前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示
  • 振り飛車穴熊

    振り飛車穴熊から見た広瀬章人広瀬章人

    2012年7月現在のプロ棋界では広瀬章人が四間飛車穴熊をが愛用し、振り飛車穴熊の定跡の発展に貢献している。振り飛車穴熊 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤天彦

    佐藤天彦から見た広瀬章人広瀬章人

    デビュー戦(2006年12月11日)は女流棋士の千葉涼子との対局であったが勝利。以後、2007年3月5日まで負けなしのデビュー9連勝を飾った。その中で、瀬川晶司との因縁の対決で勝ち、3人の元タイトルホルダー(加藤一二三、塚田泰明、中村修)を負かしている。3月16日、第20期竜王戦6組3回戦で同年代のライバル・広瀬章人にプロ入り初黒星を喫し連勝が途絶えたが、9連勝の中には広瀬との初対戦があったので、いわばリベンジをされた格好となった。なお、第20期竜王戦6組の敗者復活戦(3位昇級者決定トーナメント)では、またしても瀬川との対決があり、こちらでは瀬川に敗れている。佐藤天彦 フレッシュアイペディアより)

  • 達正光

    達正光から見た広瀬章人広瀬章人

    最後の参加となった第65期順位戦では、自身はC級2組で3勝7敗・47人中38位で最初で最後の降級点を喫してしまったものの、その期にC級1組に昇進を決め、後に王位のタイトルを獲得する広瀬章人と2回戦で対局し唯一の黒星を与えた。達正光 フレッシュアイペディアより)

  • 戸辺誠

    戸辺誠から見た広瀬章人広瀬章人

    広瀬章人、高崎一生とは同い年で、上述の第23回(1998年)小学生将棋名人戦では、当時茨城県勝倉小学校6年の戸辺は3位。優勝者は高崎。広瀬は東日本大会で戸辺に敗れている。また、第51期王位リーグで戸辺に唯一の黒星をつけたのは高崎で、このとき王位挑戦権を得たのは広瀬。また、2010年6月6日放送のNHK杯戦・対西川和宏戦では、対局者2名・読み上げ係・記録係の4名全てが同い年という、極めて珍しい状況が生じた(西川は1986年4月2日生れ、読み上げの藤田綾女流初段は1987年3月24日生れ、記録の荒木宣貴奨励会三段は1986年5月5日生れ)。戸辺誠 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤秀司

    佐藤秀司から見た広瀬章人広瀬章人

    第24期(2011年度)竜王戦4組ランキング戦決勝で広瀬章人王位を破り優勝。3組昇級とともに初の本戦(決勝トーナメント)進出を決めた。佐藤秀司 フレッシュアイペディアより)

  • 田中魁秀

    田中魁秀から見た広瀬章人広瀬章人

    還暦を迎えて以降も、トーナメントプロとしての情熱は健在であり、伸び盛りの若手を相手に健闘する。第69期(2010年)C級1組順位戦8回戦では、昇級争いのトップを独走していた広瀬章人王位を力戦の末に撃破し、順位戦における唯一の黒星を与えた。田中魁秀 フレッシュアイペディアより)

  • 長岡裕也

    長岡裕也から見た広瀬章人広瀬章人

    第36回(2004年度後期)三段リーグにおいて広瀬章人に次ぐ14勝4敗の成績で四段昇段(プロ入り)。長岡裕也 フレッシュアイペディアより)

  • 勝浦修

    勝浦修から見た広瀬章人広瀬章人

    弟子に森内俊之・野月浩貴・金沢孝史・広瀬章人、および、女流棋士の久津知子がいる。森内と広瀬はタイトルを獲得した(森内は十八世名人の資格を持つ)。野月・金沢・久津は、勝浦と同じく北海道の出身である。勝浦修 フレッシュアイペディアより)

  • 村田顕弘

    村田顕弘から見た広瀬章人広瀬章人

    初参加の第34期(2008年度)棋王戦の予選を勝ち上がり、本戦出場。同じく初参加の第67期(2008年度)C級2組順位戦では8勝2敗の好成績を挙げ、新四段4名の中で唯一の勝ち越し。また、2009年10月16日の竜王戦6組3位決定戦において、新人王戦優勝で波に乗る強敵・広瀬章人を破り、7連勝で5組へ昇級。デビューから6割台の年度勝率を連発し、糸谷哲郎、豊島将之、稲葉陽とともに「関西若手四天王」と呼ばれるようになる。村田顕弘 フレッシュアイペディアより)

  • 島本亮

    島本亮から見た広瀬章人広瀬章人

    竜王戦では、第19期(2006年度)6組において昇級者決定戦を勝ち抜き5組に昇級。このとき破った相手の中には広瀬章人もいる。しかし翌期にランキング戦第1回戦・昇級者決定戦第1回戦・残留決定戦と連敗し、1期で6組に戻る。島本亮 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
37件中 1 - 10件表示

「広瀬章人」のニューストピックワード