1014件中 51 - 60件表示
  • 広島大学附属中学校・高等学校

    広島大学附属中学校・高等学校から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    正門の奥手、中学校校舎と高等学校校舎の間に位置するRC造平屋建(一部2階建)の講堂は、広島市内では数少なくなった原爆被災時点での形態をほぼ維持する被爆建物の一つであり国の登録有形文化財(建造物)である。広島大学附属中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 都築正男

    都築正男から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月、広島・長崎に原子爆弾が投下。広島で被爆した女優・仲みどりが東大病院に入院すると、都築は担当医としてその治療にあたったが、仲は8月24日に死去した。仲の死因を急性放射能症と診断した都築は世界で最初にカルテに「原子爆弾症」と記載した(原爆症第1号)。これをきっかけに彼は被爆者・原爆症患者の治療に関わることとなり、文部省学術研究会議の原子爆弾災害調査研究特別委員会の医学部門の責任者として8月30日に広島市内に入り、現地調査・被爆者救護にあたった。10月には雑誌『総合医学』に放射能障害に関する論文を発表、「原爆症」の実態を広く訴えた。都築正男 フレッシュアイペディアより)

  • 横川駅 (広島県)

    横川駅 (広島県)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月6日 - 原爆投下により、駅舎全壊など大きな被害を受ける。横川駅 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • ASIAN2

    ASIAN2から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    2010年の8月6日、広島市への原子爆弾投下の節目のこの日にこの出来事に関することを歌った楽曲「iKILL」をYouTube上で発表。ASIAN2自身が封鎖的と思っている日本の言論の活性化に少しでも足しになってほしいという目的から作曲された。公式ブログ上で「我々がこの曲を書いたのは誠実で在りたいからだ。ただただ闇雲に反戦平和を唱えて議論から逃げ出す人間では在りたくないからだ。ひたすらに理想を語るだけでプロセスについては思考を停止するような卑怯な大人にはなりたくないからだ。あの悲劇があたかも戦争早期終結の為の大英断だったと学校で教えるような行為は許せないからだ。我々は議論を呼び起こしたいと思っている。皆がもっと怒ればいいと思っている。わからないフリをして口をつぐむよりも意見をぶつけ合えばいいと思っている。」と述べている。この曲は3rd ALBUM「very」にも収録されている。ASIAN2 フレッシュアイペディアより)

  • 宇品線

    宇品線から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    以後、宇品港から日清戦争・日露戦争・太平洋戦争に出征・復員する兵士や物資の輸送を担った。1897年(明治30年)には山陽鉄道が陸軍省から借入れて一般旅客営業を開始し、1906年(明治39年)には鉄道国有法(同年施行)に基づき国有化されたが、1919年(大正8年)に旅客営業はいったん廃止され貨物専用線化された。旅客営業が復活したのは昭和初期であり、その運行は芸備鉄道(現・芸備線の前身)に1930年(昭和5年)から委託されたが、1937年(昭和12年)の芸備鉄道買収・国有化により再び国鉄に移管された。戦争期間中の一般旅客の利用は軍の規程により、基本的に認められていなかった。1945年(昭和20年)8月6日の原爆投下に際しては、比較的被害が少なかった南段原駅 - 宇品駅間で被爆者の輸送が行われた。宇品線 フレッシュアイペディアより)

  • 大須口駅

    大須口駅から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年8月6日の原爆被災で爆心地から約2.5kmの距離に位置していた当駅は駅本屋の全焼など大きな被害を受けた。また翌月9月の枕崎台風により駅南側の大須口鉄橋の橋脚の一部が流失し一部軌道が若干東に移設されたさいに駅・ホームも移設された。大須口駅 フレッシュアイペディアより)

  • 広島広域公園陸上競技場

    広島広域公園陸上競技場から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1993年1月、広島市は本スタジアムを試合会場に想定し2002 FIFAワールドカップの開催候補地として立候補した。当時は5万人収容できるスタジアムが国内に少なかったこと、更には当時国際サッカー連盟 (FIFA) 会長であったジョアン・アヴェランジェからの推薦もあり、当地での開催は確実視されていた。しかし、開催に当たってはバックスタンドへの屋根の架設と座席改修工事が必要とされていた が、当時の広島市長だった平岡敬がこれを実施しないことを表明、結果開催地から外された。屋根架設を実施しなかった経緯について、平岡は後のインタビューで「(屋根架設の)設計図はあったし、経費は約140億円と踏んでいた」と明かした上で、「広島が選定されても(日韓共催のため)開催は3試合で、費用対効果に見合わない」と語っている。このときの広島市、実行委員会およびFIFAの判断については、一部の海外メディアに「原子爆弾が投下された広島市でFIFAワールドカップを実施することに意義がある」と再考を求められた。広島広域公園陸上競技場 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市江波山気象館

    広島市江波山気象館から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1934年(昭和9年)竣工した広島地方気象台の本庁舎が、1987年(昭和62年)中区上八丁堀の合同庁舎へ移転したことを機に、気象庁から広島市へ移管し、博物館として開館したもの。建物自体は1945年(昭和20年)広島市への原子爆弾投下にも耐えた現存する被爆建物であり、広島市重要文化財に指定されている。広島市江波山気象館 フレッシュアイペディアより)

  • 白神社

    白神社から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    かつては、旧国泰寺(現在の全日空ホテルの付近)に連なる広い神社だったが、原爆により一時焼失し、規模を縮小した。現在、神社周辺には幅100メートルの道路(通称「平和大通り」)が整備され、近代的なビルも立ち並び、神社はこぢんまりとした印象。境内にある岩石は、広島の三角州形成による海岸線移動の跡を記し、「原爆の熱線により赤く変色した岩石」や「被爆した楠」などには被爆の跡が記されている、歴史的な検証にとっても重要な神社。白神社 フレッシュアイペディアより)

  • 広島赤十字・原爆病院メモリアルパーク

    広島赤十字・原爆病院メモリアルパークから見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    広島赤十字・原爆病院改修に伴い、病院敷地内にあった広島市への原子爆弾投下に関連するモニュメントを広島支部敷地内に移転し公園として整備したものである。常時開放しており、日赤側は平和教育の場として修学旅行生なども受け入れるとしている。広島赤十字・原爆病院メモリアルパーク フレッシュアイペディアより)

1014件中 51 - 60件表示

「広島原爆」のニューストピックワード