289件中 91 - 100件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た太田川放水路

    道路中央部への移設のほか線路の付け替えも行われ、1956年(昭和31年)には左官町(現・本川町)周辺の線路の付け替え、1964年(昭和39年)には太田川放水路および福島川の廃川による観音町-己斐間の付け替えが行われた。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島瓦斯電軌E形電車

    市内線は、1917年(大正6年)の11月に現在の横川線の一部となる左官町 - 三篠間が開通。1919年(大正8年)5月に御幸橋の軌道専用橋が完成し、宇品線が1本につながった。1921年(大正10年)に大阪市電より後にB形になる車両(2代目101-110号)を10両購入。それに伴い、元々の101-150号車を1-50号に改番した。1925年(大正14年)4月に2013年現在広電最古参となる後に150形(E形)になる車両(151-160号)を導入。同年6月頃より、宮島線の車両に倣う形で、車体左下部に0形には「A」、100形(2代)には「B」、150形には「E」の文字が付記された。1927年(昭和2年)に大阪市電よりB形(2代目100形)を20両追加購入。1930年(昭和5年)にG形(後の初代200形)を10両導入。1935年(昭和10年)12月に御幸橋東詰 - 宇品間が複線になった新線に移動した。1933年から1934年頃にかけてポールが2本から1本に変更された。1937年(昭和12年)に千田車庫で火災が発生。被害車両の復旧で100形(初代)11両が450形になった。1938年(昭和13年)に大阪市電より市内線初のボギー車になる300形を5両、京王電気軌道(現在の京王電鉄)より23形を10両購入し500形(初代)とした。またB形を全車更新し400形になった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島瓦斯電軌C形電車

    宮島線は、1919年(大正8年)3月7日に広島軽便鉄道が、己斐 - 草津間の免許を取得。同年4月18日に、広島瓦斯電軌に免許は譲渡された。同年6月に鉄道院に対し、敷設権の継承、草津町-大野村間の免許申請、動力を蒸気機関から電気への変更申請を行い、同年9月25日に許可され同年11月16日に宮島線の建設が始まった。1922年(大正11年)8月に宮島線の第一期工事区間である己斐町 - 草津町間が開通。それに併せて同年6月にC形(後の1000形)を導入した。1924年(大正13年)4月に第二期工事区間である草津町 - 廿日市町間が延長。それに併せて1923年(大正12年)12月にD形(後の1010形)を導入した。1925年(大正14年)7月に廿日市町 - 地御前間が開通。それに併せて同月F形(後の1020形)を導入。それと同時に宮島に向かう連絡船が開業した。1926年(大正15年)7月に地御前 - 新宮島間が開通し、連絡船に接続した。1931年(昭和6年)2月に新宮島 - 電車宮島(現在の広電宮島口)間が開業し、宮島線が全通した。同日連絡船事業は廃止。それに併せて1930年(昭和5年)にはH形(後の1030形)を導入した。1937年(昭和12年)の火災では、C形・D形1両ずつ、計2両が被災。足回りなどを流用し、1941年(昭和16年)に半鋼製の1040形として復旧した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄600形電車 (初代)

    当時の国の政策により、1942年(昭和17年)1月30日に 臨時株主総会で、運輸部門の分離を可決。同年2月2日に、内務省および鉄道省に軌道譲渡許可申請を、鉄道省に地方鉄道譲渡許可申請・旅客自動車運輸事業譲渡許可申請を各省庁に申請した。同年4月4日に、各運輸事業に関する、譲渡許可が下り、1942年(昭和17年)4月10日、広島瓦斯電軌の交通事業部門が分離して広島電鉄となった。この年、600形(初代)、650形が導入された。1943年(昭和18年)12月に現在の江波線の一部となる土橋 - 舟入本町間が開通。1944年(昭和19年)6月に舟入本町 - 舟入南町間が単線で開通。翌7月に宮島線の廿日市 - 電車宮島間が単線化。その線路を使い、12月に皆実線が開通。1945年(昭和20年)3月に舟入本町 - 舟入南町間が複線化された。この頃に、現在の路線網がほぼでき上がっていたことになる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島瓦斯電軌1040形電車

    宮島線は、1919年(大正8年)3月7日に広島軽便鉄道が、己斐 - 草津間の免許を取得。同年4月18日に、広島瓦斯電軌に免許は譲渡された。同年6月に鉄道院に対し、敷設権の継承、草津町-大野村間の免許申請、動力を蒸気機関から電気への変更申請を行い、同年9月25日に許可され同年11月16日に宮島線の建設が始まった。1922年(大正11年)8月に宮島線の第一期工事区間である己斐町 - 草津町間が開通。それに併せて同年6月にC形(後の1000形)を導入した。1924年(大正13年)4月に第二期工事区間である草津町 - 廿日市町間が延長。それに併せて1923年(大正12年)12月にD形(後の1010形)を導入した。1925年(大正14年)7月に廿日市町 - 地御前間が開通。それに併せて同月F形(後の1020形)を導入。それと同時に宮島に向かう連絡船が開業した。1926年(大正15年)7月に地御前 - 新宮島間が開通し、連絡船に接続した。1931年(昭和6年)2月に新宮島 - 電車宮島(現在の広電宮島口)間が開業し、宮島線が全通した。同日連絡船事業は廃止。それに併せて1930年(昭和5年)にはH形(後の1030形)を導入した。1937年(昭和12年)の火災では、C形・D形1両ずつ、計2両が被災。足回りなどを流用し、1941年(昭和16年)に半鋼製の1040形として復旧した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たPASPY

