64件中 21 - 30件表示
  • 日本近代建築史

    日本近代建築史から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    1955年 広島平和記念資料館、広島平和記念公園 - 丹下健三(重要文化財)日本近代建築史 フレッシュアイペディアより)

  • ナンシー・ペロシ

    ナンシー・ペロシから見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    2008年9月2日には広島市で行われたG8下院議長会議のため来日し、参加各国議長とともに平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に献花を行った。これまで同慰霊碑に献花を行った現職の米要人としては過去最高クラスの人物である。さらに各議長は広島平和記念資料館を訪れ、被爆者の体験談も聞いた。ナンシー・ペロシ フレッシュアイペディアより)

  • 原爆死没者慰霊碑

    原爆死没者慰霊碑から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    慰霊碑の設計は丹下健三(当時東京大学助教授)が担当。平和記念公園の敷地内の、広島平和記念資料館と原爆ドームを結ぶ直線上に設置されている。原爆犠牲者の霊を雨露から守りたいという趣旨から、屋根の部分がはにわの家型をしている。中央の石室(石棺)には、国内外を問わず、亡くなった原爆被爆者すべての氏名を記帳した名簿が納められている。原爆死没者慰霊碑 フレッシュアイペディアより)

  • 地球平和監視時計

    地球平和監視時計から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    地球平和監視時計(ちきゅうへいわかんしどけい)とは、広島県広島市中区の広島平和記念資料館内に設置されている時計塔。地球平和監視時計 フレッシュアイペディアより)

  • フーゴ・ラッサール

    フーゴ・ラッサールから見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    しかし献堂式当日には聖堂内陣にモザイク画もなく、窓にはステンドグラスではなくて無色透明のガラスが嵌められていただけであった。それから8年後の1962年(昭和37年)になってようやく、広島教区の司牧がイエズス会から教区司祭に任されるのと時を同じくするようにして、届けられた最後のステンドグラスが聖堂最上部の窓に嵌められて、聖堂は真の完成を見たのである。そして聖堂建設に心血を注いだラッサールもそれを見届けるかのように、広島の地を去ることになった。広島の川の砂を使ってコンクリートをつくり、積み上げられたコンクリートレンガの数は、原爆で失われた犠牲者の数にも匹敵するとも言われる世界平和記念聖堂は、2007年(平成19年)日本を代表する建築家丹下健三の広島ピースセンターと共に、第二次世界大戦後の建築物として初めて日本国の重要文化財(建造物)に選ばれている。フーゴ・ラッサール フレッシュアイペディアより)

  • フリッツ・フォン・エリック

    フリッツ・フォン・エリックから見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    息子たちがまだ幼い頃、一緒に来日した際に広島市の広島平和記念資料館を見学させ、戦争の悲惨さを繰り返し説いていたという。フリッツ・フォン・エリック フレッシュアイペディアより)

  • 広島陸軍被服支廠

    広島陸軍被服支廠から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    1945年(昭和20年)8月6日に投下された原子爆弾により広島市は壊滅状態に陥ったが、爆心地から約2.7km離れていた被服支廠は外壁の厚みが60cmと厚かったこともあって焼失や倒壊は免れ救護所として使用され、避難してきた多くの被爆者がここで息を引き取った(峠三吉『原爆詩集』の詩「倉庫の記録」「仮繃帯所にて」には当時の惨状が描写されている)。このとき爆風により大きく歪んだ窓の鉄製扉は、現在もそのまま残され、広島平和記念資料館には爆風で浮き上がったレンガ塀の笠木が切り取られ保存されている。広島陸軍被服支廠 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市立本川小学校

    広島市立本川小学校から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    1階には、被爆したガラス瓶や缶詰、もんぺや自転車のチェーン・三八式歩兵銃などが展示されている。地下には、広島平和記念資料館で展示されていた古いジオラマが、こちらに移設され再利用展示されている。広島市立本川小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎原爆資料館

    長崎原爆資料館から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    広島市にも、同じく原子爆弾投下の惨状を伝える資料館として広島平和記念資料館がある。長崎原爆資料館 フレッシュアイペディアより)

  • ハーシェミー・ラフサンジャーニー

    ハーシェミー・ラフサンジャーニーから見た平和記念資料館広島平和記念資料館

    この時期、19世紀に西洋的近代化を唱えたガージャール朝の政治家アミーレ・キャビールの思想に共鳴し、彼の伝記を書いている。また、革命までの数年間、欧米や日本を訪問した。広島市の平和記念資料館のノートにラフサンジャーニーと思われる記名がある。旅行中、ヤーセル・アラファートとも会見したことが当局に明らかになり、再び投獄された。ハーシェミー・ラフサンジャーニー フレッシュアイペディアより)

64件中 21 - 30件表示

「広島平和記念資料館」のニューストピックワード