前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4729件中 1 - 10件表示
  • 法整備支援

    法整備支援から見た弁護士弁護士

    日系企業のアジア進出は、中国に限らず、東南アジア諸国で拡大を続け、これに伴って日本の四大法律事務所もアジアでの業務展開を急速に拡大しており、ビジネス環境整備としての法整備支援の重要性はさらに増していくものと考えられる。この点につき、アジアで日系企業への法的アドバイスを行っている日本の弁護士も、「法整備支援の意味は、今後、日本の人口が減少し、経済が小さくなる中で、日本企業が海外において活動しやすい状況を作る意味でも、また、投資の受け皿としての制度を形成していく意味でも、益々、重要になるものと信じている。」など、法整備支援への期待を述べている。実際にも、こういった弁護士と法務省、外務省が連携してアジア法の調査を行い、調査結果を法整備支援に活用するとともに、弁護士、日系企業などへ広く知見を還元する試みもなされている。法整備支援 フレッシュアイペディアより)

  • 外資系法律事務所

    外資系法律事務所から見た弁護士弁護士

    外国法事務弁護士として原資格法に関する法律事務を行うことが承認された後も、外国法事務弁護士が弁護士を雇用したり、弁護士との間でパートナーシップを組んで共同して事業を行ったりすることは禁止されていた。外資系法律事務所 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士試験

    弁護士試験から見た弁護士弁護士

    弁護士試験(べんごししけん)は、1893年(明治26年)より1922年(大正11年)まで行われていた、弁護士資格取得のための試験である。1892年以前は「代言人試験」として行われ、1923年以降は「高等試験(高等文官試験)司法科」として、判事・検事と同一の資格試験に統一された。弁護士資格は弁護士試験合格者の他、判事検事資格保有者、帝国大学法科大学卒業生や判事検事登用試験に合格し司法官試補の資格を取得した者にも無試験で与えられていた。一方で三年間弁護士であった者は、判事又は検事に任命することができた(裁判所構成法第65条第1項)が、法曹資格は司法官と弁護士の二元制度であった。弁護士試験 フレッシュアイペディアより)

  • 西村眞悟弁護士法違反事件

    西村眞悟弁護士法違反事件から見た弁護士弁護士

    西村眞悟弁護士法違反事件(にしむらしんごべんごしほういはんじけん)とは、弁護士である西村眞悟衆議院議員が1997年(平成9年)から2004年(平成16年)にかけて右翼活動家の男性に自身の弁護士名義を違法に使用させ、交通事故の示談交渉などにあたらせた上で利得の一部を受け取っていたとして、弁護士法違反の罪に問われた事件。西村眞悟弁護士法違反事件 フレッシュアイペディアより)

  • 税理士

    税理士から見た弁護士弁護士

    「税理士となる資格を有する者」としては、公認会計士、弁護士、税理士試験に合格し2年以上の実務経験を持つ者、23年以上税務署に勤務した国税従事者があり、税理士名簿への登録を受けることによって「税理士」となり、税務をおこなうことができる(同法3条1項)。税理士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士試験

    弁護士試験から見た代言人弁護士

    弁護士試験(べんごししけん)は、1893年(明治26年)より1922年(大正11年)まで行われていた、弁護士資格取得のための試験である。1892年以前は「代言人試験」として行われ、1923年以降は「高等試験(高等文官試験)司法科」として、判事・検事と同一の資格試験に統一された。弁護士資格は弁護士試験合格者の他、判事検事資格保有者、帝国大学法科大学卒業生や判事検事登用試験に合格し司法官試補の資格を取得した者にも無試験で与えられていた。一方で三年間弁護士であった者は、判事又は検事に任命することができた(裁判所構成法第65条第1項)が、法曹資格は司法官と弁護士の二元制度であった。弁護士試験 フレッシュアイペディアより)

  • 司法修習

    司法修習から見た弁護士弁護士

    司法試験の合格者は、最高裁判所に司法修習生として採用され、公務員に準じた身分で司法修習を行う。司法修習は裁判官・検察官・弁護士のいずれを志望する場合であっても、原則として同一のカリキュラムに沿って行い、修了後、裁判官であれば判事補として任官、検察官であれば検事(2級)として任官(これを「任検」という。)、弁護士であれば弁護士会への登録を行い、それぞれ法曹として活動するほか、研究者等それ以外の進路を選ぶ者もいる。司法修習 フレッシュアイペディアより)

  • ジャナ・アンドラン

    ジャナ・アンドランから見た弁護士弁護士

    こうした理不尽な発砲を受けた人たちの治療に当たった病院の医師たちも疑問を持った。トリブバン大学付属ティーチング病院の医師たちは2月23日、政府に抗議するストライキを決行した。また、2月20日には全国の弁護士が裁判の審理をボイコットした。人権派の医師であったトリブバン大学付属ティーチング病院のマトゥラ・プラサド・シュレスタ教授は、医師、弁護士、人権活動家などとともに、マリチ・マン・シン・シュレスタ首相に面会し、抗議することにした。15人が集まった。面会は一時間に及び、激しい議論になった。しかし、双方の主張はすれ違いに終わった。ジャナ・アンドラン フレッシュアイペディアより)

  • 大鶴基成

    大鶴基成から見た弁護士弁護士

    大鶴 基成(おおつる もとなり、1955年3月3日 - )は日本の元検察官で弁護士大鶴基成 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤昌樹

    佐藤昌樹から見た弁護士弁護士

    2009年、それをきっかけに全国からの建築紛争の相談窓口となることが出来るように、一般社団法人建築トラブル相談センターを開設。建築紛争は建築士、弁護士のタイアップを必要とするため、建築士として、弁護士をサポートし建築紛争を解決する業務を開始した。佐藤昌樹 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
4729件中 1 - 10件表示

「弁護士」のニューストピックワード