668件中 61 - 70件表示
  • 核兵器

    核兵器から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    核兵器は、人類が開発した最も強力な兵器の一つであり、その爆発は一発で都市を壊滅させる事も可能である。そのような威力ゆえに、20世紀後半に配備数が増えるにつれ核戦争の脅威が想定されるようになり、単なる兵器としてだけではなく、国家の命運、人類の存亡にも影響するものとして、開発・配備への動きのみならず、規制・廃棄の動きなど様々な議論の対象となってきた。また、実戦使用されたのが第二次世界大戦における二発(広島・長崎)のみであり、使用ではなく、主に配備による抑止力として、その意義が評価されている側面を持つ。核兵器 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市

    広島市から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    世界史上初めて核兵器(原子爆弾)で爆撃された都市として、世界的に知名度が非常に高い(広島市への原子爆弾投下)。それ故に、国際平和文化都市としても一定の影響力を持っており、広島市長の発案で創設された「平和市長会議」には150を超える国から4600以上の自治体が加盟している。第二次世界大戦以前には軍事都市であった歴史とは対照的である。広島市 フレッシュアイペディアより)

  • 岸田貢宜

    岸田貢宜から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    岸田 貢宜(きしだ みつぎ、1916年 - 1988年)は、日本の写真館経営者・写真家。原爆投下翌日の広島市街の惨状を撮影したことで知られる。岸田貢宜 フレッシュアイペディアより)

  • 元安川

    元安川から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    元安川では1945年8月6日に原爆が落とされた際、熱線や放射線・爆風で傷ついた多数の被爆者たちが水を求めてこの川まできて亡くなったため、毎年8月6日夜には犠牲者を弔う灯籠流しがおこなわれる。元安川 フレッシュアイペディアより)

  • 三滝本町

    三滝本町から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    都心に近いにも関わらず豊かな自然が残り、春は桜、秋は紅葉の名所として、南区の比治山と並ぶ「市民の憩いの場」である。南東から北西方向に狭い谷が走り、谷の両側は衝立のような急斜面に挟まれている。この地形のおかげで、昭和20年の原爆投下時にも熱線・爆風の直撃を免れた。三滝本町 フレッシュアイペディアより)

  • 靉光

    靉光から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    シュールレアリズム風や宋元画風など、特異な画風で知られるが、生前に多くの作品を破棄した上、残された作品も原爆で失われたことからその数は非常に少ない。将来性を大いに嘱望されていたが、敗戦後に戦地からの復員を待たず38歳で病死。靉光 フレッシュアイペディアより)

  • 広島大虐殺

    広島大虐殺から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    広島大虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • 谷川一彦

    谷川一彦から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    原爆投下12年後の1957年に月刊誌『なかよし』で原爆で両親を失う少女を描いた漫画「星はみている」を連載。『漫画少年』『冒険王』『なかよし』『少女クラブ』『幼年ブック』などに漫画を発表した後、上京し、1961年に創設された虫プロダクションに入社して、テレビアニメ『鉄腕アトム』や『W3(ワンダースリー)』などの作画等を担当した。谷川一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 山本達雄

    山本達雄から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    山本達雄 (平和の火) - 広島の原爆の残り火を持ち帰り灯し続けた福岡県星野村(現・八女市)の故人山本達雄 フレッシュアイペディアより)

  • 西蓮寺 (広島市)

    西蓮寺 (広島市)から見た広島市への原子爆弾投下広島市への原子爆弾投下

    この寺は1605年(慶長10年)に創建された。1945年(昭和20年)8月当時は広島市の旧細工町、広島県産業奨励館(原爆ドーム)隣にあり、原子爆弾投下により被災した。1956年(昭和31年)に広島平和記念公園建設のため、現在地に移転した。西蓮寺 (広島市) フレッシュアイペディアより)

668件中 61 - 70件表示

「広島原爆」のニューストピックワード