258件中 11 - 20件表示
  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たマツダ

    8月6日は月曜。当時は週末の休みは無く、朝は8時が勤務開始であった。大半の労働者・徴用工・女子挺身隊、および勤労動員された中学上級生(1万数千人)たちは、三菱重工や東洋工業を始めとする数十の軍需工場での作業となった。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たハリー・S・トルーマン

    1945年7月25日、トルーマン大統領が原爆投下の指令を承認し、ハンディ陸軍参謀総長代理からスパーツ陸軍戦略航空軍司令官(戦略航空隊総指揮官)に原爆投下が指令された。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たプルトニウム

    広島原爆はウラニウム型原爆であり、計算上得られる一定量以上のウラン235を「寄せ集める」だけで臨界核爆発を起こす。従って分割したウラン235の塊を合わせるだけの簡単な構造のものでも、爆発そのものはほぼ確実であることから、長崎原爆(プルトニウム型原爆)とは異なり、事前の核実験(爆発実験)による検証はなされず、設計図通りに作られたものがそのまま広島に投下され、後に広島の被災実態から詳細な計算がなされた。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た広島市

    広島市への原子爆弾投下(ひろしましへのげんしばくだんとうか)では、第二次世界大戦(太平洋戦争)末期の1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分に、アメリカ軍が日本の広島市に対して投下した原子爆弾(以下『原爆』と記す)に関する記述を行う。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た太陽

    爆心地での生存者は極僅かであるため、詳細な実態報告は少ないが、投下直後は一寸先も見えない闇の世界であったという。原子雲と爆風で舞い上げられた大量の粉塵が太陽の光を完全に遮断したためである。その闇の中で、高温に熱せられた木造建築物等の発火が始まった。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た世界遺産

    1992年9月、広島市議会で原爆ドームの世界遺産リスト登録を求める意見書が採択。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た被曝

    低高度爆発であったためにキノコ雲は地表に接し、爆心地に強烈な誘導放射能をもたらした。熱気は上空で冷やされ雨となった。この雨は大量の粉塵・煙を含んでおり、粘り気のある真っ黒な大粒の雨であった。この雨を黒い雨という。この雨は放射性降下物を含んでいたため、雨を浴びた者を被曝させ、土壌や建築物及び河川等を放射能で汚染した。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たNHK広島放送局

    広島中央放送局の流川演奏所では、古田正信放送員が呉鎮守府が発令した警報のメモを持って第2演奏室(スタジオ)に入った。古田が原放送所(放送休止時間のため停波中)に警報発令の合図を送り、放送所の送信機が始動した直後に原爆が炸裂、演奏所と放送所を結ぶ中継線が断線したため警報は放送されなかった。広島放送局では約40名の職員が犠牲となった。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た毛利輝元

    広島市は戦国時代の大名毛利輝元により太田川河口三角州に城下町として開かれて以来、中国地方の中心であり続けた。江戸時代には浅野藩の城下町として栄え、明治維新後は広島県県庁所在地となり、中国地方の経済的な中心地として発展していた。さらに広島高等師範学校・広島女子高等師範学校・広島文理科大学・広島工業専門学校・広島高等学校を有する学都でもあった。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た関川秀雄

    ファイル:F0160671 1852990.jpg|『ひろしま』関川秀雄監督作品広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

258件中 11 - 20件表示

「広島原爆」のニューストピックワード