307件中 101 - 110件表示
  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た疎開

    また建物疎開には、中学下級生(数千人)および一般市民の勤労奉仕隊(母親たち)や病気などの理由により徴兵されなかった男子らが参加した。動員は市内の他、近隣の農村からも行われた。建物疎開とは、空襲による類焼を食い止めるために建物の間引きを行う作業である。建物の破壊は軍が行い、瓦礫の処理を奉仕隊が行った。当然、青空の下での作業である。彼らは原爆の熱線を直接、大量に浴びることになる(後述)。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た原爆ドーム

    爆心地である広島市細工町29-2の島病院(現島外科内科)は、産業奨励館の東側にあり、8時15分、病院南西側の上空約600メートルで炸裂した。爆心地500メートル圏内では閃光と衝撃波がほとんど同時に襲った。巨大な爆風圧が建築物の大半を一瞬にして破壊、木造建築は全数が全壊した。島病院の建物も完全に吹き飛ばされ、院内にいた約80名の職員と入院患者全員が即死した。鉄筋コンクリート建築である産業奨励館は垂直方向の衝撃波を受けて天蓋部は鉄骨を残して消失、一部の外壁を残して大破したが完全な破壊は免れている。相生橋や元安橋の石の欄干も爆風で飛ばされた。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た中性子線

    9日、陸軍省広島災害調査班が日本赤十字広島赤十字病院の地下室でレントゲンフィルムが全て感光していることを確認、直ちに陸軍軍医学校に放射線専門家の派遣を要請している。これを受けた陸軍軍医学校は、陸軍軍医学校レントゲン教官である御園生圭輔軍医および理化学研究所の研究者玉木英彦研究員・村地孝一研究員・木村一治研究員らを派遣して残留放射能測定や被爆者の血液検査などを行った。この結果、土壌中からストロンチウム92やセシウム137が大量に検出され、白血球の減少している被爆者が多いことが分かった。後に遺体病理解剖にて被爆者を蝕んだ放射線はα線、γ線、β線、中性子線であることが判明した。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た放射線影響研究所

    「公式見解」では被爆二世、被爆三世については、永年にわたり健康への影響、すなわち遺伝的影響はないとされてきた。放射線影響研究所は2007年に、被爆二世への遺伝的な影響は、死産や奇形、染色体異常の頻度、生活習慣病を含め認められないと発表した。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たキノコ雲

    原爆投下時、撮影機はカラーフィルムで撮影していたが、テニアン島に帰還後、現像に失敗したためにその記録は失われた。そのため、爆発から約3分後にグレート・アーティストに搭乗した科学調査リーダー、ハロルド・アグニューにより8mmカメラによって撮影されたキノコ雲の映像が、世界初の都市への原爆投下をとらえた唯一の映像となっている。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た船舶司令部

    広島には軍都としての側面もあった。日清戦争時には前線に近い広島に大本営(広島大本営)が置かれ、また臨時帝国議会(第7回帝国議会)も広島で開かれるなど、一時的に首都機能が広島に移転されている。これを契機として、陸軍の施設が広島に多く置かれるようになった。広島城内には陸軍第五師団司令部、広島駅西に第二総軍司令部、その周囲には各部隊駐屯地等が配置された。すなわち当時、爆心地の北側はおよそ陸軍の施設で広く占められており、陸軍敷地南端より約200メートルに爆心地がある。また宇品港に置かれた陸軍船舶司令部は兵站上の重要な拠点であった。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たマンハッタン計画

    1942年9月26日 - アメリカの軍需生産委員会がマンハッタン計画を最高の戦時優先等級に位置づける。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た中国軍管区 (日本軍)

    ストレートフラッシュ号は日本側でも捕捉しており、中国軍管区司令部から7時9分に警戒警報が発令されたが、そのまま広島上空を通過離脱したため、7時31分に解除された。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た太田川

    8時12分、エノラ・ゲイが攻撃始点 (IP) に到達したことを、航法士カーク陸軍大尉は確認した。機は自動操縦に切り替えられた。爆撃手フィアビー陸軍少佐はノルデン照準器に高度・対地速度・風向・気温・湿度などの入力をし、投下目標 (AP) を相生橋に合わせた。相生橋は広島市の中央を流れる太田川が分岐する地点に架けられたT字型の橋である。特異な形状は、上空からでもその特徴がよく判別できるため、目標に選ばれた。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たケロイド

    爆心地から2キロメートル以内で被爆した者は高度から中度の熱傷が生じたが、2キロメートル以遠で被爆した者は軽度の熱傷にとどまり、治癒に要した期間も短かった。しかし、3 - 4カ月経過後、熱傷を受けて一旦平癒した部分に異変が生じ始めた。熱傷部の組織の自己修復が過剰に起こり、不規則に皮膚面が隆起しケロイドを生じた。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

307件中 101 - 110件表示

「広島原爆」のニューストピックワード