76件中 11 - 20件表示
  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た棋王戦 (将棋)

    第35期(2009年度)棋王戦で本戦出場。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た豊島将之

    第30期(2017年度)竜王戦昇級者決定戦(3位決定戦)では橋本崇載八段に勝利し、初の1組昇級を決めた。第11回朝日杯将棋オープン戦では、決勝で中学生棋士の藤井聡太に敗れ、準優勝となった。なお、この朝日杯決勝戦は、第45回将棋大賞の名局賞特別賞に選ばれた。第76期(2017年度)順位戦A級では、最終戦で豊島将之を破り、自身も含めた6人によるプレーオフに持ち込むも、プレーオフで豊島に敗れ、挑戦権を得られなかった。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た戸辺誠

    5年時は、初戦で東日本3位となり後に高校将棋選手権優勝などの活躍をする相手に敗れた。6年時は東日本大会ベスト12に進出したが戸辺誠に敗れた。小学6年時に、奨励会入りし、当初は飛行機に乗って将棋会館まで通ったという。その後、高校1年で三段リーグ入り。高校の卒業式の翌日の2004年度後期の三段リーグ最終日に15勝3敗の成績で1位となり、2005年4月に早稲田大学教育学部入学と同時にプロ入り。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た深浦康市

    第51期(2010年度)王位戦では、予選から勝ち進みリーグ入り。リーグ戦(紅組)では最終局で渡辺明竜王との3勝1敗同士での決戦で勝利。さらに挑戦者決定戦では、白組優勝の羽生善治名人を破り、タイトル初挑戦(六段昇段)。深浦康市王位との七番勝負においては得意戦法の四間飛車穴熊を多用し、4勝2敗2千日手で奪取に成功(2010年9月2日)。23歳にして初タイトル・王位を獲得した(七段昇段)。大学生のタイトル獲得は史上初であった(当時6年生)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た佐藤天彦

    糸谷哲郎、佐藤天彦、高崎一生、先述戸辺の4名は、広瀬と同じく1987年前後に生まれ、1998年に奨励会に入会したライバルであり、奨励会時代に「平成のチャイルドブランド」としてとりあげられたこともある。広瀬はこの中では最も早く順位戦昇級に伴い五段に昇段した。初参加から2期目の第65期・2006年度のC級2組リーグで片上大輔に次ぐ2位の成績を収め、翌年度(第66期・2007年度)のC級1組リーグでもトップを走る快進撃を見せたが、最後の2局で連敗してしまい、2期連続での昇級を逃した。その翌年度(第67期・2008年度)も、自力昇級が見込める状態(2番手)で迎えた最終局で、休場明けの宮田敦史に敗れ、もう一人の昇級候補者であった窪田義行が勝ったことにより、再び昇級を逃した。しかしながら、翌々年度(第69期・2010年度)に、9勝1敗・1位の成績を収め、最初の昇級から4年でB級2組への昇級を遂げた。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た橋本崇載

    第30期(2017年度)竜王戦昇級者決定戦(3位決定戦)では橋本崇載八段に勝利し、初の1組昇級を決めた。第11回朝日杯将棋オープン戦では、決勝で中学生棋士の藤井聡太に敗れ、準優勝となった。なお、この朝日杯決勝戦は、第45回将棋大賞の名局賞特別賞に選ばれた。第76期(2017年度)順位戦A級では、最終戦で豊島将之を破り、自身も含めた6人によるプレーオフに持ち込むも、プレーオフで豊島に敗れ、挑戦権を得られなかった。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た丸山忠久

    第58回(2008年度)NHK杯戦で、元タイトルホルダーの2名(高橋道雄、丸山忠久)と阿久津主税に勝ち、ベスト8進出。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た片上大輔

    糸谷哲郎、佐藤天彦、高崎一生、先述戸辺の4名は、広瀬と同じく1987年前後に生まれ、1998年に奨励会に入会したライバルであり、奨励会時代に「平成のチャイルドブランド」としてとりあげられたこともある。広瀬はこの中では最も早く順位戦昇級に伴い五段に昇段した。初参加から2期目の第65期・2006年度のC級2組リーグで片上大輔に次ぐ2位の成績を収め、翌年度(第66期・2007年度)のC級1組リーグでもトップを走る快進撃を見せたが、最後の2局で連敗してしまい、2期連続での昇級を逃した。その翌年度(第67期・2008年度)も、自力昇級が見込める状態(2番手)で迎えた最終局で、休場明けの宮田敦史に敗れ、もう一人の昇級候補者であった窪田義行が勝ったことにより、再び昇級を逃した。しかしながら、翌々年度(第69期・2010年度)に、9勝1敗・1位の成績を収め、最初の昇級から4年でB級2組への昇級を遂げた。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た勝浦修

    広瀬 章人(ひろせ あきひと、1987年1月18日 - ) は、将棋棋士。勝浦修九段門下。棋士番号は255。北海道札幌市出身。王位1期。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た行方尚史

    第52期(2011年度)王位戦は、羽生善治二冠(王座・棋聖)の挑戦を受ける。第1局・第2局と勝つも、第3局・第4局と落とし第5局に勝ち、初防衛に王手をかける。第6局目を落とし、第7局目(9月12日9月13日、第6局と同じ神奈川県秦野市の陣屋)を迎えることとなったが、敗れて失冠した。第5回朝日杯将棋オープン戦は、決勝で、羽生二冠に敗れ、準優勝となる。第70期順位戦において、9勝0敗となり、最終局を残してB級1組への昇級を決める(最終成績は10勝0敗で1位)。そして2014年2月13日、第72期順位戦B級1組12回戦(自身11戦目)で丸山忠久を破り、9勝2敗として2位以内が確定しA級昇級を決める。これにより、同日付けで八段に昇段した。初めてA級に加わった第73期順位戦A級では、行方尚史、渡辺明、久保利明とともに6勝3敗で並び、プレーオフに進出したが、久保に敗れ、名人への挑戦権を得られなかった。第56期(2015年度)王位戦では、羽生善治王位への挑戦権を得たが、1勝4敗で敗れた。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

76件中 11 - 20件表示

「広瀬章人」のニューストピックワード