1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示
  • 橋本崇載

    橋本崇載から見た広瀬章人広瀬章人

    第83期(2011年度)において、1回戦で広瀬章人に勝利しベスト8(2回戦で郷田真隆に敗れる。)。橋本崇載 フレッシュアイペディアより)

  • 郷田真隆

    郷田真隆から見た広瀬章人広瀬章人

    2011年度、第37期棋王戦でトーナメントを勝ち上がり、本戦優勝者として挑戦者決定二番勝負に進出する。二番勝負の相手は本戦決勝でも戦った広瀬章人であった。郷田は第一局を落としたものの、第二局に勝利し、14年ぶりの棋王挑戦を決める。そして久保利明との五番勝負を3勝1敗で制し、初の棋王獲得。2001年度以来10年ぶりにタイトル保持者となる。郷田真隆 フレッシュアイペディアより)

  • 1月18日

    1月18日から見た広瀬章人広瀬章人

    1987年 - 広瀬章人、 将棋棋士1月18日 フレッシュアイペディアより)

  • 千日手

    千日手から見た広瀬章人広瀬章人

    第51期(2010年度)王位戦七番勝負では、第5局、第6局で、深浦康市王位対広瀬章人六段の対局で、いずれも相穴熊の状態から千日手が成立した。第5局指し直し局は両者穴熊に囲わない対局を広瀬が勝利。第6局指し直し局は、広瀬は振り飛車穴熊、あとがない深浦は(5局終わった時点で2勝3敗のうち、2敗は穴熊に囲って敗れている)銀冠に囲い、激しい攻め合いとなったが、この対局も広瀬が攻め合いを制し、初タイトル・王位を奪取した。千日手 フレッシュアイペディアより)

  • 北浜健介

    北浜健介から見た広瀬章人広瀬章人

    詰将棋作家としても知られ、また、詰将棋を解くのも得意である。2007年5月5日に開催された第4回詰将棋解答選手権で優勝した(2位谷川浩司、3位広瀬章人)。北浜健介 フレッシュアイペディアより)

  • 窪田義行

    窪田義行から見た広瀬章人広瀬章人

    第67期(2008年度)順位戦C級1組の最終局は、自分が勝って昇級を争う対象者(広瀬章人)が負ければ昇級という状況で迎えた。結果、そのとおりとなり、8勝2敗・31人中2位の成績でB級2組昇級を果たす。この一局は、深夜2時を過ぎる261手の長手数であり、その日行われたC級1組の15局の中で最も遅い終局であった。また、この昇級により、後述の珍記録を樹立した。窪田義行 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺明 (棋士)

    渡辺明 (棋士)から見た広瀬章人広瀬章人

    2011年1月6日、渋谷区千駄ヶ谷・東京将棋会館にて行われた第36期棋王戦挑戦者決定戦第2局において広瀬章人王位に勝利。敗者ゾーンからの2連勝で久保への挑戦権を獲得したが、1勝3敗で奪取はならなかった。2月17日、第60期王将戦リーグ残留決定戦では三浦弘行を破り、王将リーグ初残留を決めた。7月、第59期王座戦挑戦者決定戦で久保利明を破る。9月27日、3-0のストレートで19連覇中の羽生王座を下し初の王座位を獲得。初めての複数冠となり、規定により序列1位となる。また、第19期銀河戦において糸谷哲郎を下して4年ぶり3回目の優勝。12月2日、第24期竜王戦で丸山忠久を4-1で下し、竜王戦8連覇を達成した。一方で第32回JT将棋日本シリーズこの棋戦で初勝利を上げた後、勝利を重ね決勝戦に進出するも、羽生に敗れ準優勝。第61期王将戦リーグでは4-2で残留。渡辺明 (棋士) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 次へ
37件中 31 - 37件表示

「広瀬章人」のニューストピックワード