470件中 21 - 30件表示
  • 草津町 (広島県)

    草津町 (広島県)から見た広島電鉄広島電鉄

    1870年(明治3年)、沖合に造成された広大な庚午新開は、1889年の町村制発足により佐伯郡草津村が設置されると、その全体が村域に編入された。1909年(明治42年)には町制が施行され草津町と改称した。新開地である庚午がサツマイモ・大根などの栽培が盛んな野菜の産地であったのと対照的に、草津では住民の多くが水産物の漁獲・加工・販売などに従事していた。1922年(大正11年)には広島瓦斯電軌(現・広島電鉄)宮島線が己斐から草津まで延長され駅が設置された。そして1929年(昭和4年)の広島市編入に至る。草津町 (広島県) フレッシュアイペディアより)

  • 鷹野橋 (広島市)

    鷹野橋 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    「鷹野橋」は住居表示としては使用されていない(それゆえ先述の通り表記も一定しない)が、地区内にあるタカノ橋商店街や、広島電鉄市内電車の鷹野橋電停(電停自体は千田町一丁目に所在)にその名を止めており、大多数の市民も、大手町五丁目の商店街を中心とした地区を「鷹野橋」と呼んでいる。鷹野橋 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 御幸橋 (広島市)

    御幸橋 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    中央に広島電鉄の軌道、その両側に車道と歩道がある併用橋である。御幸橋 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 己斐町

    己斐町から見た広島電鉄広島電鉄

    1889年(明治22年)、町村制発足により佐伯郡己斐村が発足、1897年(明治30年)には村内を通る山陽鉄道(現在のJR山陽本線)の広島 - 徳山が開通すると己斐駅(現在の西広島駅)が開業した。同駅は乗降客も多く、1906年(明治39年)には乗合馬車組合が設立され広島市内および郊外(廿日市方面)の路線を運行した。1911年(明治44年)には町制施行により佐伯郡己斐町と改称、1912年(大正元年)には広島市内から広島電軌(現在の広島電鉄)の路面電車線が己斐まで延長され己斐駅が開業した。電車線は1922年(大正11年)に至って己斐から草津まで延伸(現在の広島電鉄宮島線)、己斐は広島西部の陸上交通の玄関口としての位置を占めるに至った。これらを背景に町民の職業は専業農家が極めて少数となったのに対し商工業が多数を占めるようになり、広島市内への通勤者のための郊外住宅地としての性格が強くなった。その一方で江戸時代以来の植木・盆栽・花卉類の栽培は相変わらず盛んであった。そして1929年(昭和4年)の広島市への編入合併に至る。己斐町 フレッシュアイペディアより)

  • 皆実町 (広島市)

    皆実町 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    1915年(大正4年):村内に広島瓦斯電軌(現・広島電鉄)宇品線(御幸橋東詰〜宇品間)が開通。御幸橋東詰電停を設置(その後廃止)。皆実町 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 宮島松大汽船

    宮島松大汽船から見た広島電鉄広島電鉄

    宮島松大汽船株式会社(みやじままつだいきせん)は、広島電鉄グループのフェリー・旅客船会社。本社は広島県廿日市市宮島町。この項目では、松大汽船が運航する宮島航路及び、広島電鉄の前身の広島瓦斯電軌が直営していた「新宮島航路」についても併せて説明する。宮島松大汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 江波車庫

    江波車庫から見た広島電鉄広島電鉄

    江波車庫(えばしゃこ)は、広島県広島市中区江波西1丁目にある、広島電鉄の路面電車の車庫、及び広電バスの路線バスの車庫(都市圏輸送営業部・江波営業課)である。なお、電車の運行管理を行う電車事業本部・電車営業部江波出張所も併設されている。江波車庫 フレッシュアイペディアより)

  • 天然温泉 ほの湯

    天然温泉 ほの湯から見た広島電鉄広島電鉄

    広島駅より広電路面電車1号線・5号線に乗車後、宇品二丁目で下車、徒歩10分天然温泉 ほの湯 フレッシュアイペディアより)

  • サロンシネマ

    サロンシネマから見た広島電鉄広島電鉄

    アクセス : 広島電鉄宇品線鷹野橋電停から西に徒歩2分(150m)、広島バス鷹の橋バス停から徒歩2分サロンシネマ フレッシュアイペディアより)

  • 古田村

    古田村から見た広島電鉄広島電鉄

    1889年(明治22年)、古江村および山田村が合併され古田村が新設された。広島向けの果実や蔬菜の栽培が農業の中心で特に「古江のイチジク、高須のモモ」は広島市場で人気を博した。1897年(明治30年)の山陽鉄道(現JR山陽本線)開通に際して村内に駅は設けられなかったが、1922年(大正11年)の広島瓦斯電軌(現広島電鉄)宮島線の開通により高須・古江の2駅が開業された。この結果古江においては広島市中心部への交通アクセスが格段によくなり次第に宅地化が進行した。そして1929年(昭和4年)の広島市への編入合併に至る。古田村 フレッシュアイペディアより)

470件中 21 - 30件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード