36件中 11 - 20件表示
  • 小林敬生

    小林敬生から見た広島県立美術館広島県立美術館

    滋賀県立近代美術館 広島県立美術館 島根県立美術館 高知県立美術館 神奈川県立近代美術館 北海道立旭川美術館 北海道立帯広美術館 埼玉県立近代美術館 栃木県立美術館 茨城県近代美術館 山梨県立美術館 富山県立近代美術館 石川県立美術館 愛知県美術館 大阪府立現代美術センター 和歌山県立近代美術館 徳島県立近代美術館 大分県立美術館 宮崎県立美術館 小林敬生 フレッシュアイペディアより)

  • 東広島市立美術館

    東広島市立美術館から見た広島県立美術館広島県立美術館

    1979年(昭和54年)に、大久保博から建物の寄贈を受けて開館した。広島県内では、広島県立美術館、ひろしま美術館に次いで3番目に古く、市立美術館としては最古である。開館当初は1階建であったが、後に大久保博の夫人である大久保フジコからの寄附をもとに2階の増築を行い、現在の施設となった。東広島市立美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立図書館

    広島県立図書館から見た広島県立美術館広島県立美術館

    1951年(昭和26年)11月に広島県児童図書館として中町に開館した。1954年(昭和29年)4月に現在の名称の広島県立図書館になる。1960年(昭和35年)4月に広島県立美術館・縮景園横の上幟町に移転する。その後、図書館や美術館が手狭になったために1988年(昭和63年)、現在地(東広島市に移転した広島大学工学部の跡地)に移る。広島県立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 大野五郎

    大野五郎から見た広島県立美術館広島県立美術館

    第1回独立美術協会展で、「O氏賞」受賞。川端画学校、「一九三〇年協会」研究所で学ぶ。自由美術家協会会員から主体美術協会を結成し、終生会員。公益財団法人北区文化振興財団、板橋区立美術館、広島県立美術館などに作品が所蔵されている。大野五郎 フレッシュアイペディアより)

  • 柏田久美子

    柏田久美子から見た広島県立美術館広島県立美術館

    広島県立美術館 - 2012年(平成23年)2月 - 2012年(平成23年)3月柏田久美子 フレッシュアイペディアより)

  • 北野恒富

    北野恒富から見た広島県立美術館広島県立美術館

    文展入選をきっかけに画家としての地位を築いた北野だが、大正2年(1913年)の第7回文展に出品し心中天網島を描いた「朝露(現在名は「道行」)」(福富太郎コレクション)が落選して以降は、同年に横山大観、下村観山によって日本美術院展(院展)が再興されるや、その第1回展に「願いの糸」(所在不明。木下美術館などに類似作あり)を出品。文展への出品は大正4年(1915年)の「暖か」(滋賀県立近代美術館蔵)が最後となり、大正6年(1917年)には院展の同人となった。この後、大正10年(1921年)の再興第8回院展に「茶々殿」(大阪府立中之島図書館蔵)、昭和3年(1928年)の第15回展に「宵宮の雨」(大阪市立美術館蔵)、昭和5年(1930年)の第17回展の「阿波踊」(所在不明。山形美術館などに類似作あり)、昭和6年(1931年)の第18回展に「宝恵籠」(所在不明。大阪府立中之島図書館などに同構図作あり)、昭和14年(1939年)の第26回展に「星(夕空)」(大阪市立美術館蔵)を出展するなど、昭和21年(1946年)の第31回展まで、ほぼ毎年出品が続けられ、創作の大きな柱となった。このころになると、画風もかつての濃密なそれにかわり、清澄で簡潔、優美なものへと変貌。この間にはこれらと並行して、大阪美術院の1917年の第3回展に「風」(広島県立美術館蔵)、翌18年の第4回展に「紅葉狩」(個人蔵)、昭和11年(1936年)の改組第1回帝国美術院展に「いとさんこいさん」(京都市美術館蔵)、昭和17年(1942年)には日本画家報国会軍用機献納画展覧会に「関取」(東京国立近代美術館蔵)、昭和18年(1943年)の関西邦画展に「夜桜」(大阪市立美術館蔵)、再興第30回院展に「薊」を出品する。また昭和9年(1934年)には聖徳記念絵画館の壁画「御深會木」を制作した。北野恒富 フレッシュアイペディアより)

  • 静岡県立美術館

    静岡県立美術館から見た広島県立美術館広島県立美術館

    7月13日?8月25日、「夏目漱石の美術世界」展。東京芸術大学大学美術館および広島県立美術館との共同企画巡回店。漱石は漢詩の優れた素養を背景に多くの南画山水を描いている。これら漱石自筆の絵画から、漱石が描いた理想の境地に迫った。本展は、美術館連絡協議会から「2013年美連協奨励賞」を受けた。静岡県立美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 一ノ瀬響

    一ノ瀬響から見た広島県立美術館広島県立美術館

    2013年 2月 実験を楽しむ心 第1回広島電子音楽研究会 : 生誕100年 船田玉樹展関連イベント (広島県立美術館/広島)一ノ瀬響 フレッシュアイペディアより)

  • 二十四時間の情事

    二十四時間の情事から見た広島県立美術館広島県立美術館

    エマニュエル・リヴァがこの映画撮影のために来広した際に、広島の街並みや人々の様子を個人で撮影した写真を、多摩美術大学の港千尋教授が2008年にフランスで偶然確認した。5月には「ヒロシマ モナムール」展として広島市現代美術館で展示されたほか、11月には広島県立美術館地下講堂など広島市内3箇所で、東京で12月に銀座ニコンサロンにて写真展が開催された。またリヴァ本人も50年ぶりに来日し、市民と交流したほか、「HIROSHIMA 1958」として写真集が日仏両国で出版された。二十四時間の情事 フレッシュアイペディアより)

  • 広島市立幟町小学校

    広島市立幟町小学校から見た広島県立美術館広島県立美術館

    北東部に広島市の玄関であるJR広島駅、駅前商店街がある。また、南部は福屋・三越等の百貨店や映画館・飲食店等が集中し、市最大の繁華街となっている。一方、北部には、縮景園・広島県立美術館・広島女学院・幟町中学校、さらにはエリザベト音楽大学が隣接するなど文教地区に位置している。そのため、市の中心部にあって周辺を高層のビルに取り囲まれている学校ではあるが、閑静な環境をもっている。広島市立幟町小学校 フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「広島県立美術館」のニューストピックワード