37件中 11 - 20件表示
  • 詰将棋解答選手権

    詰将棋解答選手権から見た広瀬章人広瀬章人

    第4回(2007年5月5日) 1位:北浜健介七段 2位:谷川浩司九段 3位:広瀬章人七段詰将棋解答選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 村田智弘

    村田智弘から見た広瀬章人広瀬章人

    C級1組への3人の昇級枠を争う第65期(2006年度)C級2組順位戦は、残り1局の時点で、村田、片上大輔、広瀬章人、上野裕和の4人が8勝1敗で並ぶ展開となった。村田は4人の中でリーグ表順位が最も上で、しかも、村田より順位が上の7勝2敗は佐々木慎しかいなかったため、極めて有利な状況であった、しかし最終10回戦の結果は、村田が負け、ほかは揃って勝利。村田は惜しくも昇級を逃した。村田智弘 フレッシュアイペディアより)

  • 高崎一生

    高崎一生から見た広瀬章人広瀬章人

    1998年、宮崎市立大宮小学校6年生(出場時は5年生)のとき、第23回小学生将棋名人戦で優勝する。準決勝と決勝はNHK教育で放送されたが、おとなしそうに見える他の3名と比べて、??は、明らかにやんちゃで腕白な様子を呈していた。この回の出場者には後にプロ棋士になった者が多く、船江恒平(5年)が準優勝、戸辺誠(6年)が3位、金井恒太(6年)と中村太地(4年)が東日本ベスト4、糸谷哲郎(4年)が西日本ベスト4、牧野光則(4年)が西日本ベスト16である。また、広瀬章人(6年)は東日本大会で戸辺に敗れ、佐藤天彦(5年)は西日本大会で糸谷に負けている。高崎一生 フレッシュアイペディアより)

  • 金井恒太

    金井恒太から見た広瀬章人広瀬章人

    1998年、小学6年生の時に小学生将棋名人戦に出場し、ベスト8(東日本大会ベスト4)に進出したが、テレビ出演となるベスト4には一歩届かなかった。(同年の大会出場者には、高崎一生(優勝)、船江恒平(準優勝)、戸辺誠(3位)、中村太地、広瀬章人、糸谷哲郎、佐藤天彦らがいた。)金井恒太 フレッシュアイペディアより)

  • 久津知子

    久津知子から見た広瀬章人広瀬章人

    なお、北海道出身以外の同門の棋士には、十八世名人の資格を持つ森内俊之と2009年前後から活躍の広瀬章人がいる。久津知子 フレッシュアイペディアより)

  • 大逆転将棋

    大逆転将棋から見た広瀬章人広瀬章人

    1位(100問、タイム=35分)宮田敦史五段、2位(99問)広瀬章人五段、3位(97問)竹中健一元アマ名人、4位(67問)上田初美女流二段大逆転将棋 フレッシュアイペディアより)

  • 中村太地

    中村太地から見た広瀬章人広瀬章人

    第40期(2009年度)新人王戦で、決勝三番勝負に進出。広瀬章人との早稲田大学在学生対決となったが、2連敗で敗退。中村太地 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾明

    西尾明から見た広瀬章人広瀬章人

    1988年、小学3年生(予選出場は2年生から)のとき、第13回小学生将棋名人戦で準優勝。翌々年の1990年9月から奨励会で指し始め、1999年度前期から三段リーグに参加する。そして、混戦となった2002年度後期三段リーグで11勝7敗という成績で2位となり、四段昇段を果たした。11勝7敗での四段昇段の前例は野月浩貴のみであり、このときは村山慈明・遠山雄亮・佐藤天彦・広瀬章人などが同成績の激戦であったが、順位に恵まれた西尾が昇段となった。西尾明 フレッシュアイペディアより)

  • 中村修

    中村修から見た広瀬章人広瀬章人

    タイトル在位歴がありながらA級経験がないというのも珍しい。(現役では他に福崎、広瀬章人中村修 フレッシュアイペディアより)

  • 羽生世代

    羽生世代から見た広瀬章人広瀬章人

    2011年度に入り、羽生二冠(棋聖・王座)が広瀬章人から王位を奪取。渡辺が羽生から王座を奪うものの、久保の持つ王将・棋王の座を、それぞれ佐藤康光と郷田真隆が奪還し、2年ぶりに羽生世代がタイトルを席巻した。(渡辺:竜王・王座、森内:名人、羽生:棋聖・王位、佐藤:王将、郷田:棋王)羽生世代 フレッシュアイペディアより)

37件中 11 - 20件表示

「広瀬章人」のニューストピックワード