1014件中 61 - 70件表示
  • 広島高等師範学校

    広島高等師範学校から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年(昭和20年)8月6日 - 原爆により木造校舎が全壊。広島高等師範学校 フレッシュアイペディアより)

  • 似島検疫所

    似島検疫所から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1895年(明治28年)、日清戦争の帰還兵のために大日本帝国陸軍が似島の東岸に整備した検疫所である。所管は海軍単独→陸軍・海軍の分割管理→陸軍単独と変遷しながら第二次世界大戦末期まで検疫業務を続け、1945年(昭和20年)の広島市への原子爆弾投下の際には被爆者の臨時救護所として機能した。戦後は厚生省(現厚生労働省)の検疫所として機能したが、1958年(昭和33年)閉鎖した。また、日露戦争および第一次世界大戦時には検疫所内に俘虜(捕虜)収容所が設けられ、当時としては貴重な文化交流が行われた記録が残っている。似島検疫所 フレッシュアイペディアより)

  • 佐伯好郎

    佐伯好郎から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    言語学・法学・歴史学など複数分野にまたがる西洋古典学の研究・教育で大きな業績を残したが、特にネストリウス派キリスト教(景教)の東伝史に関する研究で国際的に有名になり「景教博士」と称された。また日本人とユダヤ人が同祖であるとする日ユ同祖論の最初期の論者としても知られ、独自の歴史観(偽史)を唱えた。戦後は故郷・廿日市の町長を務めるなど、戦災や原爆で荒廃した広島県の再建に尽くした。佐伯好郎 フレッシュアイペディアより)

  • 中島町 (広島市)

    中島町 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    中島町は元安川と旧太田川(本川、ほんかわ)の分岐点に位置し、現在町域の大半(平和大通り以北)は広島平和記念公園(平和公園)となっているが、原爆投下まで広島でも有数の繁華街の一つであった。中島町 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 蜂谷道彦

    蜂谷道彦から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    蜂谷 道彦(はちや みちひこ、1903年 - 1980年4月13日)は、日本の医学者・内科医師である。1945年の広島市への原子爆弾投下で被爆しながらも、広島逓信病院院長として被爆者の治療と原爆症の研究を行い、その苦闘の記録は『ヒロシマ日記』として各国で出版された。蜂谷道彦 フレッシュアイペディアより)

  • 高野源進

    高野源進から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    高野 源進(たかの げんしん、明治28年(1895年)3月15日 - 昭和44年(1969年)1月4日)は、日本の内務官僚、弁護士。官僚としては主として警察畑を歩き山梨県知事・警視総監などを歴任したが、特に原爆被災時の(官選)広島県知事を務めたことで知られる。高野源進 フレッシュアイペディアより)

  • 角梨枝子

    角梨枝子から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    本名は角泰枝(すみ やすえ)。広島県広島市翠町(現・南区)出身。父親は広島文理科大学数学教授だった。広島第一高女(現・広島皆実高校)を経て1945年、神戸女学院音楽部に進学したが同年8月帰郷したおり被爆したため中退。1947年大阪音楽大学進学。翌1948年、初代・ミスヒロシマに選定され東宝からスカウトされて映画界入り。豊田四郎監督の『エデンの海』の主役に抜擢されるが東宝争議により製作中止された。角梨枝子 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマの広島訪問

    バラク・オバマの広島訪問から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    バラク・オバマの広島訪問(バラク・オバマのひろしまほうもん)は、2016年5月27日に第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマが原子爆弾が投下された広島へ、核兵器の廃絶を訴えて訪問した出来事について記す。アメリカによって核兵器が投下された日本の都市へ、現職の大統領が訪問するのは初めてのことである。バラク・オバマの広島訪問 フレッシュアイペディアより)

  • 99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜

    99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    1945年8月6日、広島で被爆する。その後、妹のさちと広島市内の病院で再会するが、原爆の後遺症により2年後の夏にさちに看取られながら京都で死亡する。99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜 フレッシュアイペディアより)

  • 広島城

    広島城から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    江戸時代では西日本有数の所領となった広島藩42万6000石の太守浅野家12代の居城となり、江戸時代中期に書かれた『広島藩御覚書帖』で知るところでは、5重と3重の大小天守群以下、櫓88基が建てられていた。1598年に毛利輝元によって創建された大天守は、1945年に倒壊するまで現存天守の中では岡山城天守に次ぐ古式を伝えるもので、外壁仕上げの下見板張りや最上階に高欄を持つ外観仕様は国宝保存法下の国宝指定(1931年)の理由の一つとなった。近代は日清戦争時に、本丸に大本営が置かれるなど軍都広島の中心施設であった。アメリカ軍による広島市への原子爆弾投下の際には破壊目標地点となり、現存していた天守や櫓、城門が倒壊した。近年の研究で天守は原爆による爆風で吹き飛ばされたのではなく建物の自重により自壊したことが判明している。現在の天守は鉄筋コンクリート構造による外観復元天守である。広島城 フレッシュアイペディアより)

1014件中 61 - 70件表示

「広島原爆」のニューストピックワード