前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た窪田義行

    糸谷哲郎、佐藤天彦、高崎一生、先述戸辺の4名は、広瀬と同じく1987年前後に生まれ、1998年に奨励会に入会したライバルであるが、広瀬はこの中では最も早く順位戦昇級に伴い五段に昇段した。初参加から2期目の第65期・2006年度のC級2組リーグで片上大輔に次ぐ2位の成績を収め、翌年度(第66期・2007年度)のC級1組リーグでもトップを走る快進撃を見せたが、最後の2局で連敗してしまい、2期連続での昇級を逃した。その翌年度(第67期・2008年度)も、自力昇級が見込める状態(2番手)で迎えた最終局で、休場明けの宮田敦史に敗れ、もう一人の昇級候補者であった窪田義行が勝ったことにより、再び昇級を逃した。しかしながら、翌々年度(第69期・2010年度)に、9勝1敗・1位の成績を収め、最初の昇級から4年でB級2組への昇級を遂げた。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た羽生善治

    第51期(2010年度)王位戦では、予選から勝ち進みリーグ入り。リーグ戦(紅組)では最終局で渡辺明竜王との3勝1敗同士での決戦で勝利。さらに挑戦者決定戦では、白組優勝の羽生善治名人を破り、タイトル初挑戦(六段昇段)。深浦康市王位との七番勝負においては得意戦法の四間飛車穴熊を多用し、4勝2敗2千日手で奪取に成功(2010年9月2日)。23歳にして初タイトル・王位を獲得した(七段昇段)。大学生のタイトル獲得は史上初である(当時4年生・在学6年目)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た森内俊之

    勝浦門の兄弟子の一人に、十八世名人の資格を持つ森内俊之がいる。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た渡辺明 (棋士)

    第51期(2010年度)王位戦では、予選から勝ち進みリーグ入り。リーグ戦(紅組)では最終局で渡辺明竜王との3勝1敗同士での決戦で勝利。さらに挑戦者決定戦では、白組優勝の羽生善治名人を破り、タイトル初挑戦(六段昇段)。深浦康市王位との七番勝負においては得意戦法の四間飛車穴熊を多用し、4勝2敗2千日手で奪取に成功(2010年9月2日)。23歳にして初タイトル・王位を獲得した(七段昇段)。大学生のタイトル獲得は史上初である(当時4年生・在学6年目)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た宮田敦史

    糸谷哲郎、佐藤天彦、高崎一生、先述戸辺の4名は、広瀬と同じく1987年前後に生まれ、1998年に奨励会に入会したライバルであるが、広瀬はこの中では最も早く順位戦昇級に伴い五段に昇段した。初参加から2期目の第65期・2006年度のC級2組リーグで片上大輔に次ぐ2位の成績を収め、翌年度(第66期・2007年度)のC級1組リーグでもトップを走る快進撃を見せたが、最後の2局で連敗してしまい、2期連続での昇級を逃した。その翌年度(第67期・2008年度)も、自力昇級が見込める状態(2番手)で迎えた最終局で、休場明けの宮田敦史に敗れ、もう一人の昇級候補者であった窪田義行が勝ったことにより、再び昇級を逃した。しかしながら、翌々年度(第69期・2010年度)に、9勝1敗・1位の成績を収め、最初の昇級から4年でB級2組への昇級を遂げた。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た棋王戦

    第35期(2009年度)棋王戦で本戦出場。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た藤崎智

    2011年11月27日の『コナミアーケードチャンピオンシップ2011』で、プロ雀士の藤崎智と『天下一将棋会』を使用したドリームマッチが行われ、飛車角落ちのハンデでまさかの敗戦を喫した。しかし、この後に行われた『麻雀格闘倶楽部』のドリームマッチでは、久保利明と共にプロ雀士の和泉由希子、白河雪菜と対局し、三暗刻の跳満で広瀬が圧勝。久保も七対子を和了して2着に入ったため、プロ棋士のワンツーフィニッシュとなった。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た高崎一生

    糸谷哲郎、佐藤天彦、高崎一生、先述戸辺の4名は、広瀬と同じく1987年前後に生まれ、1998年に奨励会に入会したライバルであるが、広瀬はこの中では最も早く順位戦昇級に伴い五段に昇段した。初参加から2期目の第65期・2006年度のC級2組リーグで片上大輔に次ぐ2位の成績を収め、翌年度(第66期・2007年度)のC級1組リーグでもトップを走る快進撃を見せたが、最後の2局で連敗してしまい、2期連続での昇級を逃した。その翌年度(第67期・2008年度)も、自力昇級が見込める状態(2番手)で迎えた最終局で、休場明けの宮田敦史に敗れ、もう一人の昇級候補者であった窪田義行が勝ったことにより、再び昇級を逃した。しかしながら、翌々年度(第69期・2010年度)に、9勝1敗・1位の成績を収め、最初の昇級から4年でB級2組への昇級を遂げた。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た土佐浩司

    大和証券杯ネット将棋・最強戦エキシビション対局「熟練居飛車 対 新鋭振り飛車 対抗戦」で土佐浩司に勝利(2007年8月19日)広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た阿久津主税

    第58回(2008年度)NHK杯戦で、元タイトルホルダーの2名(高橋道雄、丸山忠久)と阿久津主税に勝ち、ベスト8進出。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「広瀬章人」のニューストピックワード