動を行ったが、中隊長に駐屯地の留守役を小隊長と2名で行うよう命じられる。駐屯地が郊外にあったため、浴びた放射能の量が少なかった。他の隊員の多くは被爆の後遺症で短命の者が多かったという。菱川文博 フレッシュアイペディアより)

  • 沢藤礼次郎

    沢藤礼次郎から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    岩手県和賀郡黒沢尻町(現・北上市)出身。父親は同町の町長だった。黒沢尻中学校を経て海軍兵学校に進んだ。在学中に広島市への原子爆弾投下による犠牲者を見て反戦の意識が強まったという。1951年に母校の黒沢尻高校で定時制教諭になり、その後花巻農業高校の教諭などを務めた。また、沢令二のペンネームで執筆活動を行なっている。1961年に岩手県高教組の書記長、1968年同委員長に就任。沢藤礼次郎 フレッシュアイペディアより)

668件中 91 - 100件表示

「広島原爆」のニューストピックワード