470件中 11 - 20件表示
  • 古江 (広島市)

    古江 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    古江は広島市中心部(紙屋町)から西へ約3から5km、同市西区に位置する地域。地域は南向きの斜面であり、地域内をJR西日本山陽本線および広島電鉄宮島線が東西に走っている。西広島バイパスより北が古江上、広島電鉄宮島線より南が古江新町、そしてこの二地域に挟まれた中央部のうち西側が古江西町、東側が古江東町である。古江東町と古江新町の境界付近に古江駅がある。西で田方、東で高須、南で庚午、北西で古田台と接する。古江 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • バスカード (広島県)

    バスカード (広島県)から見た広島電鉄広島電鉄

    カード自体の正式名称は発行事業者によって異なり、広島電鉄とエイチ・ディー西広島はパセオカード、アストラムラインはアストラムカード、その他のバス事業者はすべてバスカードであった。名称は違っており、パスネットやスルッとKANSAIのような共通利用システムに対するブランド名はなかったが、原則としてどの社局で発売されたカードでも加盟社局間相互に使用が可能であった。以下この記事内では特に事情のない限り「バスカード」で名称を統一する。バスカード (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 広島ガス

    広島ガスから見た広島電鉄広島電鉄

    設立当初は、大林組傘下の会社で、同様の経緯で設立された会社に「広島電気軌道株式会社」(現在の広島電鉄)がある。翌年以降に吸収合併された「尾道瓦斯株式会社」及び「呉瓦斯株式会社」も大林組関係者が代表を務めていた。大林組社主の大林芳五郎が、1913年(大正元年)の北浜銀行の破綻と、支援のための資金確保のために株式を放出したことにより、鈴木商店関連人物が新たな大株主になり、大林組傘下を外れている。その時に、鈴木商店の支援を受けた、実業家藤田謙一も2.5%の株式を所有する大株主(順位6位)になった。同様の経緯で『広島電気軌道株式会社』の株も鈴木商店が取得している。広島ガス フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史

    日本の鉄道史から見た広島電鉄広島電鉄

    サイパン島陥落以後、鉄道施設に対する空襲も本格化するようになり、駅や車両に甚大な被害が出たり、走行中の列車が艦載機の攻撃を受け、死者を出す例も発生した(湯の花トンネル列車銃撃事件など)。ただ、破壊された後に復旧が困難になる鉄橋に関しては、何故か大きな攻撃を受けることがなかった。とはいえ、沖縄県の鉄道のように地上戦の結果、完全に破壊される所も出るなど、日本の鉄道網は甚大な被害を受けた。しかし復旧へ向けての関係者の取り組みは早く、東京大空襲の翌日には一部の国電が動き、広島原爆投下の2日後には山陽本線、3日後には広島電鉄の一部区間が営業を再開したほどである。そして1945年(昭和20年)8月15日という玉音放送があった日も鉄道の運行は続けられ、国民を立ち直らせるのに一役買ったとも言われている。また、進駐してきたアメリカ軍が当初日本の鉄道は運行不可能になっていると予想し、ディーゼル機関車や貨車をフィリピン経由で輸入することにしていたが、鉄道が曲がりなりにも動いているのを見て驚き、それを中止させたという逸話も残っている。日本の鉄道史 フレッシュアイペディアより)

  • 車掌

    車掌から見た広島電鉄広島電鉄

    広島電鉄のレトロ電車では、単車ながら、レトロ感演出のためにワンマン機器を搭載されておらず、車掌が乗務している。なお同社では1000形以外の全ての連節車に車掌が乗務しているが、これは全長30mの車輛で運賃収受を行う降車口を複数確保するためで、特に観光用途としての意図がある訳ではない。アルバイト募集が随時行われている。車掌 フレッシュアイペディアより)

  • 広島駅

    広島駅から見た広島電鉄広島電鉄

    広島駅(ひろしまえき)は、広島県広島市南区松原町にある西日本旅客鉄道(JR西日本)・広島電鉄の駅。広島駅 フレッシュアイペディアより)

  • 広島バス

    広島バスから見た広島電鉄広島電鉄

    という社名を名乗っており、バスの車体には帝産グループ所属バスの特徴であるグレイハウンド犬が描かれていた。その後広島電鉄との関係を深め、1971年(昭和46年)9月8日から、独占禁止法の排除勧告を受け入れる1973年(昭和48年)7月まで、広島電鉄と広島バスが経営統合を行ったこともある(広電バス参照)。その時の取り決めで増岡組に株式が譲渡され、2013年2月現在も系列の鉄鋼ビルディングを含め65%強の株式を所有する大株主になっている。広島バス フレッシュアイペディアより)

  • 井口台

    井口台から見た広島電鉄広島電鉄

    広島電鉄によるバスである広電バスが運行され、団地内には8つのバス停が存在している。商工センター方面からはアルパーク()発の井口台パークタウン行がおおよそ1時間に1本の間隔で運行されている。この便はJR西日本山陽本線新井口駅、広島電鉄宮島線商工センター入口駅付近にある新井口駅バスストップ()を経由し、上り便2便(急行)を除き鈴が峰住宅経由である。広島市中心部からは、広島バスセンター発の井口台パークタウン行がおおよそ1時間に1本の間隔で運行されている。この便は、上り1便(市役所経由)を除き、JR西日本山陽本線西広島駅、広島電鉄宮島線広電西広島駅付近にある己斐バスストップ()を経由する。井口台 フレッシュアイペディアより)

  • 毘沙門台

    毘沙門台から見た広島電鉄広島電鉄

    1972年(昭和47年)10月、第一期工事が起工された。面積は503,951mで区画数は1061区画。1974年(昭和49年)、同区域が分譲され、現在の広島市毘沙門台1丁目、2丁目となる。地名の毘沙門台は、住宅団地を開発した広島電鉄の不動産事業が命名した。第一期工事区域の完成と同年の1976年(昭和51年)4月、第二期工事が起工される。面積は375,918mで941区画で、現在の広島市毘沙門台3丁目、4丁目となる。1980年(昭和55年)広島市が政令指定都市に指定され広島市安佐南区となり、安佐南区の発展に伴い、1986年(昭和61年)第三期工事が起工される。面積は228,536mで490区画。この区域(第三期)が広島市安佐南区毘沙門台東となる。毘沙門台 フレッシュアイペディアより)

  • 楽々園 (広島市)

    楽々園 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    塩田を埋め立てた埋立地であるため、平坦な地形である。北部を広島電鉄宮島線が走り、地域内に楽々園駅が存在する。また、その南には国道2号線が並走している。中央部にはショッピングセンター「ファミリータウン広電楽々園」があり、南西部に広島市立楽々園小学校がある。楽々園 (広島市) フレッシュアイペディアより)

470件中 11 - 20件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード