335件中 21 - 30件表示
  • ナオミとカナコ

    ナオミとカナコから見た広末涼子広末 涼子

    主人公のナオミとカナコを演じる広末涼子と内田有紀は本作が初共演となる。ナオミとカナコ フレッシュアイペディアより)

  • 聖女 (テレビドラマ)

    聖女 (テレビドラマ)から見た広末涼子広末 涼子

    『聖女』(せいじょ)は、2014年8月19日から10月7日まで、NHKの「ドラマ10」枠で毎週火曜日22:00 - 22:48に放送された日本のテレビドラマ。主演は広末涼子で、全7話。聖女 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • リップスティック (テレビドラマ)

    リップスティック (テレビドラマ)から見た広末涼子広末 涼子

    少年鑑別所職員の有明(三上博史)は傷害事件を起こして収容された早川藍(広末涼子)の担当となる。厳しい規則に縛られ、暴力的なリンチの横行する所内で藍は同室の少女たちと友情を育み、過酷な現実に立ち向かっていく。そして有明は藍の心の傷に触れ、次第に彼女に惹かれていく。一方で男子棟に収容中の悪魔のようなカリスマ性を持つ牧村紘毅(窪塚洋介)に援助交際をさせられていた安奈の心の呪縛を解こうとする教官・葛西孝生(いしだ壱成)の苦闘も繰り広げられていく。リップスティック (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • 無線呼び出し

    無線呼び出しから見た広末涼子広末 涼子

    1994年に携帯電話端末の買切り制導入、同じく1994年に携帯電話の新規参入第二弾のデジタルホン(現ソフトバンク)とツーカー(現KDDI)両グループの事業開始、さらに1995年10月に各PHS事業者の事業開始となった1996年以降は携帯電話事業者同士、そして携帯電話事業者とPHS事業者のシェア争いが本格化した。安価だったPHSに対抗するため携帯電話の本体代や料金プランが急速に低下。これに伴い特に若い社会人の間でも携帯電話の普及が本格的に始まると、1996年6月にピークを迎えていたポケベルの加入者数は緩やかに減少し始める。ただ、この時点では携帯電話、PHSがつながりにくく、通話可能でも電波が弱い、通話が不可能なエリアも多かったという弱点もあり、ポケベルと、携帯電話あるいはPHSの2台持ちという兼用の仕方も見られた。ポケベルと携帯電話やPHSの一体型も発売されている。1996年にドコモが新人だった広末涼子をCMに起用。広末人気が爆発的に上がったものの、ヘビーユーザーであればあるほど所有コストがかさむFLEX-TD方式対応の新シリーズのポケベルの販売は期待された程ではなかった。さらにポケベルの顔とも言うべき存在になった「広末」が大学に進学する1999年に、そのまま携帯電話のCMに起用する皮肉な結果になる。この頃ドコモはFLEX-TD方式対応のインフォネクストポケベルを発売しており、カナで49文字までのメッセージを受信できる機種もあった。しかしビジネスユーザー向けである事と、短文に慣れていた若者の個人契約者にはそこまでの文字数は必要ではなく支持を集められなかった。無線呼び出し フレッシュアイペディアより)

  • 鍵泥棒のメソッド

    鍵泥棒のメソッドから見た広末涼子広末 涼子

    優秀助演女優賞:広末涼子鍵泥棒のメソッド フレッシュアイペディアより)

  • アサヒ飲料

    アサヒ飲料から見た広末涼子広末 涼子

    三ツ矢サイダー - 三ツ矢歌子(1960年代)、秋吉久美子(1970年代中頃)、風吹ジュン(1974年、2014年)手塚さとみ(1970年代後半)、丘みつ子(1984年)、富田靖子(1985年)、夏川結衣(1996年)、広末涼子(1997年 - 1998年に三ツ矢ホワイトソーダ)、水谷妃里(2001年)、松浦亜弥(2002年、その後キリンビバレッジのCMに出演)、成海璃子(2005年、BGM:GOING UNDER GROUND。現在は伊藤園のCMに出演)、夏帆(2006年)、新垣結衣(2007年 - 2008年)、櫻井翔(嵐、2009年 - 2010年)北川景子、瀧本美織(2011年)、福士蒼汰(2014年 - 2016年)、多部未華子、小松菜奈(2015年)、高田純次(2016年)アサヒ飲料 フレッシュアイペディアより)

  • 第49回NHK紅白歌合戦

    第49回NHK紅白歌合戦から見た広末涼子広末 涼子

    一部メディアは前回初出場を果たした広末涼子や江角マキコが紅組司会の有力候補と報じていた。第49回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 岩井俊二

    岩井俊二から見た広末涼子広末 涼子

    ライフ ライフカード "It's my life" (2003年4月放映、監督、広末涼子主演)岩井俊二 フレッシュアイペディアより)

  • 芸映

    芸映から見た広末涼子広末 涼子

    1990年代後半は系列事務所所属の広末涼子がブレイクし、1997年の紅白歌合戦に出場すると共に、主演映画「秘密」や高倉健と共演した「鉄道員」の演技が高い評価を受ける。芸映 フレッシュアイペディアより)

  • 藤川球児

    藤川球児から見た広末涼子広末 涼子

    父が草野球でノーヒットノーランを達成した翌日に生まれたため、奇縁から球児と名付けられた。少年野球チーム「小高坂ホワイトウルフ」時代に遊撃手から投手にコンバートされた。幼少期はぜんそくを患っているなど決して丈夫な体ではなかった。1993年4月、高知市立城北中学校に入学。同じ体育会系の陸上部に所属していた広末涼子とは同級生。藤川球児 フレッシュアイペディアより)

335件中 21 - 30件表示

「広末涼子」のニューストピックワード