258件中 71 - 80件表示
  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たグレート・アーティスト

    その離陸2分後の1時47分、原爆の威力の記録を行う科学観測機(グレート・アーティスト号)が、更に2分後の1時49分には写真撮影機(#91 or ネセサリー・イーブル号)の各1機のB-29も飛び立った。即ちこの日、6機のB-29が原爆投下作戦に参加し、内4機が広島上空へ向かっていたことになる。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見たストレートフラッシュ (航空機)

    8月6日0時37分、まず気象観測機のB-29が3機離陸した。ストレートフラッシュ号は広島へ、ジャビット3世号は小倉へ、フルハウス号は長崎である。0時51分には予備機のトップ・シークレット号が硫黄島へ向かった。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た高射砲

    8時過ぎ、エノラ・ゲイが広島市街を目視確認する直前、広島県警所轄の甲山監視哨・三次監視哨・松永監視哨等から呉海軍鎮守府に、敵大型機(あるいはB-29)3機が広島市方面に向かうとの電話連絡があり、8時10分頃に警戒警報が発令された。陸軍中国軍管区司令部にも同様の電話連絡があり、8時13分に広島・山口両地区に警戒警報が発令された。続いて海軍の中野探照燈台・板城探照燈台や陸軍の中国軍管区司令部から呉鎮守府に続報があり、呉地区に空襲警報が発令された。高射砲陣地が戦闘配置し、対空戦闘用意の態勢に移行して高度標定機による敵機観測と高射砲弾の信管調定を開始した。また呉鎮守府飛渡瀬砲台では155mm高角砲がエノラ・ゲイを有効射程内に捕捉し、射撃命令を待っていた。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た火傷

    爆心地1キロメートル地点から見た爆心点は上空31度、2km地点で17度の角度となる。したがって野外にあっても運良く塀や建物等の遮蔽物の陰にいた者は熱線の直撃は避けられたが、そうでない大多数の者は、熱線を受けた体の部位が一瞬にして重度の火傷を負った。野外で建物疎開作業中の勤労奉仕市民や中学生・女学生等は隠れる間もなく大量の熱線をまともに受けた。勤労奉仕に来ていた生徒が全員死亡した学校も多かった。また彼らは熱線直後の爆風(核反応の熱で急速に膨張した高温高速の空気が作る衝撃波)で数メートルから十数メートル吹き飛ばされ、地面や構造物に強く叩きつけられて昏倒した。さらにこの爆風は屋外の被爆者の衣類を剥ぎ取り、ほとんどは裸となった、そして、爆風は火傷を負った表皮をも皮膚組織から剥ぎ取った。昏倒から覚めた被爆者は自分の腕の皮膚が剥がれて垂れ下がり、爪のところでようやくつながっていることを知る。背中全体の皮膚がはがれ、腰からぶらさがっている者もいた。強い衝撃で眼球が眼窩から飛び出した者、腸が腹腔から飛び出した者などもいた。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た玉音放送

    8月15日正午、戦争の終結を国民に告げる為になされたラジオ放送(玉音放送)で、原爆について「敵ハ新ニ残虐ナル爆彈ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所眞ニ測ルヘカラサルニ至ル(敵は新たに残虐な爆弾を使用して、無辜(むこ)の非戦鬪員を殺害傷害し、その悲惨な損害は本当に人間の考えの及ばない程である。)」と詔があった。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た疎開

    また建物疎開には、中学下級生(数千人)および一般市民の勤労奉仕隊(母親たち)や病気等の理由により徴兵されなかった男子等が参加した。動員は市内の他、近隣の農村からも行われた。建物疎開とは、空襲による類焼を食い止めるために建物の間引きを行う作業である。建物の破壊は軍が行い、瓦礫の処理を奉仕隊が行った。当然、青空の下での作業である。彼等は原爆の熱線を直接、大量に浴びることになる(後述)。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た中性子線

    9日、陸軍省広島災害調査班が日本赤十字広島赤十字病院の地下室でレントゲンフィルムが全て感光していることを確認、直ちに陸軍軍医学校に放射線専門家の派遣を要請している。これを受けた陸軍軍医学校は、陸軍軍医学校レントゲン教官である御園生圭輔軍医及び理化学研究所の研究者玉木英彦研究員・村地孝一研究員・木村一治研究員らを派遣して残留放射能測定や被爆者の血液検査等を行った。この結果、土壌中からストロンチウム92やセシウム137が大量に検出され、白血球の減少している被爆者が多いことがわかった。後に遺体病理解剖にて被爆者を蝕んだ放射線はα線、γ線、β線、中性子線である事が判明した。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た内臓

    また強力な熱線により屋外にいた人は、内臓組織に至るまで全身の水分が蒸発・炭化し、遺体が道路などに大量に残された。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た放射線影響研究所

    「公式見解」では次世代、すなわち被爆二世、被爆三世については、永年にわたり健康への影響、すなわち遺伝的影響はないとされてきた。そして放射線影響研究所は2007年に、被爆二世への遺伝的な影響は、死産や奇形、染色体異常の頻度、生活習慣病を含め認められないと発表した。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市への原子爆弾投下

    広島市への原子爆弾投下から見た広島平和記念公園

    戦後、この地区は広島平和記念公園として整備され、燃料会館は全焼した内部を全面改築して公園のレストハウスとなり現在も残っている。広島市への原子爆弾投下 フレッシュアイペディアより)

258件中 71 - 80件表示

「広島原爆」のニューストピックワード