24件中 11 - 20件表示
  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た延坪島延坪島

    延坪島砲撃事件(ヨンピョンドほうげきじけん)は、2010年11月23日に大延坪島近海で起きた朝鮮人民軍と韓国軍による砲撃戦と、それを発端とする北朝鮮・韓国間の緊張の高まりなどの一連の事件のことである。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 延坪島砲撃事件

    延坪島砲撃事件から見た大延坪島延坪島

    - 午後、大延坪島周辺で6回、20発以上の砲声が聞こえる。対岸で北朝鮮軍が内陸で射撃訓練を行った模様。延坪島砲撃事件 フレッシュアイペディアより)

  • 碧城郡

    碧城郡から見た延坪島延坪島

    なお、現在韓国側の仁川広域市甕津郡に所属する大延坪島・小延坪島はかつて碧城郡の所属であったが、日本の敗戦で朝鮮が分割占領された際、38度線以南に位置していたため米軍の占領下に入り、京畿道甕津郡に編入され、朝鮮戦争後も韓国の統治下にとどまり現在に至っている。碧城郡 フレッシュアイペディアより)

  • 金寛鎮

    金寛鎮から見た延坪島延坪島

    2010年3月26日に発生した天安沈没事件を受け、国防部長官のが辞意を表明。その後も職に留まり残務処理を行ってきたが、同年11月23日に発生した延坪島砲撃事件において韓国軍側の対応に問題があったとして、11月25日に李明博大統領に辞表を提出。一時は李熙元大統領室安保特別補佐官が後継に決まったと報じられたが、すぐに金寛鎮の長官内定が報じられた。国会承認に向けた人事聴聞会では北朝鮮が再度砲撃を行えば空爆も辞さないと発言するなど、強硬姿勢を鮮明にした。同年12月4日に正式就任し、その日のうちに延坪島を訪問した。金寛鎮 フレッシュアイペディアより)

  • 菅内閣 (第2次改造)

    菅内閣 (第2次改造)から見た延坪島延坪島

    問責決議を受けた仙谷・馬淵、北朝鮮が韓国延坪島へ砲撃した延坪島砲撃事件では即日警察庁へ登庁しなかった責任を問われていた岡崎トミ子国家公安委員長が退任(ただし、仙石・馬淵は2ヵ月後に菅内閣の官房副長官又は首相補佐官として復帰している)。菅内閣 (第2次改造) フレッシュアイペディアより)

  • 東祥三

    東祥三から見た延坪島延坪島

    2011年11月24日に東京都選挙管理委員会が公表した政治資金収支報告書により、東が代表を務める民主党東京都第15区総支部が2010年、「渉外費」としてゴルフ場やゴルフ会に少なくとも9回28万円以上を支出し、更に2010年7月27日には「事務所費」の名目でゴルフ用品約5万円分を購入していたことが明らかになった。同支部は2010年、民主党本部から税金を原資とする政党交付金計1千万円を受けている。東事務所は「支持者らによる『東祥三ゴルフ会』があるなど、ゴルフを通じた政治活動もある」等と主張。活動の詳細についての説明はなかったものの、東本人の費用は「ポケットマネーで払っている」という。また「事務所費」の名目で購入したゴルフ用品もこのようなゴルフコンペにおいて秘書らが使うゴルフクラブやボールなどであると釈明、それらの用品は事務所で管理しているという。更に約3万円を千葉県のゴルフ場に払った記録がある2010年11月28日は、北朝鮮による韓国・延坪島砲撃の直後、米韓合同軍事演習の初日にあたる。東は当時、拉致問題・防災担当の内閣府副大臣であったが、2010年11月28日は菅直人首相が全閣僚に都内待機や緊急時の1時間以内の登庁を求めている状況であった。それにもかかわらず東は千葉県のゴルフ場に出掛けていたのではないかとの疑いも持たれたものの、東事務所は「公設第2秘書と私設秘書が支持者とのゴルフコンペに出掛けた費用であり、東本人は参加していない」と釈明している。東祥三 フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎トミ子

