1014件中 11 - 20件表示
  • 正田篠枝

    正田篠枝から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    正田 篠枝(しょうだ しのえ、1910年12月22日 - 1965年6月15日)は、日本の歌人、平和運動家。本名は正田シノエ。広島県安芸郡江田島村字秋月(後の江田島市)出身。広島市への原子爆弾投下による被爆者の1人。被爆経験を詠んだ多数の短歌により「原爆歌人」として知られており、中でも原爆批判に対する厳しい統制下で出版された歌集『さんげ』が、原爆文献中でも随一の稀覯本として知られている。弟に経済学者の正田誠一、又従兄弟に作家の小久保均がいる。正田篠枝 フレッシュアイペディアより)

  • 白井戦太郎

    白井戦太郎から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    白井 戰太郎(しらい せんたろう、1906年前後 - 1945年8月6日)は、日本の映画監督、脚本家である。市川右太衛門プロダクションでデビュー、亜細亜映画旭ヶ丘撮影所を興した後、大都映画で活躍したが第二次世界大戦末期に徴用され、広島市への原子爆弾投下により被爆死した。近衛十四郎を主役に抜擢した人物として知られる。新漢字表記白井 戦太郎(読み同)、本名煙崎 浅男(たばさき あさお)。白井戦太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中村省三

    中村省三から見た広島市への原爆投下広島市への原子爆弾投下

    中村 省三(なかむら せいぞう/なかむら しょうぞう、生年不明 - 1945年(昭和20年)8月11日)は、日本の海軍軍人。太平洋戦争を潜水艦長として戦い、商船攻撃や物資輸送に功績を挙げた。その死は終戦を目前とした戦病死であるが、原因は広島市への原爆投下による被爆であった。最終階級は海軍大佐。中村省三 フレッシュアイペディアより)

  • 億万長者 (映画)

    億万長者 (映画)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    青年俳優クラブの自主作品。官僚汚職、政治腐敗、原水爆問題などをからっとした切り口で描いたブラックユーモア劇。主演の木村功は、実際に広島市への原子爆弾投下で家族を失っている。億万長者 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 横川橋 (広島市)

    横川橋 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    江戸時代に整備された出雲石見街道(可部街道)に架かる橋で、大正時代にアーチ橋に架け替えられた。その様子から地元では「太鼓橋」とも呼ばれていた。広島市への原子爆弾投下の際にも倒壊を免れており、荒廃した市内でひときわ目立つ存在だった。井伏鱒二「黒い雨」の登場人物・閑間重松が被爆後さまよったときに渡った橋の1つである。横川橋 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 皆実町 (広島市)

    皆実町 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    皆実新開は明治維新後の廃藩置県を経て「皆実村」となり、広島市制の施行(1889年)に伴い「(大字)皆実」、ついで大正期の1916年になって「皆実町」に改称された。この間、この地域は大きな変貌を遂げることになった。皆実新開の造成以来、この地区は広島湾に南面していたが、1884年に至って南に宇品港(現・広島港)の築港および宇品新開(現・南区宇品)の造成が行われることになり、広島市街と築港・新開地を結ぶ宇品新道が村内を縦断する形で建設されたのである。完成後の宇品港が日清戦争開始により軍港として整備されると、比治山の南側には多くの陸軍施設が立地されるようになり、村内(現・皆実町1丁目)にも電信第二連隊が駐屯した。さらに1910年には広島ガスの本社および工場、1922年には専売局の煙草製造工場がそれぞれ現在の皆実町1丁目・2丁目に移転・立地し、特に前者の施設であるガスタンクは現在に至るまでこの地区のランドマーク的存在となっている。産業面の変化においては、明治初期の村の主要な産物は棉花であったが、明治20年代の外綿輸入により衰退に向かい、代わって明治中期から大正初期までレンコン栽培が拡大し。蓮田はこの地区の代表的景観となった。1933年(昭和8年)になってこの地区では町名の変更が実施され、町域の東部分が出汐町および旭町、南部が翠町として分立した。第二次世界大戦が開始されると、軍事輸送強化のため宇品通りに沿って広島電鉄皆実線が敷設されたが、1945年8月6日の原爆投下は、爆心地から約1.7〜2.5kmにあったこの町にも大きな被害を及ぼし、特に2km圏内に入っていた京橋川沿いの地域は全壊全焼ないし全壊地域となり、その他の地域も半壊地域となった。被爆時の熱線により広島ガス工場のガスタンクに付着した階段やバルブホイールの陰影は戦後、原爆十景の一つに選ばれている(現存しない)。皆実町 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 縮景園

    縮景園から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    元和6年(1620年)、広島藩浅野氏初代藩主である浅野長晟が命じて作らせた藩主の別邸(大名庭園)が起源であり、歴代浅野氏から寵愛を受け現在まで拡幅し、1940年(昭和15年)浅野氏が広島県に寄贈し現在に至る。最初の作庭は上田宗箇によるものだが、現在の庭園の原型は京都庭師の清水七郎右衛門による後の大改修によって形成されたもので、1900年代初期明治末期頃に現在のものとなったものの、1945年広島市への原子爆弾投下により荒廃、1970年代までに再建された。なお、清水は当時の著名な庭師の一人であり、縮景園の他にも吉水園と滄浪園を広島藩内に造園している。縮景園 フレッシュアイペディアより)

  • 核爆発の効果

    核爆発の効果から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    核爆発に伴う火球からは紫外線、可視光線、赤外線領域においても多量の電磁波放射を伴う。多量の赤外線は、核出力に連動する光線の持続時間や光線量などにも影響されるが、木や紙等の可燃物を燃焼させるには十分な威力を有する。なお、天候の影響を受けやすく、多湿な環境であれば熱放射は阻害される。広島市への原子爆弾投下においても木造建築物の火災発生が見られた。核爆発の効果 フレッシュアイペディアより)

  • 広島西郵便局

    広島西郵便局から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    広島西郵便局の前身は、現在の中区大手町(当時の住所表示は細工町)に所在していた広島郵便局で、広島市で最初に設置された郵便局である。当時の局舎は、1893年(明治26年)竣工のモルタル塗り地上3階・地下1階、一部レンガ造りで正面に時計塔をもつモダンな建物で、近隣(当時の猿楽町)の県産業奨励館と並ぶ町のランドマークとして原爆被災による壊滅まで市民に親しまれていた。また、局の南側を走る東西通りは本通から元安橋を経て対岸の中島本通に至る、旧西国街道以来のメインストリートであり、近隣には多数の金融機関が店舗を置いていた。広島西郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 広島高等工業学校

    広島高等工業学校から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    第二次世界大戦中の専門学校令改正に伴い、広島高工は広島工業専門学校と改称され、学科も第一部は機械科・電気科・化学工業科・醗酵工学科の4学科、第二部は機械科・化学工業科・電気科の3学科に再編された。敗戦間近の1945年4月には造船科が新設されたが、この時期になると生徒の大半は各地の軍需工場に勤労動員されるようになり、学校としてはほとんど機能を停止するに至った。同年8月6日の原爆投下により、市内中心部に位置していた広島工専は施設・教職員・生徒倶に大きな被害を受け、その後敗戦を経てしばらくの間郊外への疎開をよぎなくされた。本校復興後援会(1946年結成)の活動により広島工専が原校地への復帰を果たしたのは1947年1月である。広島高等工業学校 フレッシュアイペディアより)

1014件中 11 - 20件表示

「広島原爆」のニューストピックワード