241件中 41 - 50件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た保育社

    『私鉄の車両3 広島電鉄』(保育社・飯島巌) ISBN 4586532033広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た増岡組

    1973年(昭和48年) - 傘下の広島バスの独占禁止法の問題が、同意議決により解決。後日、合意内容に基づき株式を増岡組に譲渡。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た鈴木商店

    創立当初は、大林組傘下の企業で、同様の経緯によって作られた会社に広島ガスがある。また、その2社は「広島瓦斯電軌株式会社」として1つの会社だった時期もある。大林組社主の大林芳五郎が北浜銀行の破綻と、その資金支援のため広島瓦斯株式を1913年(大正2年)から1914年(大正3年)に放出。広島電気軌道についても、1916年(大正6年)大林芳五郎の没後、後継者の大林義雄が株を継承した物の社長は空位、その後、大林組傘下を離脱。両社とも、鈴木商店の支援を得て、実業家の藤田謙一に株式が売却されて、同時期に、同一人物が社長だったこと、需要のピークがガスと路面電車で異なることより、広島瓦斯との合併となった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た中国ジェイアールバス

    広島電鉄のバスは青バス(広電バス)、路面電車は電車(広電電車)と呼ばれている。ただし、現在では青バスはJRバス(中国ジェイアールバス)を指すことが多く、広電バスは「緑のバス」と言い、若年層の間で誤解・誤乗車などのトラブルが生じている。また、近年のイメージカラーは緑色で、路面電車車両に『ぐりーんらいなー』や『グリーンムーバー』、広電が関わる商業ビルや飲食店に『トランヴェール』(フランス語で「緑色の電車」を意味)などの愛称を付けている。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た芸陽バス

    1964年(昭和39年)3月28日 - 芸陽バスに資本参加。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たひろでん中国新聞旅行

    ひろでん中国新聞旅行(広電観光の旅行部門と中国新聞トラベルサービスを統合)広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たにしき堂

    1982年放送のテレビドラマ『西部警察 PART-II』第18話「広島市街パニック!!」のロケでは広島電鉄が撮影協力を行っており、ロケ期間中、市内中心部で各電車の運転を一時取り止め、付近の道路を一時通行止めにして撮影が行われた。クライマックスシーンの撮影では自社の750形766号が広電宮島(現・広電宮島口)駅まで運転され、同駅構内(当時)で爆破された。爆破時には周りが一瞬にして停電になる程であったという。このシーンの映像はのちに『西部警察 PART-III』のオープニングにも流用されている。同車は廃車を前提としていた車両で、撮影のため、営業運転終了時の「パールライス号」から塗色・広告を変更し、同番組同ロケのスポンサーにちなみ「にしき堂号」とされ、爆破後正式に廃車された。この回では当時の運転指令室や本社社屋の模様も映し出されている。また雑誌『鉄道ファン』の読者投稿欄でもこの件が話題となっていた。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た阪急電鉄

    宮島線車両は、京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)より、1947年(昭和22年)2月1050形を購入。1954年(昭和29年)に全鋼製車両に更新した。1957年(昭和32年)に1060形を導入。最後の新製高床車になり、直通形の増備に移行した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たJTBパブリッシング

    『広電が走る街今昔』(JTBパブリッシング・長船友則) ISBN 4533059864広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た電気車研究会

    『鉄道ピクトリアル』(電気車研究会)各バックナンバー広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

241件中 41 - 50件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード