397件中 21 - 30件表示
  • 楽々園遊園地

    楽々園遊園地から見た広島電鉄広島電鉄

    1936年(昭和11年)9月に広島瓦斯電軌(広島電鉄の前身)により開園。当時全国的に行われていた鉄道会社による沿線娯楽施設の一つであった。名称は「電車で楽々行ける遊園地」というキャッチフレーズに由来する。第二次世界大戦中は物資の集積場として利用され、戦後は一時さびれたが、1950年代に新しい遊具が増えると大レジャーランドとなり市民として親しまれた。その後、海水浴場の閉鎖により集客数は減少し、1972年(昭和47年)に閉鎖された。現在は跡地の一角にショッピングセンター・ファミリータウンが建設されている。また「楽々園」の地名は閉園後も旧五日市町・佐伯区の住所表示として存続しているため、現在では広島近辺で単に「楽々園」といえば、遊園地の跡地およびその周辺に所在する住宅地と一般的には理解されている。楽々園遊園地 フレッシュアイペディアより)

  • 紙屋町・八丁堀

    紙屋町・八丁堀から見た広島電鉄広島電鉄

    紙屋町交差点周辺には、金融機能の他に広島市中央公園や原爆ドームを中心とした運動施設・大規模集客施設・観光地が集中しており、紙屋町・八丁堀地区は、同市のビジネス・商業・観光の複合都心として機能している。また、この交差点周辺には、路面電車(広電)、バス(広島バスセンター)、新交通システム(アストラムライン)のターミナルが集中し、それらが地下街のシャレオによって有機的に結合している。より広域的なターミナルのJR広島駅と並び、紙屋町は広島都市圏の交通の要衝となっている。紙屋町・八丁堀 フレッシュアイペディアより)

  • 備北交通

    備北交通から見た広島電鉄広島電鉄

    備北交通(びほくこうつう)は、広島県北部をエリアとする路線バス・貸切バスの会社で、広電グループの企業(広島電鉄の連結子会社)である。備北交通 フレッシュアイペディアより)

  • 舟入 (広島市)

    舟入 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    1943年 広島市江波町南側の造成埋立地に三菱重工広島造船所江波工場が操業を開始、造船所の通勤輸送力を強化するため、軍の要請により広島電鉄江波線が土橋電停から舟入本町電停まで複線で開通した。舟入 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • 毘沙門台 (広島市)

    毘沙門台 (広島市)から見た広島電鉄広島電鉄

    地名の毘沙門台は,住宅団地を開発した広島電鉄の不動産事業が命名した。第一期工事区域の完成と同年の1976年(昭和51年)4月、第二期工事が起工される。面積は375,918?で941区画で、現在の広島市毘沙門台3丁目、4丁目となる。1980年(昭和55年)広島市が政令指定都市に指定され広島市安佐南区となる。毘沙門台 (広島市) フレッシュアイペディアより)

  • ワンマン運転

    ワンマン運転から見た広島電鉄広島電鉄

    路面電車では名古屋市電が合理化策として、郊外閑散路線の下之一色線・築地線で1954年2月から実施したのが最初である。ワンマン電車の普及が進むと同時に、路面電車自体が廃止により激減したこともあり、現存するほとんどの路面電車がワンマン運転である。なお、広島電鉄・熊本市交通局では連接車を中心に車掌を乗務させている。ワンマン運転 フレッシュアイペディアより)

  • 島田洋七

    島田洋七から見た広島電鉄広島電鉄

    1982年10月17日にテレビ朝日系で放送された刑事ドラマ『西部警察 PART-II』第18話「広島市街パニック!!」は、広島市内を中心としたロケで終盤には広島電鉄の路面電車を爆破するなど、大がかりなアクションシーンで、同ドラマの傑作選として今でもよく再放送されて有名であるが、B&Bはこの回のゲストとして出演している。役柄は洋七がにしき堂の従業員で、広電の市内電車をジャックした犯人に狙われるという設定で、実際ににしき堂の本社・工場でロケが行われた。一方、洋八は洋七の友人役で同じく地元企業であるチチヤスヨーグルトの工場で働く従業員という設定であった。(詳細→広島電鉄)島田洋七 フレッシュアイペディアより)

  • 芸陽バス

    芸陽バスから見た広島電鉄広島電鉄

    芸陽バス(げいようバス、)は、広島県中央部をエリアとする路線バス・貸切バスの会社で、広電グループの企業(広島電鉄の連結子会社)である。芸陽バス フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄3700形電車

    広島電鉄3700形電車から見た広島電鉄広島電鉄

    広島電鉄3700形電車(ひろしまでんてつ3700かたでんしゃ)とは、1984年に登場した広島電鉄の路面電車である。愛称は「ぐりーんらいなー」(3950形まではこの愛称が付く)。広島電鉄3700形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄70形電車

    広島電鉄70形電車から見た広島電鉄広島電鉄

    広島電鉄70形電車(ひろしまでんてつ70かたでんしゃ)とは、広島電鉄の路面電車である。3車体8軸の全鋼製連節車で、1959年デュワグ(DUEWAG)社製。1982年に西ドイツのドルトムント市電(ドルトムント都市事業 Dortmunder Stadtwerke AG)より移籍した。76、77 の2編成が存在したが、77 は2006年1月に廃車解体。76 は2012年7月よりイートインスペースになっている。広島電鉄70形電車 フレッシュアイペディアより)

397件中 21 - 30件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード

  • Oracle OpenWorld 2016

  • 閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS

  • 閃乱カグラ NewWave Gバースト