31件中 11 - 20件表示
  • 春日王克昌

    春日王克昌から見た延坪島延坪島

    2010年11月23日、北朝鮮による韓国・延坪島(春日王の実家から直線距離80キロ)への砲撃(延坪島砲撃事件)を知らされ、ショックを受けている様子が報道された。春日王克昌 フレッシュアイペディアより)

  • 甕津郡 (黄海南道)

    甕津郡 (黄海南道)から見た延坪島延坪島

    1950年 - 朝鮮戦争において京畿道甕津郡(白翎面と松林面の一部を除く)が朝鮮民主主義人民共和国に占領され、黄海道甕津郡に改編。(13面)甕津郡 (黄海南道) フレッシュアイペディアより)

  • 康リョン郡

    康リョン郡から見た延坪島延坪島

    1952年12月 - 郡面里統廃合により、黄海道甕津郡龍淵面・鳳邱面・海南面・東江面および富民面・興嵋面・松林面の各一部地域(松林面は延坪島以外の全域)をもって、康翎郡を設置。康翎郡に以下の邑・里が成立。(1邑21里)康リョン郡 フレッシュアイペディアより)

  • 碧城郡

    碧城郡から見た延坪島延坪島

    なお、現在韓国側の仁川広域市甕津郡に所属する大延坪島・小延坪島はかつて碧城郡の所属であったが、日本の敗戦で朝鮮が分割占領された際、38度線以南に位置していたため米軍の占領下に入り、京畿道甕津郡に編入され、朝鮮戦争後も韓国の統治下にとどまり現在に至っている。碧城郡 フレッシュアイペディアより)

  • 第1延坪海戦

    第1延坪海戦から見た延坪島延坪島

    第1延坪海戦(だいいちヨンビョンかいせん、、)は、1999年6月15日に黄海延坪島付近で発生した朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と大韓民国(韓国)の艦艇による銃撃戦のことである。第1延坪海戦 フレッシュアイペディアより)

  • 金寛鎮

    金寛鎮から見た延坪島延坪島

    2010年3月26日に発生した海軍の浦項級コルベット・天安の沈没事件を受け、当時国防部長官であったは辞意を表明したが、その後も職に留まり残務処理を行っていた。しかし、同年11月23日には延坪島砲撃事件が発生し、軍人・民間人に死傷者が出る事態となった。この際、韓国軍側の対応に問題があったとして、金泰栄は11月25日付で李明博大統領に辞表を提出。一時は李熙元大統領室安保特別補佐官が後継に決まったと報じられたが、すぐに金寛鎮の長官内定が報じられた。国会承認に向けた人事聴聞会では北朝鮮が再度砲撃を行えば空爆も辞さないと発言するなど、強硬姿勢を鮮明にした。同年12月4日に正式就任し、その日のうちに延坪島を訪問した。金寛鎮 フレッシュアイペディアより)

  • 黄海道

    黄海道から見た延坪島延坪島

    現在の北朝鮮の行政区分、黄海北道・黄海南道に相当する。なお、朝鮮八道の他の道と違い、北朝鮮政府成立後に南北に分割されたため、韓国では分割を認めておらず、以北五道にも「黄海道」として1つに数えられている。なお、かつて黄海道に属していた一部の離島(白島、延坪島など)は現在韓国政府が実効支配しており、仁川広域市に属している。黄海道 フレッシュアイペディアより)

  • K-136 (多連装ロケット)

    K-136 (多連装ロケット)から見た延坪島延坪島

    2010年に発生した延坪島砲撃事件の後、延坪島と白ニョン島に臨時に配備され、2011年には常駐に切り替えられている。K-136 (多連装ロケット) フレッシュアイペディアより)

  • 奇亨度

    奇亨度から見た延坪島延坪島

    1960年に京畿道甕津郡延坪里(現在の仁川広域市甕津郡)で生まれる。本貫は幸州奇氏。1967年始興小学校に入学。比較的裕福な家庭で生まれた。しかし1969年父親が中風で倒れ、家計が苦しくなり母親が生計を立てるようになる。1973年に新林中学校に入学。1975年に姉が不慮の事故で死亡、この頃から詩を書き始める。1976年中央高等学校に入学し、校内の重唱団の一員として活動した。奇亨度 フレッシュアイペディアより)

  • スパイク (ミサイル)

    スパイク (ミサイル)から見た延坪島延坪島

    延坪島砲撃事件の後にスパイクNLOSを装備したプラサン サンドキャットを延坪島と白ニョン島に駐留する部隊に配備。スパイク (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

31件中 11 - 20件表示

「延坪島」のニューストピックワード