71件中 21 - 30件表示
  • 戸辺誠

    戸辺誠から見た広瀬章人広瀬章人

    広瀬章人、高崎一生とは同い年で、上述の第23回(1998年)小学生将棋名人戦では、茨城県勝田市立(現ひたちなか市)勝倉小学校6年の戸辺は3位。優勝者は高崎。広瀬は東日本大会で戸辺に敗れている。また、第51期王位リーグで戸辺に唯一の黒星をつけたのは高崎で、このとき王位挑戦権を得たのは広瀬。また、2010年6月6日放送のNHK杯戦・対西川和宏戦では、対局者2名・読み上げ係・記録係の4名全てが同学年という、極めて珍しい状況が生じた(西川は1986年4月2日生、読み上げの藤田綾女流初段は1987年3月24日、記録の荒木宣貴奨励会三段は1986年5月5日生)。戸辺誠 フレッシュアイペディアより)

  • 田村康介

    田村康介から見た広瀬章人広瀬章人

    順位戦では第60期(2001年度)にC級2組で8勝2敗の成績を挙げながらも、順位が上位の長沼洋が同勝率となったため、頭ハネで次点(4位)に終わる。第65期には2勝8敗で、自身初の降級点を喫する。しかし、以降は好調を維持し、翌々年度の第67期(2008年度)において8勝2敗で大平武洋に次ぐ2位の成績を挙げ、プロ入りから13年で初の順位戦昇級を決めた。更に第69期(2010年度)でも第7回戦の豊島将之を除く全ての対局相手から勝利を収め広瀬章人に次ぐ成績を挙げ、僅か2期でB級2組への昇級を決めた。田村康介 フレッシュアイペディアより)

  • 勝浦修

    勝浦修から見た広瀬章人広瀬章人

    弟子に森内俊之・野月浩貴・金沢孝史・広瀬章人、および、女流棋士の久津知子がいる。森内と広瀬はタイトルを獲得した(森内は十八世名人の資格を持つ)。野月・金沢・久津は、勝浦と同じく北海道の出身である。勝浦修 フレッシュアイペディアより)

  • 田中魁秀

    田中魁秀から見た広瀬章人広瀬章人

    還暦を迎えて以降も、トーナメントプロとしての情熱は健在であり、伸び盛りの若手を相手に健闘した。第69期(2010年)C級1組順位戦8回戦では、昇級争いのトップを独走していた広瀬章人王位を力戦の末に撃破し、順位戦における唯一の黒星を与えた。田中魁秀 フレッシュアイペディアより)

  • 達正光

    達正光から見た広瀬章人広瀬章人

    最後の参加となった第65期順位戦では、自身はC級2組で3勝7敗・47人中38位で最初で最後の降級点を喫してしまったものの、その期にC級1組に昇進を決め、後に王位のタイトルを獲得する広瀬章人と2回戦で対局し唯一の黒星を与えた。達正光 フレッシュアイペディアより)

  • 島本亮

    島本亮から見た広瀬章人広瀬章人

    竜王戦では、第19期(2006年度)6組において昇級者決定戦を勝ち抜き5組に昇級。このとき破った相手の中には広瀬章人もいる。しかし翌期にランキング戦第1回戦・昇級者決定戦第1回戦・残留決定戦と連敗し、1期で6組に戻る。島本亮 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部健治郎

    阿部健治郎から見た広瀬章人広瀬章人

    2015年には第41期棋王戦にて予選から勝ち上がり挑戦者決定トーナメントに進出。トーナメントでも名人含む4冠の羽生善治やA級棋士である久保利明や広瀬章人らを破り、ベスト4に入る活躍をみせた。この羽生を破った一局が将棋大賞の名局賞特別賞に選ばれた。阿部健治郎 フレッシュアイペディアより)

  • 北浜健介

    北浜健介から見た広瀬章人広瀬章人

    また、詰将棋を解くのも得意であり、2007年5月5日に開催された第4回詰将棋解答選手権で優勝した(2位谷川浩司、3位広瀬章人)。しかし、子供の頃は詰将棋を解くのが苦手だったといい、得意となったのは奨励会時代に、詰将棋に打ち込んでからだという(前述『魅惑の詰将棋』による本人の発言)。北浜健介 フレッシュアイペディアより)

  • 大石直嗣

    大石直嗣から見た広瀬章人広瀬章人

    第54期(2013年度)王位戦予選を勝ち抜き3年ぶり2回目のリーグ入り。王位獲得経験者の広瀬章人に勝利したものの、他の対局を全敗し再び陥落となってしまった。なお、前述の広瀬戦(2013年4月22日)の勝利で四段昇段後公式戦100勝目となり同日付けで五段に昇段。大石直嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 甲斐智美

    甲斐智美から見た広瀬章人広瀬章人

    1998年、女流1級となるが、女流棋士会を休会し関東奨励会に6級で入会。同期には、のちに王位のタイトルを獲得する広瀬章人や、戸辺誠、高崎一生らがいた。かつては女流と奨励会の掛け持ちが認められていたが、1998年に女流棋士総則が改正され、「女流棋士が新たに奨励会に籍をおく場合は女流棋士を休場しなければならない」という規定ができたため、この規定の適用者第1号となった。なお、奨励会の対局開始は9月であったが、同年の女流棋戦で不戦敗が生じないところまでは指しており、その最後の対局となる第25期女流名人位戦B級リーグ第9回戦(12月2日)で勝って7勝2敗とし、A級リーグ昇級・女流初段昇段に相当する成績を残した。奨励会では一時1級まで昇級したが、2003年8月9日に2級で退会。同年9月1日に約5年ぶりに女流棋士に復帰。休会当時の成績により、女流初段に昇段しての復帰となった(ただし、女流名人位戦リーグの予選から改めて参加)。甲斐智美 フレッシュアイペディアより)

71件中 21 - 30件表示

「広瀬章人」のニューストピックワード