1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た広島本通商店街

    国指定の重要文化財である西側の「本館」と、東側の「東館」からなり、観覧は東館から入場し本館から退出するコースとなっている。東館には原爆投下までの広島市の歴史や原爆投下の歴史的背景に関する展示があり、本館では広島原爆の人的・物的被害に関する展示が行われている。特に、原爆投下直後の壊滅した広島市街地の縮小模型、全身を焼け爛れさせながら火の中を逃げまどう被爆者の等身大ジオラマ、被爆死した三人の動員学徒が身に着けていた制服の残骸を組み合わせて一体の人形に仕立てた「三位一体の遺品」や「黒焦げの弁当箱」など被爆死した動員学徒たちの遺品、本通の住友銀行広島支店から1971年に移設された「人影の石」などの展示物はよく知られている。東館・本館併せて全ての展示物の観覧には本来3時間かかるとされるが、実際の平均見学所要時間は約40分であるという。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た中区 (広島市)

    広島平和記念資料館(ひろしまへいわきねんしりょうかん)は、広島県広島市中区に所在する博物館(平和博物館)である。「原爆資料館」(げんばくしりょうかん / もしくは「平和資料館」)とも称される。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た原子爆弾

    1945年8月6日、世界最初の原子爆弾に被爆し多くの人的・物的犠牲を払う惨禍に見舞われた広島市では、第二次世界大戦後の早い時期から学術機関のみならず市民の手で被爆資料の収集が行われていた。この活動の中心となっていたのは当時広島大学理学部地質学教室の嘱託を務めていた長岡省吾であり、収集された資料は市の中央公民館の一角に設置された「原爆参考資料陳列室」に展示されていた。しかし所蔵資料の増加にともない、原爆の惨禍を広く世界にアピールするため、これらの保管・展示を目的とする施設を求める声が高まっていった。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た広島市への原子爆弾投下

    中島町の広島平和記念公園敷地内に所在し、広島原爆の惨状を後世に伝えるための施設として当初は「広島平和会館原爆記念陳列館」の名称で開館した。運営は広島市出資の財団法人広島平和文化センターが行っている。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た理学部

    1945年8月6日、世界最初の原子爆弾に被爆し多くの人的・物的犠牲を払う惨禍に見舞われた広島市では、第二次世界大戦後の早い時期から学術機関のみならず市民の手で被爆資料の収集が行われていた。この活動の中心となっていたのは当時広島大学理学部地質学教室の嘱託を務めていた長岡省吾であり、収集された資料は市の中央公民館の一角に設置された「原爆参考資料陳列室」に展示されていた。しかし所蔵資料の増加にともない、原爆の惨禍を広く世界にアピールするため、これらの保管・展示を目的とする施設を求める声が高まっていった。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た地質学

    1945年8月6日、世界最初の原子爆弾に被爆し多くの人的・物的犠牲を払う惨禍に見舞われた広島市では、第二次世界大戦後の早い時期から学術機関のみならず市民の手で被爆資料の収集が行われていた。この活動の中心となっていたのは当時広島大学理学部地質学教室の嘱託を務めていた長岡省吾であり、収集された資料は市の中央公民館の一角に設置された「原爆参考資料陳列室」に展示されていた。しかし所蔵資料の増加にともない、原爆の惨禍を広く世界にアピールするため、これらの保管・展示を目的とする施設を求める声が高まっていった。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た広島南道路

    2012年11月1日、中区江波二本松に付属展示施設『シュモーハウス』が開館し、一般公開された。前身は、フロイド・シュモーが1949年から1953年の間に建設した『広島の家』の21戸うちの一つ『シュモー会館』で、2011年まで集会所として使われ、現存する唯一の建物になっていた。広島南道路延伸により予定地に当たることに伴い、曳家で現在地に移転。被爆後の日本国外から広島への支援を紹介する施設として整備された。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た広島県

    広島平和記念資料館(ひろしまへいわきねんしりょうかん)は、広島県広島市中区に所在する博物館(平和博物館)である。「原爆資料館」(げんばくしりょうかん / もしくは「平和資料館」)とも称される。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島平和記念資料館

    広島平和記念資料館から見た学徒動員

    国指定の重要文化財である西側の「本館」と、東側の「東館」からなり、観覧は東館から入場し本館から退出するコースとなっている。東館には原爆投下までの広島市の歴史や原爆投下の歴史的背景に関する展示があり、本館では広島原爆の人的・物的被害に関する展示が行われている。特に、原爆投下直後の壊滅した広島市街地の縮小模型、全身を焼け爛れさせながら火の中を逃げまどう被爆者の等身大ジオラマ、被爆死した三人の動員学徒が身に着けていた制服の残骸を組み合わせて一体の人形に仕立てた「三位一体の遺品」や「黒焦げの弁当箱」など被爆死した動員学徒たちの遺品、本通の住友銀行広島支店から1971年に移設された「人影の石」などの展示物はよく知られている。東館・本館併せて全ての展示物の観覧には本来3時間かかるとされるが、実際の平均見学所要時間は約40分であるという。広島平和記念資料館 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「広島平和記念資料館」のニューストピックワード