64件中 51 - 60件表示
  • 萬代橋 (広島市)

    萬代橋 (広島市)から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    1974年、ある老人がNHK中国本部(現在のNHK広島放送局)に1枚の絵を持参してきた。それは老人が当時視聴していたTVドラマ「鳩子の海」の内容に刺激を受け、被爆直後の萬代橋付近の惨状を描いたものであった。同年6月NHKがこの絵をもとに「届けられた一枚の絵」というテーマで番組を放送すると、それをきっかけに市民が続々と同局に記録画を寄せるようになり、8月6日には1,000点近くに達した原爆記録画が平和記念館(現在の広島平和記念資料館東館)で展示された。これが現在も続く市民による原爆記録画運動(「市民の手で原爆の絵を」)の始まりとなった。萬代橋 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 重要文化財

    重要文化財から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    1974年(昭和49年)に初めて鉄筋コンクリート建造物として重要文化財に指定されたのは旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館・芦屋市、フランク・ロイド・ライト設計、1924年(大正13年)竣工)。大正期の建造物としても初の指定で、築後わずか50年でその価値が認められたことになる。昭和期の建造物として最初に重要文化財に指定されたのは明治生命保険相互会社本社本館(岡田信一郎設計、1934年(昭和9年)竣工)で、1997年(平成9年)に指定されている。また2006年(平成18年)、原爆犠牲者を弔い世界平和を祈念するための教会堂世界平和記念聖堂(村野藤吾設計、1954年(昭和29年)8月竣工)と広島平和記念公園の中心施設広島平和記念資料館(丹下健三設計、1955年(昭和30年)8月開館)が、戦後建築としては初めての重要文化財指定となった。船舶としては唯一、1978年(昭和53年)に明治丸が指定された。重要文化財 フレッシュアイペディアより)

  • 平和大通り

    平和大通りから見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    ファイル:Hiroshima Peace Memorial Museum 2008 01.JPG|平和公園内の平和資料館。手前の道路が平和大通り。平和大通り フレッシュアイペディアより)

  • はだしのゲン

    はだしのゲンから見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    「はだしのゲン」の原画は1994年に広島平和記念資料館の東館開館を機に市に寄託されていたが、2009年12月8日、中沢は所有するすべての漫画の原画なども資料館に寄贈し、合わせて所有権を市に移すと発表した。その中には幻となった第二部の原画も含まれている。はだしのゲン フレッシュアイペディアより)

  • 中沢啓治

    中沢啓治から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    『はだしのゲン 第二部 東京編』はネームまたは原作のみの段階で構想を練っていたという。だが、引退表明に伴い制作を断念。「ゲンのその後は読者自身が考えてほしい」と語っている。同年12月8日、中沢は手元に残っていないデビュー作『スパーク1』を除く所有するすべての漫画の原画などを広島平和記念資料館に寄贈すると発表した。その中には幻となった『はだしのゲン』第二部の原画も含まれている。中沢啓治 フレッシュアイペディアより)

  • 広島城

    広島城から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    1953年(昭和28年)3月31日、城跡が国の史跡に指定されると天守再建の機運が高まった。戦後の高度経済成長の中で、1958年(昭和33年)市制70周年を迎えるにあたり広島復興大博覧会開催が決まり、広島平和記念資料館開館と共に博覧会の目玉として天守再建が決定した。これには渡辺忠雄市長と市側の復元への強い想いが大きく作用した。1957年(昭和32年)10月20日着工、翌1958年3月26日竣工。同年6月1日、広島城郷土館(現在の博物館)が開館した。また、この時期に広島護国神社が本丸に移転再建し、中堀も埋め立てられ内堀だけとなった。広島城 フレッシュアイペディアより)

  • 二十四時間の情事

    二十四時間の情事から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    映画の全編(ヒロインの第二次世界大戦中の回想シーンを除く)のロケーションを1958年当時の広島市で行い、多くの市民が撮影に参加している。二人が情事にふける立町のホテル周辺や、フランス語で記載されたプラカードで反核平和を訴えるデモ行進を行っているシーンなど、多くの市民の姿が映し出されている。当時の広島駅、平和公園、広島平和記念資料館、広島赤十字・原爆病院、本通り商店街、原爆ドーム、太田川なども登場する。二十四時間の情事 フレッシュアイペディアより)

  • ジミー・ペイジ

    ジミー・ペイジから見た平和記念資料館広島平和記念資料館

    1971、72年に来日公演を果たしており、71年の広島公演に際してメンバーは平和記念資料館を訪れ、ペイジは「二度と戦争は起こしてはいけない」と涙ながらに語っている。同公演(9月27日)は100%慈善公演で、メンバー4人は広島市役所を訪問し、当時の山田市長に被爆者援護資金として当時の金額で約700万円寄贈の目録を手渡している。1ジミー・ペイジ フレッシュアイペディアより)

  • 父と暮せば

    父と暮せばから見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    撮影協力:広島平和記念資料館、広島フィルムコミッション、ナック映像センター、中国新聞、横浜ゴム、原爆の図丸木美術館父と暮せば フレッシュアイペディアより)

  • 夕凪の街 桜の国

    夕凪の街 桜の国から見た広島平和記念資料館広島平和記念資料館

    初めて広島に行き、平和資料館で衝撃的な展示の数々に気分を悪くするが、広島での経験でこの街の過去を理解し、凪生の家系の被爆のことも逃げずに受け入れようと決める。夕凪の街 桜の国 フレッシュアイペディアより)

64件中 51 - 60件表示

「広島平和記念資料館」のニューストピックワード