    電子マネー(交通系ICカード)は、広島県バス協会が発行する『PASPY』の利用ができ、系列会社のエイチ・ディー西広島・芸陽バス・備北交通・宮島松大汽船・宮島ロープウエーでも利用できる。また、片乗り入れで西日本旅客鉄道(JR西日本)の『ICOCA』が利用できる。その他のSuicaやPASMO等の交通系ICカードは2018年3月17日から利用できる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た小網町停留場

    市内線についても、広電社員と軍(東京電信隊など40名)の協力により、電柱をトラックとロープを使い立て直し、暁部隊が所有していたマスト300本も活用、さらに電線を引き直すなど行い、廿日市変電所から送電を行うことで、早くも8月9日には己斐から西天満町(現在の天満町)までの間で折り返し運転を再開した。復旧は単線で行われた。男性乗務員が多数兵役に出ていたため、広島電鉄家政女学校の女子学生が終戦まで運転士としての業務を行っていた。その時使われた車両は、2両、または3両であった。運行再開時に運賃が払えない乗客に対しては無理に請求を行わず、運行再開は途方にくれる市民を大いに勇気付けたとされている。終戦直前の14日には小網町まで復旧した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島瓦斯電軌G形電車

    市内線は、1917年(大正6年)の11月に現在の横川線の一部となる左官町 - 三篠間が開通。1919年(大正8年)5月に御幸橋の軌道専用橋が完成し、宇品線が1本につながった。1921年(大正10年)に大阪市電より後にB形になる車両(2代目101-110号)を10両購入。それに伴い、元々の101-150号車を1-50号に改番した。1925年(大正14年)4月に2013年現在広電最古参となる後に150形(E形)になる車両(151-160号)を導入。同年6月頃より、宮島線の車両に倣う形で、車体左下部に0形には「A」、100形(2代)には「B」、150形には「E」の文字が付記された。1927年(昭和2年)に大阪市電よりB形(2代目100形)を20両追加購入。1930年(昭和5年)にG形(後の初代200形)を10両導入。1935年(昭和10年)12月に御幸橋東詰 - 宇品間が複線になった新線に移動した。1933年から1934年頃にかけてポールが2本から1本に変更された。1937年(昭和12年)に千田車庫で火災が発生。被害車両の復旧で100形(初代)11両が450形になった。1938年(昭和13年)に大阪市電より市内線初のボギー車になる300形を5両、京王電気軌道(現在の京王電鉄)より23形を10両購入し500形(初代)とした。またB形を全車更新し400形になった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た大阪市電

    市内線は、1917年(大正6年)の11月に現在の横川線の一部となる左官町 - 三篠間が開通。1919年(大正8年)5月に御幸橋の軌道専用橋が完成し、宇品線が1本につながった。1921年(大正10年)に大阪市電より後にB形になる車両(2代目101-110号)を10両購入。それに伴い、元々の101-150号車を1-50号に改番した。1925年(大正14年)4月に2013年現在広電最古参となる後に150形(E形)になる車両(151-160号)を導入。同年6月頃より、宮島線の車両に倣う形で、車体左下部に0形には「A」、100形(2代)には「B」、150形には「E」の文字が付記された。1927年(昭和2年)に大阪市電よりB形(2代目100形)を20両追加購入。1930年(昭和5年)にG形(後の初代200形)を10両導入。1935年(昭和10年)12月に御幸橋東詰 - 宇品間が複線になった新線に移動した。1933年から1934年頃にかけてポールが2本から1本に変更された。1937年(昭和12年)に千田車庫で火災が発生。被害車両の復旧で100形(初代)11両が450形になった。1938年(昭和13年)に大阪市電より市内線初のボギー車になる300形を5両、京王電気軌道(現在の京王電鉄)より23形を10両購入し500形(初代)とした。またB形を全車更新し400形になった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄2500形電車

    直通形車両も増備され、550形551をはじめ、1958年(昭和33年)3月には850形を3両導入。1960年(昭和35年)より2000形、1961年(昭和36年)より2500形の導入を開始した。2004号については、経費削減や広電のチャレンジ精神より、日本車輌製造が製造したフレームに、自社で鋼製車体を組み立て、1962年(昭和37年)11月に竣工した。2000形については同年末までに合計6両を製造。その後、2500形についても同様に製造した車両がある。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

289件中 91 - 100件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード