241件中 11 - 20件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た宮島松大汽船

    IC乗車カード『PASPY』が、バスと電車全線、グループ会社の宮島松大汽船、宮島ロープウエーで利用できる。また、JR西日本の『ICOCA』も利用できる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たシーメンス

    軽快電車をさらに進化させた、バリアフリー対応の超低床電車の導入も1990年代から検討され、先行するヨーロッパの主要車両メーカへ日本の気候に合った100%低床車両の可能性を問い合わせていた。3950形増備の前年時点で、アルナ工機・住友金属工業・東洋電機製造で検討したが、日本の国産部品を使って、床高を79cmから75cmにするのが限界で、コストの関係で一旦は国産低床車の導入は断念した。そのことで、先行して実用化していた日本国外のメーカーから輸入する方針に転換。アドトランツ・シーメンス・アルストムなどが検討され、1999年(平成11年)よりドイツシーメンス製のGREEN MOVER5000形を導入した。5000形は完成が遅れ船便で送った場合に、到着時期が政府の補助金給付期限を過ぎてしまうため、大型輸送機(An-124)で空輸。広島空港には鉄道ファンと航空ファンが集まり、マスコミに多く報道された。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た呉市交通局

    2012年(平成24年)4月1日 - 呉市営バスから全路線を移管(呉市営バスは3月31日限りで事業廃止)。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た住友金属工業

    軽快電車をさらに進化させた、バリアフリー対応の超低床電車の導入も1990年代から検討され、先行するヨーロッパの主要車両メーカへ日本の気候に合った100%低床車両の可能性を問い合わせていた。3950形増備の前年時点で、アルナ工機・住友金属工業・東洋電機製造で検討したが、日本の国産部品を使って、床高を79cmから75cmにするのが限界で、コストの関係で一旦は国産低床車の導入は断念した。そのことで、先行して実用化していた日本国外のメーカーから輸入する方針に転換。アドトランツ・シーメンス・アルストムなどが検討され、1999年(平成11年)よりドイツシーメンス製のGREEN MOVER5000形を導入した。5000形は完成が遅れ船便で送った場合に、到着時期が政府の補助金給付期限を過ぎてしまうため、大型輸送機(An-124)で空輸。広島空港には鉄道ファンと航空ファンが集まり、マスコミに多く報道された。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た東洋電機製造

    軽快電車をさらに進化させた、バリアフリー対応の超低床電車の導入も1990年代から検討され、先行するヨーロッパの主要車両メーカへ日本の気候に合った100%低床車両の可能性を問い合わせていた。3950形増備の前年時点で、アルナ工機・住友金属工業・東洋電機製造で検討したが、日本の国産部品を使って、床高を79cmから75cmにするのが限界で、コストの関係で一旦は国産低床車の導入は断念した。そのことで、先行して実用化していた日本国外のメーカーから輸入する方針に転換。アドトランツ・シーメンス・アルストムなどが検討され、1999年(平成11年)よりドイツシーメンス製のGREEN MOVER5000形を導入した。5000形は完成が遅れ船便で送った場合に、到着時期が政府の補助金給付期限を過ぎてしまうため、大型輸送機(An-124)で空輸。広島空港には鉄道ファンと航空ファンが集まり、マスコミに多く報道された。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島観光開発

    1956年(昭和31年)8月1日 - 広島観光開発設立。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たライトレール

    1990年(平成2年)に欧州視察を行うなど、路面電車が急速に見直される中で新時代の公共交通機関を目指してLRT化に積極的に取り組んでいる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄650形電車

    当時の国の政策により、1942年(昭和17年)1月30日に 臨時株主総会で、運輸部門の分離を可決。同年2月2日に、内務省および鉄道省に軌道譲渡許可申請を、鉄道省に地方鉄道譲渡許可申請・旅客自動車運輸事業譲渡許可申請を各省庁に申請した。同年4月4日に、各運輸事業に関する、譲渡許可が下り、1942年(昭和17年)4月10日、広島瓦斯電軌の交通事業部門が分離して広島電鉄となった。この年、600形(初代)、650形が導入された。1943年(昭和18年)12月に現在の江波線の一部となる土橋 - 舟入本町間が開通。1944年(昭和19年)6月に舟入本町 - 舟入南町間が単線で開通。翌7月に宮島線の廿日市 - 電車宮島間が単線化。その線路を使い、12月に皆実線が開通。1945年(昭和20年)3月に舟入本町 - 舟入南町間が複線化された。この頃に、現在の路線網がほぼでき上がっていたことになる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た中国新聞

    超低床型電車については、2012年(平成24年)内に5100形を3両編成に短縮して追加導入する計画がある。中国新聞2012年11月23日付けの報道によると、同車両は2013年(平成25年)2月から白島線に導入され、白島線と江波線を直通する系統として運行する計画があることが報じられている。また、2012年12月18日付けの広電のプレスリリースによると、2013年2月14日に3車体2台車の2編成(1001号・1002号)が登場し、うち1編成はタイアップラッピングが施されることが明らかにした。2013年2月6日に、1000形(2代目)を同年2月15日から導入すると発表した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広電ストア

    1960年(昭和35年)3月1日 - 広電興産(現在の広電ストア、現在の広電興産とは別)設立。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

241件中 11 - 20件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード

  • Oracle OpenWorld 2016

  • 閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS

  • 閃乱カグラ NewWave Gバースト