241件中 91 - 100件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄550形電車

    市内線車両は、1951年(昭和26年)3月には800形(初代)を10両導入。同じ年に150形の車体更新が始まった。1953年(昭和28年)9月には500形(2代)を5両導入。その年に更新を受けなかった100形(初代)は全車廃車になった。1955年(昭和30年)3月には550形を5両導入。551のみ製造当初は間接制御を採用し、宮島線との直通許可を受けていた。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た路面電車

    広島電鉄のバスは青バス(広電バス)、路面電車は電車(広電電車)と呼ばれている。ただし、現在では青バスはJRバス(中国ジェイアールバス)を指すことが多く、広電バスは「緑のバス」と言い、若年層の間で誤解・誤乗車などのトラブルが生じている。また、近年のイメージカラーは緑色で、路面電車車両に『ぐりーんらいなー』や『グリーンムーバー』、広電が関わる商業ビルや飲食店に『トランヴェール』(フランス語で「緑色の電車」を意味)などの愛称を付けている。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄900形電車

    市内線には、1966年(昭和41年)より大阪市電から750形および900形を、1971年(昭和46年)に神戸市電より570形および1100形・1150形を購入した。それにより広電に残っていた二軸単車を置き換え、1966年(昭和41年)に200形(初代)、1969年(昭和44年)に400形・450形、1971年に150形が全車廃車になり、二軸単車が全車廃車になり、車両の大型化を完了した。またボギー車も、1972年(昭和47年)に600形(初代)が全車廃車。700形(初代)が1972年(昭和47年)までに4両廃車、800形(初代)が1976年(昭和51年)までに9両廃車になった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島市への原爆投下

    1945年(昭和20年)8月6日 - 広島市への原爆投下。市内線全線不通になる。本社を楽々園に移動。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島瓦斯電軌300形電車

    市内線は、1917年(大正6年)の11月に現在の横川線の一部となる左官町 - 三篠間が開通。1919年(大正8年)5月に御幸橋の軌道専用橋が完成し、宇品線が1本につながった。1921年(大正10年)に大阪市電より後にB形になる車両(2代目101-110号)を10両購入。それに伴い、元々の101-150号車を1-50号に改番した。1925年(大正14年)4月に2013年現在広電最古参となる後に150形(E形)になる車両(151-160号)を導入。同年6月頃より、宮島線の車両に倣う形で、車体左下部に0形には「A」、100形(2代)には「B」、150形には「E」の文字が付記された。1927年(昭和2年)に大阪市電よりB形(2代目100形)を20両追加購入。1930年(昭和5年)にG形(後の初代200形)を10両導入。1935年(昭和10年)12月に御幸橋東詰 - 宇品間が複線になった新線に移動した。1933年から1934年頃にかけてポールが2本から1本に変更された。1937年(昭和12年)に千田車庫で火災が発生。被害車両の復旧で100形(初代)11両が450形になった。1938年(昭和13年)に大阪市電より市内線初のボギー車になる300形を5両、京王電気軌道(現在の京王電鉄)より23形を10両購入し500形(初代)とした。またB形を全車更新し400形になった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄3700形電車

    1980年(昭和55年)に久方ぶりの新車になる3500形を導入。軽快電車のはしりになった。当初は開発委員会が所有していたが、1981年(昭和56年)に広電が購入した。1982年(昭和57年)より、廃車になった車両の中古モーターを利用したセミ軽快電車700形(2代)。1983年(昭和58年)より800形(2代)、1984年(昭和59年)より3700形、1987年(昭和62年)より3800形、1990年(平成2年)より3900形、1997年(平成9年)より3950形が導入された。3800形に関しては当時としては珍しいVVVFインバーター制御を採用している。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄3800形電車

    1980年(昭和55年)に久方ぶりの新車になる3500形を導入。軽快電車のはしりになった。当初は開発委員会が所有していたが、1981年(昭和56年)に広電が購入した。1982年(昭和57年)より、廃車になった車両の中古モーターを利用したセミ軽快電車700形(2代)。1983年(昭和58年)より800形(2代)、1984年(昭和59年)より3700形、1987年(昭和62年)より3800形、1990年(平成2年)より3900形、1997年(平成9年)より3950形が導入された。3800形に関しては当時としては珍しいVVVFインバーター制御を採用している。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄1150形電車

    市内線には、1966年(昭和41年)より大阪市電から750形および900形を、1971年(昭和46年)に神戸市電より570形および1100形・1150形を購入した。それにより広電に残っていた二軸単車を置き換え、1966年(昭和41年)に200形(初代)、1969年(昭和44年)に400形・450形、1971年に150形が全車廃車になり、二軸単車が全車廃車になり、車両の大型化を完了した。またボギー車も、1972年(昭和47年)に600形(初代)が全車廃車。700形(初代)が1972年(昭和47年)までに4両廃車、800形(初代)が1976年(昭和51年)までに9両廃車になった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た鈴峯女子短期大学

    広島ガス統合時代に設立された財団法人広島瓦斯電軌学園は、現在は学校法人鈴峯学園(鈴峯女子短期大学・鈴峯女子中学校・高等学校を設置)に改組・改称し、現在でも学園関係者に広電及び広島ガス出身者が多い。他に広島ガス統合時代の名残りとして、現在も当社の健康保険組合は「広島ガス電鉄健康保険組合」として、広島ガスと共同で運営している。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島地区共通カード

    2011年(平成23年)3月31日の営業をもって広島地区共通カードの利用が終了し、磁気カードリーダーは乗換えカードとフリー乗車券専用となった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

241件中 91 - 100件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード

  • Oracle OpenWorld 2016

  • 閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS

  • 閃乱カグラ NewWave Gバースト