668件中 51 - 60件表示
  • 浅野忠信

    浅野忠信から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    元・芸者であったイチ子は、ウィラードより15歳年上の38歳で、戦後、満州国大連市から帰国したが、故郷・広島が原爆で壊滅したため、仕事を求めて上京していたという。浅野忠信 フレッシュアイペディアより)

  • 広島城

    広島城から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    近代は軍都広島の中心施設であった。日清戦争時に、本丸に大本営が置かれたという稀有な歴史を持っている。アメリカ軍による広島市への原子爆弾投下の際には破壊目標地点となった。また天守は原爆による爆風で吹き飛ばされたのではなく、建物の自重により自壊したことが近年の研究で判明している。広島城 フレッシュアイペディアより)

  • 長沼健

    長沼健から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年15歳の夏、原爆投下の日には広島市内中心部にあった学校での防空当番が前夜にあり当日6時までいて、その後8キロ西北の疎開先、現在広島ビッグアーチがある付近・沼田(現・安佐南区沼田)まで自転車で帰る途中、家に着く直前被爆した。30分帰りが遅かったら直下だった。1週間後市内に入り地獄絵を見る。多くの知人・級友を亡くし、自らも亡くなるまで白血球過多で苦しんでいた。その為、被爆者手帳を持っていた。長沼健 フレッシュアイペディアより)

  • 第二次世界大戦

    第二次世界大戦から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    ドイツも1940年にノルウェー、ベネルクス、フランス等を次々と攻略し、ダンケルクの戦いで連合国をヨーロッパ大陸から追い出したほか、イタリアおよび日本と日独伊三国軍事同盟を結成した。1941年にはドイツ軍はソビエト連邦に侵攻。1941年12月8日(日本時間)には日本がマレー作戦と真珠湾攻撃を行ってアメリカ・イギリスに宣戦布告し、これを受けてオランダは日本に宣戦布告した。日本は連戦連勝を続け、1942年にセイロン沖海戦やアメリカ本土空襲、オーストラリア空襲を行うなどその勢力を拡大した。しかし1943年にはドイツがスターリングラード攻防戦、北アフリカ戦線で敗北し、同年枢軸国は北アフリカを放棄しイタリアが降伏する。アジア太平洋戦線では1942年6月5日ミッドウェー海戦で敗北した後も日本が優勢を保ったものの、補給線が国力を超えて伸びきった事などから1943年後半には連合国が優勢になった。1944年には連合国がノルマンディー上陸作戦を成功させるほか、マリアナ沖海戦やインパール作戦に勝利するなど勢いが更に増し、枢軸国は次々と降伏。1945年にドイツ軍は総崩れとなり、追い込まれたヒトラーは4月30日に自殺。5月9日にドイツ国防軍は降伏して欧州における戦争は終結した。また日本も同年8月6日に広島市への原子爆弾投下、8日のソ連軍の参戦、さらに9日の長崎市への原子爆弾投下を受けて降伏を選択。8月14日にポツダム宣言を受諾し、9月2日に降伏文書に調印した。第二次世界大戦 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島市への原爆投下広島市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月6日 - 広島市への原爆投下。市内線全線不通になる。本社を楽々園に移動。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    本社は広島県広島市中区東千田町2丁目9番29号。開業時及び広島電鉄設立より当地に本社が置かれているが、1945年(昭和20年)の広島市への原子爆弾投下から翌年の8月30日まで楽々園に本社が置かれていたことがある。また広島瓦斯電軌時代は、現在の広島市中区大手町に本社を置いていた時期もある。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 皆実町 (広島市)

    皆実町 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    皆実新開は明治維新後の廃藩置県を経て「皆実村」となり、広島市制の施行(1989年)に伴い「(大字)皆実」、ついで大正期の1916年になって「皆実町」に改称された。この間、この地域は大きな変貌を遂げることになった。皆実新開の造成以来、この地区は広島湾に南面していたが、1884年に至って南に宇品港(現・広島港)の築港および宇品新開(現・南区宇品)の造成が行われることになり、広島市街と築港・新開地を結ぶ宇品新道が村内を縦断する形で建設されたのである。完成後の宇品港が日清戦争開始により軍港として整備されると、比治山の南側には多くの陸軍施設が立地されるようになり、村内(現・皆実町1丁目)にも電信第二連隊が駐屯した。さらに1910年には広島ガスの本社および工場、1922年には専売局の煙草製造工場がそれぞれ現在の皆実町1丁目・2丁目に移転・立地し、特に前者の施設であるガスタンクは現在に至るまでこの地区のランドマーク的存在となっている。産業面の変化においては、明治初期の村の主要な産物は棉花であったが、明治20年代の外綿輸入により衰退に向かい、代わって明治中期から大正初期までレンコン栽培が拡大し。蓮田はこの地区の代表的景観となった。1933年(昭和8年)になってこの地区では町名の変更が実施され、町域の東部分が出汐町および旭町、南部が翠町として分立した。第二次世界大戦が開始されると、軍事輸送強化のため宇品通りに沿って広島電鉄皆実線が敷設されたが、1945年8月6日の原爆投下は、爆心地から約1.7〜2.5kmにあったこの町にも大きな被害を及ぼし、特に2km圏内に入っていた京橋川沿いの地域は全壊全焼ないし全壊地域となり、その他の地域も半壊地域となった。被爆時の熱線により広島ガス工場のガスタンクに付着した階段やバルブホイールの陰影は戦後、原爆十景の一つに選ばれている(現存しない)。皆実町 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    リーグ拡張方針を受け、原爆による壊滅的被害からの復興を目指しプロ球団「広島野球倶楽部」を設立。同年9月28日に日本野球連盟に加盟を申請。広島市を流れる太田川は鯉の産地、しかも原爆で焼け落ちた広島城は“鯉城”とも呼ばれていたため、球団名を「広島カープ(Hiroshima Carp)」とした。12月3日、初代監督に石本秀一が就任、選手兼任助監督に白石勝巳。本拠地は広島総合球場とした。核たる親会社がないため球団組織に関するバックアップが十分ではなく、監督である石本秀一自らが選手集めに奔走。投手に長谷川良平、内藤幸三、野手では白石勝巳、岩本章らが中心となった。12月15日、セントラル・リーグに加盟。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 夕凪の街 桜の国

    夕凪の街 桜の国から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    『夕凪の街 桜の国』(ゆうなぎのまち さくらのくに)はこうの史代による日本の漫画。原爆投下後の広島市を描いた作品で、双葉社より発刊された。全98頁。夕凪の街 桜の国 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県

    広島県から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月6日: 午前8時15分(午前8時14分30秒)、広島市へアメリカにより原子爆弾投下(広島市への原子爆弾投下参照)。広島県 フレッシュアイペディアより)

668件中 51 - 60件表示

「広島原爆」のニューストピックワード