1014件中 91 - 100件表示
  • 1945年

    1945年から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    8月6日 - 午前8時15分米軍が広島市へ原子爆弾投下1945年 フレッシュアイペディアより)

  • 長沼健

    長沼健から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年15歳の夏、原爆投下の日には広島市内中心部にあった学校での防空当番が前夜にあり、当日7時までいて、その後8キロ西北の疎開先、現在広島ビッグアーチがある付近・沼田(現・安佐南区沼田)まで自転車で帰る途中、家に着く直前被爆した。ちょうど山蔭に入ってところで一命をとりとめた。30分帰りが遅かったら直下だった。1週間後、帰ってこない村人の捜索のため市内に入り地獄絵を見る。「あんなにたくさんの死体をいっぺんに見た人は世界にもそんなにいないと思いますよ。それも誰が誰だか分からないんだから」と話していた。多くの知人・級友を亡くし、自らも亡くなるまで白血球過多で苦しんでいた。その為、被爆者手帳を持っていた。後年、海外遠征すると「お前のネイティブタウンはどこだ」と聞かれ「広島です」と答えると、みんな原爆のことは知っていて、「お前は何で生きてるんだ」と驚かれた。外国では広島市民は全員死んだという認識であったという。長沼健 フレッシュアイペディアより)

  • 桜隊

    桜隊から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    前身は、薄田研二、徳川夢声、丸山定夫、藤原釜足により結成された苦楽座。旗揚げ公演以降、各地での巡回公演に取り組む。苦楽座解散後、桜隊として、日本移動演劇連盟に組み込まれ、地方への慰問巡演活動をはじめる。劇団の地方疎開に際して、広島に15人が疎開。中国地方の慰問公演を受け持つ。原爆投下により、広島市内の宿舎兼事務所にいた丸山定夫ら9人は8月下旬までに全員死亡した。応召、出産など様々な理由で広島への疎開に不参加または広島を離れていたメンバーが難を逃れた。桜隊 フレッシュアイペディアより)

  • B-29 (航空機)

    B-29 (航空機)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    同年8月、広島市・長崎市に、原子爆弾(新型爆弾)を投下、広島・長崎あわせ30万人以上の市民を殺戮した。広島に原子爆弾を投下したB-29はエノラ・ゲイ、長崎に原子爆弾を投下した機はボックスカーと呼ばれる。広島にはウラン型「リトルボーイ」、長崎にはプルトニウム型「ファットマン」が投下された(詳細は広島市への原子爆弾投下、長崎市への原子爆弾投下参照)。B-29 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 枕崎台風

    枕崎台風から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    室戸台風、伊勢湾台風と並んで昭和の三大台風のひとつに数えられる。被害者の内訳は死者2,473人、行方不明者1,283人、負傷者2,452人。終戦直後のことであり、気象情報が少なく防災体制も不十分であったため、各地で大きな被害が発生した。特に広島県では死者・行方不明者合わせて2,000人を超えるなど被害は甚大であり、原爆の惨禍に追い打ちをかけた。また、柳田邦男のノンフィクション小説『空白の天気図』の題材にもなった。枕崎台風 フレッシュアイペディアより)

  • JTサンダーズ

    JTサンダーズから見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    現在のJTサンダーズである『広島地方専売局男子排球部』は、女子排球部の練習相手をしていた男子選手たちが中心となり9人制バレー部として発足したと言われている。創部年は、後に起こる広島市への原子爆弾投下により記録資料が消滅したため不明であり、現在JTが公開している資料では“1931年ごろ”創部としている。現在記録が残る初の対外試合は1935年(昭和10年)中国一般排球大会に出場したものであるため、少なくとも1935年には創部されていたことになる。JTサンダーズ フレッシュアイペディアより)

  • 広島市役所

    広島市役所から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下という歴史を持ち、原爆や平和への取り組みに特徴がある。旧庁舎の一部を保存し資料展示室として使用されており、これは現存する被爆建物の一つ。敷地内には被爆樹木であるソメイヨシノが2本ある。広島市役所 フレッシュアイペディアより)

  • 京橋 (広島市)

    京橋 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    最初の架橋年度は1591年。広島城開城のころである。元々は西国街道筋の橋であり、その後国道筋の橋であったが、現在は市道の橋である。昭和初期になり永久橋化され、広島市への原子爆弾投下の際にも落橋を免れ現存している。京橋 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • オリンピック聖火

    オリンピック聖火から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    他にも有名ではない人物が聖火台に点火したこともあるが、それはオリンピックの理想を象徴している。東京オリンピックで聖火ランナーを務めた坂井義則は広島に原爆が投下された1945年8月6日、広島県(三次市)で生まれ、坂井は第二次世界大戦後の日本の復興を象徴した。1976年のモントリオールオリンピックでは二人のティーンエイジャー(一人はフランス語を話す地域の出身者、もう一人は英語を話す地域の出身者)はカナダの調和を象徴した。2012年のロンドンオリンピックでは、過去のイギリスの名選手から「次代を担う若者」として指名された10代の選手7人はイギリスの未来を象徴した。オリンピック聖火 フレッシュアイペディアより)

  • 三滝本町

    三滝本町から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    三滝山の東、太田川放水路の西岸に位置する。都心に近いにもかかわらず豊かな自然が残り、春は桜、秋は紅葉の名所として、南区の比治山と並ぶ「市民の憩いの場」である。南東から北西方向に狭い谷が走り、谷の両側は衝立のような急斜面に挟まれている。この地形のおかげで、昭和20年の原爆投下時にも熱線・爆風の直撃を免れた。三滝本町 フレッシュアイペディアより)

1014件中 91 - 100件表示

「広島原爆」のニューストピックワード