前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3206件中 1 - 10件表示
  • 法整備支援

    法整備支援から見た弁護士弁護士

    日系企業のアジア進出は、中国に限らず、東南アジア諸国で拡大を続け、これに伴って日本の四大法律事務所もアジアでの業務展開を急速に拡大しており、ビジネス環境整備としての法整備支援の重要性はさらに増していくものと考えられる。この点につき、アジアで日系企業への法的アドバイスを行っている日本の弁護士も、「法整備支援の意味は、今後、日本の人口が減少し、経済が小さくなる中で、日本企業が海外において活動しやすい状況を作る意味でも、また、投資の受け皿としての制度を形成していく意味でも、益々、重要になるものと信じている。」など、法整備支援への期待を述べている。実際にも、こういった弁護士と法務省、外務省が連携してアジア法の調査を行い、調査結果を法整備支援に活用するとともに、弁護士、日系企業などへ広く知見を還元する試みもなされている。法整備支援 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2009年

    訃報 2009年から見た弁護士弁護士

    1月16日 - ジョン・モーティマー(John Mortimer)、イギリスの弁護士・作家・脚本家(* 1923年)訃報 2009年 フレッシュアイペディアより)

  • 外資系法律事務所

    外資系法律事務所から見た弁護士弁護士

    ただ、外国法事務弁護士として原資格法に関する法律事務を行うことが承認された後も、外国法事務弁護士が弁護士を雇用したり、弁護士との間でパートナーシップを組んで共同して事業を行うことは禁止されていた。その後、平成6年(1994年)の外弁法改正で、外国法事務弁護士と一定の資格を有する弁護士間において、一定の範囲内の法律事務を行うことを目的とする共同の事業(「特定共同事業」)が許容され、平成10年(1998年)には特定共同事業に関する制限の緩和も行われたが、雇用等の禁止は維持されたままであった。外資系法律事務所 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士試験

    弁護士試験から見た弁護士弁護士

    弁護士試験(べんごししけん)は、1893年(明治26年)より1922年(大正11年)まで行われていた、弁護士資格取得のための試験である。1892年以前は「代言人試験」として行われ、1923年以降は「高等試験(高等文官試験)司法科」として、判事・検事と同一の資格試験に統一された。弁護士資格は弁護士試験合格者の他、判事検事資格保有者、帝国大学法科大学卒業生や判事検事登用試験に合格し司法官試補の資格を取得した者にも無試験で与えられていた。一方で三年間弁護士であった者は、判事又は検事に任命することができた(裁判所構成法第65条第1項)が、法曹資格は司法官と弁護士の二元制度であった。弁護士試験 フレッシュアイペディアより)

  • 司法修習

    司法修習から見た弁護士弁護士

    司法試験の合格者は、最高裁判所に司法修習生として採用され、公務員に準じた身分で司法修習を行う。司法修習は裁判官・検察官・弁護士のいずれを志望する場合であっても、原則として同一のカリキュラムに沿って行い、修了後、裁判官であれば判事補として任官、検察官であれば検事(2級)として任官(これを「任検」という。)、弁護士であれば弁護士会への登録を行い、それぞれ法曹として活動するほか、研究者等それ以外の進路を選ぶ者もいる。司法修習 フレッシュアイペディアより)

  • 日本司法支援センター

    日本司法支援センターから見た弁護士弁護士

    裁判制度の利用をより容易にするとともに、弁護士のサービスをより身近に受けられるようにするための総合的な支援の実施及び体制の整備に関し、民事、刑事を問わず、あまねく全国において、法による紛争の解決に必要な情報やサービスの提供が受けられる社会の実現を目指して、その業務の迅速、適切かつ効果的な運営を図っている。愛称は法テラスで、「法で社会を明るく照らす」「陽当たりの良いテラスのように皆様が安心できる場所にする」という思いを込める。日本司法支援センター フレッシュアイペディアより)

  • 石丸幸人

    石丸幸人から見た弁護士弁護士

    石丸 幸人(いしまる ゆきと、1972年8月26日 - )は、日本の弁護士(登録番号:30934、東京弁護士会所属、元東京弁護士会会長候補)。北海道室蘭市出身。『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)や『スーパーモーニング』(テレビ朝日)などに出演している。マネジメントはオフィス北野と業務提携。アディーレ法律事務所代表。左利きである。剣道2段。保育士・社会保険労務士の資格も合わせ持つ。石丸幸人 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見た弁護士弁護士

    1月23日 - 渡辺道子、日本の弁護士、第二東京弁護士会所属(* 1915年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士試験

    弁護士試験から見た代言人弁護士

    弁護士試験(べんごししけん)は、1893年(明治26年)より1922年(大正11年)まで行われていた、弁護士資格取得のための試験である。1892年以前は「代言人試験」として行われ、1923年以降は「高等試験(高等文官試験)司法科」として、判事・検事と同一の資格試験に統一された。弁護士資格は弁護士試験合格者の他、判事検事資格保有者、帝国大学法科大学卒業生や判事検事登用試験に合格し司法官試補の資格を取得した者にも無試験で与えられていた。一方で三年間弁護士であった者は、判事又は検事に任命することができた(裁判所構成法第65条第1項)が、法曹資格は司法官と弁護士の二元制度であった。弁護士試験 フレッシュアイペディアより)

  • 平成電電

    平成電電から見た弁護士弁護士

    平成電電株式会社(へいせいでんでん、Heisei Denden Co., Ltd.)は、破産した日本の電気通信事業者である。商品はCHOKKAなど。本社は東京都渋谷区にあった。創業地の福岡県福岡市に福岡本部を持っていた。破産管財人は、河野玄逸弁護士平成電電 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
3206件中 1 - 10件表示