289件中 41 - 50件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たとうかさん

    運賃後払い方式を採用しており、電車降車時に現金や乗車カード等で運賃箱へ直接支払う。きっぷの販売はない(広電宮島口駅及び多客時の臨時販売を除く)。単行車(単車)は、車体中央扉から乗車し、前方扉から降車する。連接車は、車体中央2か所の扉から乗車し、両端の扉から降車する。なお、広島駅や広電西広島等の主要電停、ならびにイベント開催時の一部電停(フラワーフェスティバルやとうかさん開催時の八丁堀電停、広島平和記念式典開催時の原爆ドーム前電停など)においては、ホームで移動式運賃箱を押した係員が待機していて、乗車口でも降車ができ、運賃収受を行う。日中の広電宮島口では改札口で運賃を支払う。ICカードPASPY利用可能車両では、運賃箱を使用した車内でのICカードへのチャージができる。ただし、「レトロ電車」としてイベント用に運行される車両にはICカードリーダーは配備されていない。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島城

    住民の増加による、広島城の堀の汚水による伝染病問題を解決するため、1908年(明治41年)に埋め立てを決定。埋め立てを契機に4件の軌道建設申請が出された。最終的に、四宮廣二・福澤桃介・松永安左エ門らによる東京系資本の『広島電気鉄道』との2社競願となったが、事前に話し合いにより解決していたことで、大林芳五郎・片岡直輝らにより設立された大阪系資本の『広島電気軌道』が、1910年(明治43年)2月7日に、広島駅-己斐間(現在の本線)、土橋-中島新橋-鷹野橋-御幸橋間(現在の宇品線の一部)、八丁堀-竹屋町-御幸橋間(実現せず)、十日市-横川間(現在の横川線)の路線敷設の特許を取得。同年6月18日に資本金300万円で設立された。その後、八丁堀-竹屋町-御幸橋間を紙屋町を経由する案に変更、新たに八丁堀-白島(現在の白島線)の特許を取得した。1911年(明治44年)7月に軌道敷設の第一期工事が開始される。なお1911年11月には城の外堀埋立が、翌1912年(大正元年)に運河として使われていた西塔川の埋立が終わり、のちに電車通りとなる相生通りや鯉城通りが整備される。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た大阪市

    当初750形が移籍した時は広電色に塗り直されたが、900形等の移籍の時より、経費節減のために移籍前の塗装を塗り替えずに運行。また、大阪市や神戸市からは安価に外装用の塗料など入手できたことより、以前の塗装を維持した。そこから『動く電車の博物館』や『路面電車の博物館』などと異名でファンから呼ばれるようになった。呼ばれた当初は広電はこの名称を嫌い、塗り替え色の公募を行ったが、地元デザイン会議のメンバーの反対に遭い塗り替えを断念。そのまま現在に至っている。その反面、乗客へのサービスとして方向幕の大型化、冷房改造などを積極的に行い、原型には必ずしもこだわっていない。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た神戸市

    当初750形が移籍した時は広電色に塗り直されたが、900形等の移籍の時より、経費節減のために移籍前の塗装を塗り替えずに運行。また、大阪市や神戸市からは安価に外装用の塗料など入手できたことより、以前の塗装を維持した。そこから『動く電車の博物館』や『路面電車の博物館』などと異名でファンから呼ばれるようになった。呼ばれた当初は広電はこの名称を嫌い、塗り替え色の公募を行ったが、地元デザイン会議のメンバーの反対に遭い塗り替えを断念。そのまま現在に至っている。その反面、乗客へのサービスとして方向幕の大型化、冷房改造などを積極的に行い、原型には必ずしもこだわっていない。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たICカード

    電子マネー(交通系ICカード)は、広島県バス協会が発行する『PASPY』の利用ができ、系列会社のエイチ・ディー西広島・芸陽バス・備北交通・宮島松大汽船・宮島ロープウエーでも利用できる。また、片乗り入れで西日本旅客鉄道(JR西日本)の『ICOCA』が利用できる。その他のSuicaやPASMO等の交通系ICカードは2018年3月17日から利用できる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た鳥取市

    広島電鉄のバス事業は、2014年1月よりバス事業本部が担当し、その下に都市圏輸送営業部・地域輸送営業部・呉輸送営業部・バス企画部を置いている。広島市を中心に広島県西部や呉市で一般路線バスを運行しているほか、広島空港や山陰地方各地(鳥取市・米子市・松江市・浜田市・益田市)への高速バスも運行している。青バスとも呼ばれている。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た山陽自動車道

    広電宮島ガーデン(山陽道宮島SA下り線、下松SA下り線、宮島口もみじ本陣)広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た世界遺産

    宮島線のことで、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陽本線とほぼ並行する。全線が専用軌道。軌道線と広電西広島駅でつながっており、直通運転を行っている。詳しくは「広島電鉄宮島線」の項目を参照。宮島線で運行される2号線は原爆ドーム前停留場の目の前にある原爆ドームと広電宮島口駅を最寄り駅とする厳島神社との2つの世界遺産を結んでいる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たICOCA

    電子マネー(交通系ICカード)は、広島県バス協会が発行する『PASPY』の利用ができ、系列会社のエイチ・ディー西広島・芸陽バス・備北交通・宮島松大汽船・宮島ロープウエーでも利用できる。また、片乗り入れで西日本旅客鉄道(JR西日本)の『ICOCA』が利用できる。その他のSuicaやPASMO等の交通系ICカードは2018年3月17日から利用できる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見たSuica

    電子マネー(交通系ICカード)は、広島県バス協会が発行する『PASPY』の利用ができ、系列会社のエイチ・ディー西広島・芸陽バス・備北交通・宮島松大汽船・宮島ロープウエーでも利用できる。また、片乗り入れで西日本旅客鉄道(JR西日本)の『ICOCA』が利用できる。その他のSuicaやPASMO等の交通系ICカードは2018年3月17日から利用できる。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

289件中 41 - 50件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード