668件中 11 - 20件表示
  • 広島市役所

    広島市役所から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下という歴史を持ち、原爆や平和への取り組みに特徴がある。旧庁舎の一部を保存し資料展示室として使用されており、これは現存する被爆建物の一つ。敷地内には被爆樹木であるソメイヨシノが2本ある。広島市役所 フレッシュアイペディアより)

  • 広島高等師範学校

    広島高等師範学校から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月6日 - 原爆により木造校舎が全壊。広島高等師範学校 フレッシュアイペディアより)

  • 翠 (広島市)

    翠 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年8月6日の原爆投下に際しては爆心地から2.5〜3.5kmの位置にあったこの地区は半壊地域とされ2/3の家屋が半壊する被害を出したが、戦後には自宅を失った他地区の被災者がこれらの家屋に流入し、宅地が電車通りである宇品通りに沿った地域から急速に東に拡大し、地区の大半を占めていた蓮田を次第に浸食していった。また戦前における旧制広高の設置は後年翠地区が文教地区として発展していく始まりとなったが、戦後、旧制広高が京橋川対岸の広島大学に包括され同大学の教養部として改編されると、この地には広大に通勤・通学する教授・学生のための下宿屋・飲食店が軒を連ねるようになり、学生街として賑わった。これらの結果、昭和30年代から40年代にかけて地区の人口は急増して児童も増加し、1967年には皆実小学校から校区を分離して翠町小学校が開校された。翠 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 核爆発の効果

    核爆発の効果から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    核爆発に伴う火球からは紫外線、可視光線、赤外線領域においても多量の電磁波放射を伴う。多量の赤外線は、核出力に連動する光線の持続時間や光線量などにも影響されるが、木や紙等の可燃物を燃焼させるには十分な威力を有する。なお、天候の影響を受けやすく、多湿な環境であれば熱放射は阻害される。広島市への原子爆弾投下においても木造建築物の火災発生が見られた。核爆発の効果 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉豊文

    小倉豊文から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    広島文理科大在任中の原爆投下で被爆死した妻への私信の形をとる被爆体験記『絶後の記録』を著したことで知られる。専攻の日本史では広島県・中国地方の地域史を研究し、広島県文化財協会会長、芸備地方史研究会長をつとめた。また日本文学では宮澤賢治研究で多くの著作を残した。小倉豊文 フレッシュアイペディアより)

  • 白井戦太郎

    白井戦太郎から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    白井 戰太郎(しらい せんたろう、1906年前後 - 1945年8月6日)は、日本の映画監督、脚本家である。市川右太衛門プロダクションでデビュー、亜細亜映画旭ヶ丘撮影所を興した後、大都映画で活躍したが、第二次世界大戦末期に徴用され、広島市への原子爆弾投下により被爆死した。近衛十四郎を主役に抜擢した人物として知られる。新漢字表記白井 戦太郎(読み同)、本名煙崎 浅男(たばさき あさお)。白井戦太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大手町 (広島市)

    大手町 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    町の北端に世界遺産・原爆ドームがある。原爆の爆心地である島病院(現・島外科医院)も大手町町内である。大手町 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 畑俊六

    畑俊六から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    昭和20年(1945年)4月に、本土決戦に備えて第2総軍(西日本防衛担当、司令部広島市)が設立されると、その司令官となる。同年8月6日の広島市への原子爆弾投下により、国鉄広島駅付近で被爆するも奇跡的に難を逃れた。被爆直後から畑は広島市内で罹災者援護の陣頭指揮を執り、広島警備命令を発令した。その職にて終戦を迎える。畑俊六 フレッシュアイペディアより)

  • 喜味こいし

    喜味こいしから見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    元々芝居の子役で舞台出演していたが1940年に漫才師の名門とされる荒川芳丸一門に巡業先の岐阜で実兄の夢路いとし(本名:篠原博信 入門時の芸名:荒川芳博)とともに入門し吉本興業から「荒川芳坊」という芸名でデビュー(「喜味こいし」に改名する前に一時父親の姓“山田”を使って「山田勲」と名乗っていた。兄いとしは「山田博」)。それからは全国各地にあった吉本が運営する寄席(ミナミの南陽館など)で稽古を積む。その後兄のいとしが山口県の軍需工場に徴用されたためコンビは一時解散となり、こいしは志願兵として広島で新兵教育を受けていた1945年8月6日(上記の発言が正確ならば満18歳の誕生日となる)、陸軍兵舎にて原爆に被爆した。崩壊した建物の下敷きとなったが7時間後に救出され大した外傷もなく陸軍病院で終戦を迎えた。喜味こいし フレッシュアイペディアより)

  • 枕崎台風

    枕崎台風から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    室戸台風、伊勢湾台風と並んで昭和の三大台風のひとつに数えられる。被害者の内訳は死者2,473人、行方不明者1,283人、負傷者2,452人。終戦直後のことであり、気象情報が少なく防災体制も不十分であったため、各地で大きな被害が発生した。特に広島県では死者・行方不明者合わせて2,000人を超えるなど被害は甚大であり、原爆の惨禍に追い打ちをかけた。また、柳田邦男のノンフィクション小説『空白の天気図』の題材にもなった。枕崎台風 フレッシュアイペディアより)

668件中 11 - 20件表示

「広島原爆」のニューストピックワード