前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島ガス

    現在の会社は、1942年(昭和17年)4月10日に「広島瓦斯電軌株式会社」(現在の広島ガス)から運輸事業を分離して設立された。前身の会社を含めると、「広島電気軌道株式会社」として1910年(明治43年)6月18日に設立された。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た西日本旅客鉄道

    IC乗車カード『PASPY』が、バスと電車全線、グループ会社の宮島松大汽船、宮島ロープウエーで利用できる。また、JR西日本の『ICOCA』も利用できる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た第一交通産業

    1997年(平成9年)12月 - 広電タクシーの運輸事業を第一交通産業に売却、広電興産に社名変更する。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島市

    本社は広島県広島市中区東千田町2丁目9番29号。開業時及び広島電鉄設立より当地に本社が置かれているが、1945年(昭和20年)の広島市への原子爆弾投下から翌年の8月30日まで楽々園に本社が置かれていたことがある。また広島瓦斯電軌時代は、現在の広島市中区大手町に本社を置いていた時期もある。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たアルストム

    軽快電車をさらに進化させた、バリアフリー対応の超低床電車の導入も1990年代から検討され、先行するヨーロッパの主要車両メーカへ日本の気候に合った100%低床車両の可能性を問い合わせていた。3950形増備の前年時点で、アルナ工機・住友金属工業・東洋電機製造で検討したが、日本の国産部品を使って、床高を79cmから75cmにするのが限界で、コストの関係で一旦は国産低床車の導入は断念した。そのことで、先行して実用化していた日本国外のメーカーから輸入する方針に転換。アドトランツ・シーメンス・アルストムなどが検討され、1999年(平成11年)よりドイツシーメンス製のGREEN MOVER5000形を導入した。5000形は完成が遅れ船便で送った場合に、到着時期が政府の補助金給付期限を過ぎてしまうため、大型輸送機(An-124)で空輸。広島空港には鉄道ファンと航空ファンが集まり、マスコミに多く報道された。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た京王電鉄

    市内線は、1917年(大正6年)の11月に現在の横川線の一部となる左官町 - 三篠間が開通。1919年(大正8年)5月に御幸橋の軌道専用橋が完成し、宇品線が1本につながった。1921年(大正10年)に大阪市電より後にB形になる車両(2代目101-110号)を10両購入。それに伴い、元々の101-150号車を1-50号に改番した。1925年(大正14年)4月に2013年現在広電最古参となる後に150形(E形)になる車両(151-160号)を導入。同年6月頃より、宮島線の車両に倣う形で、車体左下部に0形には「A」、100形(2代)には「B」、150形には「E」の文字が付記された。1927年(昭和2年)に大阪市電よりB形(2代目100形)を20両追加購入。1930年(昭和5年)にG形(後の初代200形)を10両導入。1935年(昭和10年)12月に御幸橋東詰 - 宇品間が複線になった新線に移動した。1933年から1934年頃にかけてポールが2本から1本に変更された。1937年(昭和12年)に千田車庫で火災が発生。被害車両の復旧で100形(初代)11両が450形になった。1938年(昭和13年)に大阪市電より市内線初のボギー車になる300形を5両、京王電気軌道(現在の京王電鉄)より23形を10両購入し500形(初代)とした。またB形を全車更新し400形になった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た日本車輌製造

    直通形車両も増備され、550形551をはじめ、1958年(昭和33年)3月には850形を3両導入。1960年(昭和35年)より2000形、1961年(昭和36年)より2500形の導入を開始した。2004号については、経費削減や広電のチャレンジ精神より、日本車輌製造が製造したフレームに、自社で鋼製車体を組み立て、1962年(昭和37年)11月に竣工した。2000形については同年末までに合計6両を製造。その後、2500形についても同様に製造した車両がある。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た大林組

    創立当初は、大林組傘下の企業で、同様の経緯によって作られた会社に広島ガスがある。また、その2社は「広島瓦斯電軌株式会社」として1つの会社だった時期もある。大林組社主の大林芳五郎が北浜銀行の破綻と、その資金支援のため広島瓦斯株式を1913年(大正2年)から1914年(大正3年)に放出。広島電気軌道についても、1916年(大正6年)大林芳五郎の没後、後継者の大林義雄が株を継承した物の社長は空位、その後、大林組傘下を離脱。両社とも、鈴木商店の支援を得て、実業家の藤田謙一に株式が売却されて、同時期に、同一人物が社長だったこと、需要のピークがガスと路面電車で異なることより、広島瓦斯との合併となった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広電観光

    1954年(昭和29年)6月10日 - 広電観光設立。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た三菱重工業

    さらに、戦時中の1945年(昭和20年)7月に、三菱重工業広島機械製作所への行員輸送のため、天満町から昭和新開(現・観音新町)間(約3km)の特許を得た。資材に関しては、三菱重工業からの提供および白島線の単線化でまかなうとされた。しかし、同年8月の広島市への原爆投下で、市内線は壊滅的な被害を受け工事に着手できず、1959年(昭和34年)に起業廃止申請を行い特許は失効した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
241件中 1 - 10件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード

  • Oracle OpenWorld 2016

  • 閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS

  • 閃乱カグラ NewWave Gバースト