    岡崎トミ子から見た延坪島延坪島

    2010年9月の民主党代表選挙では菅直人首相の推薦人に名を連ね、選挙対策副本部長を務め菅の再選に尽力する。選挙後の内閣改造により発足した菅改造内閣で国家公安委員会委員長(内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全・少子化対策・男女共同参画)を兼務)に任命され、初入閣を果たした。しかし、2003年に大韓民国の日本大使館前で行われた反日デモに参加していた問題や、国際テロ捜査に関する文書流出問題、北朝鮮が韓国延坪島へ砲撃(詳細は延坪島砲撃事件参照)した際に即日警察庁へ登庁しなかった責任を問われ、菅再改造内閣では再任されず、半年弱で退任した。2011年1月、民主党副代表に就任。併せて、党中央代表選挙管理委員長に就任。2012年12月民主党代表選挙では海江田万里を支持した。岡崎トミ子 フレッシュアイペディアより)

  • 嫌韓

    嫌韓から見た延坪島延坪島

    2011年のフジテレビ騒動などで韓流・韓国寄りへの批判が、保守思考を持ったネットユーザーや行動する保守などの保守・右派系団体を中心に強まり、韓国寄りの報道や政治家の韓国・北朝鮮寄りと目される行為(民主党の鳩山由紀夫の発言や土肥隆一による韓国で行なわれた日本政府の竹島領有主張中止を求める共同宣言に参加した行為 ・民主党議員による在日韓国人の集会に参加した行為及び参政権を与えると宣言した行為 ・菅直人による東日本大震災の復興や北朝鮮による拉致問題が解決していないのにもかかわらず朝鮮学校の無償化の検討再開を指令したり、北朝鮮の延坪島砲撃の際に北朝鮮を批判しなかった行為など)を売国行為と批判している。また在日韓国・朝鮮人による朝鮮学校の授業料無償化や外国人参政権を求める行為や韓国の竹島の実効支配・韓国の反日的政策などで反韓感情が高まっている。また、在日や政治家だけではなく韓国本土の韓国人の日本を侮辱 ・否定する行為(自民党議員の入国拒否や東日本大震災を祝ったり喜ぶなどの不謹慎な行為・スポーツの試合で竹島は韓国領と主張する行為や相手チームの選手や国旗を侮辱する行為・サッカー韓国代表の奇誠庸による猿真似行為(※韓国では日本人を侮辱する際に猿を使う事がある)やその理由が旭日旗にあるとした行為(後に競技場内には旭日旗は確認されず奇はこの発言を撤回している。また、その際に捏造に近い形で競技場にあった旭日旗を紹介したのがテレビ朝日だが、写真の説明には無理があったうえに奇の発言撤回の後にワールドカップのオランダ戦の写真だと修正放送を行った)でも韓国の対応及びそれに便乗する日本メディアへの批判がある。なお、現在の日本の嫌韓の中核となっているのは主に保守・右派勢力であるが、嫌韓感情の広がりは特定の団体や政治家を媒介としたものではなく、インターネットなどを媒体とした草の根の広がりであるところに特徴がある。歴史的には日本の戦後右派勢力の主流は反共 ・反北朝鮮の立場から親韓派であり、今なお親韓の立場をとる保守政治家や右翼団体(ここでいう右翼団体とは保守系市民団体を除く街宣右翼などを指す)も存在する。ただし韓国が竹島を実効支配したり、前述のような侮日・反日行為があるので北朝鮮のみならず韓国を批判する右翼団体も年々増加傾向にある。(街宣右翼などを参照)嫌韓 フレッシュアイペディアより)

  • Nスタ

    Nスタから見た延坪島延坪島

    11月23日 : 北朝鮮が韓国・ヨンピョン島へ砲撃したことに関するニュースを速報で伝えるためTBSでは約10分前倒しして開始。Nスタ フレッシュアイペディアより)

  • 11月23日

    11月23日から見た延坪島延坪島

    2010年 - 北朝鮮が韓国・延坪島を砲撃、韓国側も対抗射撃(延坪島事件)。11月23日 フレッシュアイペディアより)

24件中 11 - 20件表示

「延坪島」のニューストピックワード