前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
470件中 1 - 10件表示
  • 江波 (広島市)

    江波 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    江波は広島市中心部(紙屋町)から南方向、同市中区の南に位置する地域。全体が平坦な地形であり、地域内を広島電鉄江波線が走っている。広島県を流れる太田川の河口部に位置し、南北に長細い地形をしている。東の吉島・光南との間に旧太田川(本川)が流れており、西側の西区観音との間に天満川が流れている。北側で舟入と接し、南側で広島湾に面す。江波 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 広島東洋カープ

    広島東洋カープから見た広島電鉄広島電鉄

    正力の二リーグ構想が公に出た4月から、4ヶ月後の8月中旬、中国新聞社東京支社長・河口豪は、東京支社から広島本社に帰る車中で、郷土の有力者、広島電鉄専務・伊藤信之、広島銀行副頭取・伊藤豊、広島県総務部長・河野義信の3名と顔を合わせた。四人の話題はプロ野球の話に終始。広島は被爆後の闇市時代が続き、青少年の心の荒廃が案じられる時代で、健全な娯楽を与えたい、それにはプロ野球が...と四人の意見が一致し、話が一挙に飛躍した。河口は戦後、カープ誕生の前に広島でプロ野球の興行を手掛けた経験があり、三人は河口に基本的な計画を立てるように依頼して別れた。3日後、銀座の東京支社に帰った河口のもとに広島二区選出の衆議院議員・谷川昇と金鯱軍代表の広島県人・山口勲が訪ねてきて、「谷川さんを中心に、広島にプロ球団を作ろうと思って相談に来たんですよ」と話した。谷川は当時公職追放中で公務からは外されていた。谷川は元々サッカー選手で野球とは無縁だったが、山口に助力を要請され、自身の名誉回復は二の次で、何より「故郷にプロ球団を創りたい」という情熱で動いていた。先に伊藤らから賛同を得ていたこともあり、話はスムーズに進み、谷川を中心とした青写真作りを開始した。谷川は実務は河口と山口に任せて、ニックネームの想を練った。ブラックベア、レインボー、ピジョン、カープを有力候補としたが、鯉は出世魚であるし、鯉のぼりは躍進の姿、太田川は鯉の名産地で広島城が鯉城と呼ばれていること、広島県のチームなら「カープ」をおいて他になし、と「広島カープ」と名付けた(詳細は後述)。谷川の要望で、中国新聞社が近く生まれる広島カープの宣伝を一手に引き受けることになり、河口の打診したところ中国新聞社代表取締役・築藤鞆一が大賛成した。広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 己斐

    己斐から見た広島電鉄広島電鉄

    地域内をJR西日本山陽本線および広島電鉄本線・宮島線が走り、己斐本町に西広島駅および広電西広島駅がある。また、己斐本町に宮島街道が走っており、西広島駅前交差点付近には前述の2駅のほかひろでん会館がある。己斐バスストップが広島電鉄本線および宮島線の広電西広島駅のすぐそばにあり、西広島駅バスストップがJR西日本山陽本線西広島駅のすぐそばにある。地域東部には茶臼山(通称「小茶臼」)があり、昔己斐城(平原城)があったことで知られる。また、地域南部には旭山()もあり、己斐古城(岩原城)があったという。己斐 フレッシュアイペディアより)

  • PASPY

    PASPYから見た広島電鉄広島電鉄

    PASPY(パスピー)は、広島県を中心とした広島地区の鉄軌道(広島電鉄・広島高速交通)・バス事業者各社局で導入されているサイバネ規格の非接触型ICカード乗車カードである。ICカード全国相互利用サービスに対応しており、Suica、PASMOなどが利用できる。PASPY フレッシュアイペディアより)

  • 鉄道車両の台車史

    鉄道車両の台車史から見た広島電鉄広島電鉄

    そのため、日本ではこの弾性車輪は新幹線開発の過程で試験が行われたものの、一般向けでは名古屋市交通局を除くと、1980年代中盤に広島電鉄がドイツ流のゴムブッシュ圧入式弾性車輪を使用する70形 (GT-8) をドルトムント市から輸入し、その保守を通じて運用ノウハウを習得するまで、約20年にわたって半ば忘れ去られた技術と化していた。鉄道車両の台車史 フレッシュアイペディアより)

  • 総合企画コーポレーション

    総合企画コーポレーションから見た広島電鉄広島電鉄

    2005年4月1日 広島電鉄が運行していた上荒神原線を引き継ぎ、急行飯室芸北線の運行を開始。総合企画コーポレーション フレッシュアイペディアより)

  • 大田哲哉

    大田哲哉から見た広島電鉄広島電鉄

    大田 哲哉(おおた てつや、1940年12月23日 - 2011年11月7日)は、日本の実業家、広島電鉄代表取締役会長。広島商工会議所会頭を務めた。大田哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • 千田町 (広島市)

    千田町 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    1912年(大正1年)11月:千田通りに広島電軌宇品線が開通。高等師範前・発電所前・御幸橋の各電停が開業。同社の事務所・火力発電所(現在の広島電鉄本社・千田車庫・千田町変電所)を設置。千田町 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 広電本社前停留場

    広電本社前停留場から見た広島電鉄広島電鉄

    広電本社前停留場(ひろでんほんしゃまえていりゅうじょう、広電本社前電停)は、広島県広島市中区千田町三丁目にある広島電鉄宇品線の路面電車停留場。広島電鉄の本社は当停留場の東に位置する。広電本社前停留場 フレッシュアイペディアより)

  • 広島ナタリー

    広島ナタリーから見た広島電鉄広島電鉄

    開業当初は、広島電鉄阿品駅(現在の阿品東駅)が最寄り駅で、国鉄の駅は宮島口駅と離れた位置にあった。1978年に、広島電鉄の新駅「田尻駅」(現・広電阿品駅)が出来、JR時代になってから1989年にJRの新駅阿品駅が出来た。広島ナタリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
470件中 1 - 10件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード