62件中 51 - 60件表示
  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た新人王戦 (将棋)

    第40期(2009年度)新人王戦の決勝三番勝負で、早稲田大学の後輩・中村太地を2勝0敗で破り、棋戦初優勝(2009年10月13日)。第22期(2009年度)竜王戦では、6組5位決定戦(上のクラスの欠員補充、2009年10月30日)で大野八一雄に勝ち、5組昇級(竜王戦初昇級)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た秦野市

    第52期(2011年度)王位戦は、羽生善治二冠(王座・棋聖)の挑戦を受ける。第1局・第2局と勝つも、第3局・第4局と落とし第5局に勝ち、初防衛に王手をかける。第6局目を落とし、第7局目(9月12日9月13日、第6局と同じ神奈川県秦野市の陣屋)を迎えることとなったが、敗れて失冠した。第5回朝日杯将棋オープン戦は、決勝で、羽生二冠に敗れ、準優勝となる。第70期順位戦において、9勝0敗となり、最終局を残して、B級2組からB級1組への昇級を決める(最終成績は10勝0敗で1位)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た跳満

    2011年11月27日の『コナミアーケードチャンピオンシップ2011』で、プロ雀士の藤崎智と『天下一将棋会』を使用したドリームマッチが行われ、飛車角落ちのハンデでまさかの敗戦を喫した。しかし、この後に行われた『麻雀格闘倶楽部』のドリームマッチでは、久保利明と共にプロ雀士の和泉由希子、白河雪菜と対局し、三暗刻の跳満で広瀬が圧勝。久保も七対子を和了して2着に入ったため、プロ棋士のワンツーフィニッシュとなった。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た大逆転将棋

    2010年1月1日放送の「大逆転将棋2010」で詰将棋の早解きに参戦し、宮田敦史に次いで2位となった(広瀬99問、宮田100問)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た詰将棋

    2010年1月1日放送の「大逆転将棋2010」で詰将棋の早解きに参戦し、宮田敦史に次いで2位となった(広瀬99問、宮田100問)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た朝日杯将棋オープン戦

    第52期(2011年度)王位戦は、羽生善治二冠(王座・棋聖)の挑戦を受ける。第1局・第2局と勝つも、第3局・第4局と落とし第5局に勝ち、初防衛に王手をかける。第6局目を落とし、第7局目(9月12日9月13日、第6局と同じ神奈川県秦野市の陣屋)を迎えることとなったが、敗れて失冠した。第5回朝日杯将棋オープン戦は、決勝で、羽生二冠に敗れ、準優勝となる。第70期順位戦において、9勝0敗となり、最終局を残して、B級2組からB級1組への昇級を決める(最終成績は10勝0敗で1位)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た将棋の段級

    昇段規定は、将棋の段級 を参照。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た番勝負

    第40期(2009年度)新人王戦の決勝三番勝負で、早稲田大学の後輩・中村太地を2勝0敗で破り、棋戦初優勝(2009年10月13日)。第22期(2009年度)竜王戦では、6組5位決定戦(上のクラスの欠員補充、2009年10月30日)で大野八一雄に勝ち、5組昇級(竜王戦初昇級)。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見たNHK杯テレビ将棋トーナメント

    第58回(2008年度)NHK杯戦で、元タイトルホルダーの2名(高橋道雄、丸山忠久)と阿久津主税に勝ち、ベスト8進出。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬章人

    広瀬章人から見た東京成徳大学中学校・高等学校

    5年時は、初戦で東日本3位となり後に高校将棋選手権優勝などの活躍をする相手に敗れた。6年時は東日本大会ベスト12に進出したが戸辺誠に敗れた。小学6年時に、奨励会入りし、当初は飛行機に乗って将棋会館まで通ったという。その後東京成徳高校高校1年で三段リーグ入り。高校の卒業式の翌日、2004年度後期の三段リーグ最終日に15勝3敗の成績で1位となり、2005年4月に早稲田大学入学と同時にプロ入り。奨励会では戸籍名である旧字体の廣瀬であったが、入段と同時に新字体の広瀬を用いている。広瀬章人 フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示

「広瀬章人」のニューストピックワード