289件中 21 - 30件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た中国新聞

    中国新聞2012年11月23日付けの報道で、3両編成の新しい超低床車両を2013年(平成25年)2月から白島線に導入し、白島線と江波線を直通する系統として運行する計画があることが報じられた。2012年12月18日付けの広電のプレスリリースで、2013年2月14日に3車体2台車の2編成(1001号・1002号)が登場し、うち1編成はタイアップラッピングが施されることが発表され、2013年2月15日からこの超低床車両1000形(2代目)の営業運行が開始された。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た備北交通

    電子マネー(交通系ICカード)は、広島県バス協会が発行する『PASPY』の利用ができ、系列会社のエイチ・ディー西広島・芸陽バス・備北交通・宮島松大汽船・宮島ロープウエーでも利用できる。また、片乗り入れで西日本旅客鉄道(JR西日本)の『ICOCA』が利用できる。その他のSuicaやPASMO等の交通系ICカードは2018年3月17日から利用できる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広電ストア

    1960年(昭和35年)3月1日 - 広電興産(現在の広電ストア、現在の広電興産とは別)設立。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たひろでん中国新聞旅行

    2002年(平成14年)12月24日 - ひろでん中国新聞旅行を設立。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島バス

    1971年(昭和46年)9月10日 - 広島バスに資本参加。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た藤田謙一

    広島電気軌道株式会社として創立した当初は、大林組傘下の企業で、同様の経緯によって作られた会社に広島ガスがある。また、その2社は「広島瓦斯電軌株式会社」として1つの会社だった時期もある。大林組社主の大林芳五郎が北浜銀行の破綻と、その資金支援のため広島瓦斯株式を1913年(大正2年)から1914年(大正3年)に放出。広島電気軌道についても、1916年(大正6年)大林芳五郎の没後、後継者の大林義雄が株を継承したものの社長は空位、その後、大林組傘下を離脱。両社とも、鈴木商店の支援を得て、実業家の藤田謙一に株式が売却されて、同時期に、同一人物が社長だったこと、需要のピークがガスと路面電車で異なることより、広島瓦斯との合併となった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た福澤桃介

    住民の増加による、広島城の堀の汚水による伝染病問題を解決するため、1908年(明治41年)に埋め立てを決定。埋め立てを契機に4件の軌道建設申請が出された。最終的に、四宮廣二・福澤桃介・松永安左エ門らによる東京系資本の『広島電気鉄道』との2社競願となったが、事前に話し合いにより解決していたことで、大林芳五郎・片岡直輝らにより設立された大阪系資本の『広島電気軌道』が、1910年(明治43年)2月7日に、広島駅-己斐間(現在の本線)、土橋-中島新橋-鷹野橋-御幸橋間(現在の宇品線の一部)、八丁堀-竹屋町-御幸橋間(実現せず)、十日市-横川間(現在の横川線)の路線敷設の特許を取得。同年6月18日に資本金300万円で設立された。その後、八丁堀-竹屋町-御幸橋間を紙屋町を経由する案に変更、新たに八丁堀-白島(現在の白島線)の特許を取得した。1911年(明治44年)7月に軌道敷設の第一期工事が開始される。なお1911年11月には城の外堀埋立が、翌1912年(大正元年)に運河として使われていた西塔川の埋立が終わり、のちに電車通りとなる相生通りや鯉城通りが整備される。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た片岡直輝

    住民の増加による、広島城の堀の汚水による伝染病問題を解決するため、1908年(明治41年)に埋め立てを決定。埋め立てを契機に4件の軌道建設申請が出された。最終的に、四宮廣二・福澤桃介・松永安左エ門らによる東京系資本の『広島電気鉄道』との2社競願となったが、事前に話し合いにより解決していたことで、大林芳五郎・片岡直輝らにより設立された大阪系資本の『広島電気軌道』が、1910年(明治43年)2月7日に、広島駅-己斐間(現在の本線)、土橋-中島新橋-鷹野橋-御幸橋間(現在の宇品線の一部)、八丁堀-竹屋町-御幸橋間(実現せず)、十日市-横川間(現在の横川線)の路線敷設の特許を取得。同年6月18日に資本金300万円で設立された。その後、八丁堀-竹屋町-御幸橋間を紙屋町を経由する案に変更、新たに八丁堀-白島(現在の白島線)の特許を取得した。1911年(明治44年)7月に軌道敷設の第一期工事が開始される。なお1911年11月には城の外堀埋立が、翌1912年(大正元年)に運河として使われていた西塔川の埋立が終わり、のちに電車通りとなる相生通りや鯉城通りが整備される。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た松永安左エ門

    住民の増加による、広島城の堀の汚水による伝染病問題を解決するため、1908年(明治41年)に埋め立てを決定。埋め立てを契機に4件の軌道建設申請が出された。最終的に、四宮廣二・福澤桃介・松永安左エ門らによる東京系資本の『広島電気鉄道』との2社競願となったが、事前に話し合いにより解決していたことで、大林芳五郎・片岡直輝らにより設立された大阪系資本の『広島電気軌道』が、1910年(明治43年)2月7日に、広島駅-己斐間(現在の本線)、土橋-中島新橋-鷹野橋-御幸橋間(現在の宇品線の一部)、八丁堀-竹屋町-御幸橋間(実現せず)、十日市-横川間(現在の横川線)の路線敷設の特許を取得。同年6月18日に資本金300万円で設立された。その後、八丁堀-竹屋町-御幸橋間を紙屋町を経由する案に変更、新たに八丁堀-白島(現在の白島線)の特許を取得した。1911年(明治44年)7月に軌道敷設の第一期工事が開始される。なお1911年11月には城の外堀埋立が、翌1912年(大正元年)に運河として使われていた西塔川の埋立が終わり、のちに電車通りとなる相生通りや鯉城通りが整備される。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た竹内智香

    2011年シーズンより、広島ガス所属のスノーボードアルペン選手竹内智香のスポンサーに名を連ねている。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

289件中 21 - 30件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード