241件中 81 - 90件表示
  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄2500形電車

    直通形車両も増備され、550形551をはじめ、1958年(昭和33年)3月には850形を3両導入。1960年(昭和35年)より2000形、1961年(昭和36年)より2500形の導入を開始した。2004号については、経費削減や広電のチャレンジ精神より、日本車輌製造が製造したフレームに、自社で鋼製車体を組み立て、1962年(昭和37年)11月に竣工した。2000形については同年末までに合計6両を製造。その後、2500形についても同様に製造した車両がある。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た廃車 (鉄道)

    それらの超低床車両に入れ替わるように、老朽した自社オリジナルおよび他都市からの移籍車両の廃止が進み、オリジナルの500形・550形、旧神戸の1100形は形式消滅。2000形(自社)は全車両が営業運行を離脱、570形(旧神戸)、600形(旧北九州)、1150形(旧神戸)は残り1両に。これまで事故廃車しか出ていなかった650形(自社、被爆車両)にも2両が運用を離脱し(653号は休車・江波車庫保管、654号は廃車・広島市交通科学館に保存)、世代交代が進むことになった。650形のようにメディアに取り上げられ、引退式典を行う車両は例外的で、ほとんどの車両は置き換えた車両に問題がないことを確認の上で休車・廃車・解体を行っている。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た天満町駅

    市内線についても、広電社員と軍(東京電信隊など40名)の協力により、電柱をトラックとロープを使い立て直し、暁部隊が所有していたマスト300本も活用、さらに電線を引き直すなど行い、廿日市変電所から送電を行うことで、早くも8月9日には己斐から西天満町(現在の天満町)までの間で折り返し運転を再開した。復旧は単線で行われた。その時使われた車両は、2両、または3両であった。運行再開時に運賃が払えない乗客に無理に請求を行わず、運行再開は途方にくれる市民を大いに勇気付けたとされている。終戦直前の14日には小網町まで復旧した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄500形電車 (2代)

    市内線車両は、1951年(昭和26年)3月には800形(初代)を10両導入。同じ年に150形の車体更新が始まった。1953年(昭和28年)9月には500形(2代)を5両導入。その年に更新を受けなかった100形(初代)は全車廃車になった。1955年(昭和30年)3月には550形を5両導入。551のみ製造当初は間接制御を採用し、宮島線との直通許可を受けていた。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄600形電車 (2代)

    1975年(昭和50年)に千田車庫で火災が発生して一部車両が廃車となり、その補充のために西鉄北九州線より600形を購入し、ほとんど廃車になっていた800形(初代)も1両がワンマン化改造を受けた。1978年(昭和53年)より京都市電から1900形を購入開始するとともに700形(初代)、800形(初代)は全廃、750形も一部が廃車された。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄宮島線

    宮島線のことで、JR西日本山陽本線とほぼ並行する。全線が専用軌道。軌道線と広電西広島駅でつながっており、直通運転を行っている。詳しくは「広島電鉄宮島線」の項目を参照。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広電本社前駅

    戦後も復旧は進み、吉田営業所に避難させていた整流器と300kWの電動発電機1機を使い8月18日には千田町変電所を復旧させた。復旧当初は己斐を起点に復旧が行われ、8月19日には土橋まで、21日に十日市町まで、23日に左官町(現・本川町)まで、9月7日には八丁堀まで復旧した。広電本社からも復旧が行われ、8月18日には電鉄前(現・広電本社前)から宇品(現・広島港)まで復旧。9月12日には紙屋町まで復旧し宇品線は全線復旧した。1945年(昭和20年)12月には本線が全線復旧。続いて1947年(昭和22年)11月に江波線が、1948年(昭和23年)7月には皆実線と宇品線が、12月26日には横川線十日市‐横川橋(現・別院前)がそれぞれ復旧した。1950年(昭和25年)7月には宮島線が複線に戻った。1952年(昭和27年)3月には、道路の付け替えで復旧が遅れていた白島線が復旧した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄1050形電車

    宮島線車両は、京阪神急行電鉄(現在の阪急電鉄)より、1947年(昭和22年)2月1050形を購入。1954年(昭和29年)に全鋼製車両に更新した。1957年(昭和32年)に1060形を導入。最後の新製高床車になり、直通形の増備に移行した。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄1100形電車

    市内線には、1966年(昭和41年)より大阪市電から750形および900形を、1971年(昭和46年)に神戸市電より570形および1100形・1150形を購入した。それにより広電に残っていた二軸単車を置き換え、1966年(昭和41年)に200形(初代)、1969年(昭和44年)に400形・450形、1971年に150形が全車廃車になり、二軸単車が全車廃車になり、車両の大型化を完了した。またボギー車も、1972年(昭和47年)に600形(初代)が全車廃車。700形(初代)が1972年(昭和47年)までに4両廃車、800形(初代)が1976年(昭和51年)までに9両廃車になった。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 広島電鉄

    広島電鉄から見た広島電鉄家政女学校

    1943年(昭和18年)4月 - 従業員出征による人手不足を補うため、広島電鉄家政女学校を設立。広島電鉄 フレッシュアイペディアより)

241件中 81 - 90件表示

「広島電鉄」のニューストピックワード

  • Oracle OpenWorld 2016

  • 閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS

  • 閃乱カグラ NewWave Gバースト