137件中 21 - 30件表示
  • 弁護士

    弁護士から見た大学

    司法試験合格後に国会議員、内閣法制局参事官や大学で法律学を研究する大学院の置かれているものの法律学を研究する学部、専攻科若しくは大学院における法律学の教授若しくは准教授の職などに在った期間通算5年以上経験した者弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た裁判外紛争解決手続

    訴訟代理は従来、弁護士の独占業務であり弁護士以外にはできないとされていたため、弁護士へのアクセスの難しい地方や少額の事件の当事者は、弁護士を立てずに行う本人訴訟を余儀なくされていた。こうした状況を改善するため、弁護士以外の法律専門資格の保持者に、その関係分野や一定の金額までの紛争に関して訴訟代理権を付与することや、法廷外での紛争解決制度(ADR)に関与を許す動きが、司法制度改革の一環として広がっている。例えば2003年に、一定の研修を受け認定試験に合格した司法書士(簡裁代理認定司法書士)に、簡易裁判所での訴訟代理権が認められた。すなわち簡裁代理認定司法書士は、簡易裁判所における通常訴訟や少額訴訟、民事調停、裁判外の示談交渉、和解手続(ただし簡易裁判所の民事訴訟の対象となるものに限る)等の訴訟代理を行うことができるようになった。これら司法書士の権限の拡大に伴い、紛争当事者の権利を保護するため、懲戒規定の強化がなされている。以前は、司法書士は法的裁判所に提出する書類の作成はできたが、訴訟代理権は認められていなかった。また司法書士の他、弁理士、土地家屋調査士、社会保険労務士の4士業について、代替的紛争解決制度における代理権(ADR代理権)が付与されることとなった。また、組合方式の債権回収については、実務を行う者が弁護士である必要はない弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た日本司法支援センター

    資力の乏しい者が弁護士の援助を受ける方法としては、日本司法支援センター(法テラス)による法律扶助の制度があり、「勝訴の見込みがないとはいえない」場合に、弁護士費用や裁判費用の援助が受けられる。法テラスは、弁護士紹介事業も行っている。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た倒産

    広義の企業法務とは、主として企業を委任者とする法律問題を扱う分野である。企業法務(広義)は、多くの場合、狭義の企業法務(コーポレートとも)、金融法務(ファイナンスとも)、税務、知的財産、倒産・事業再生、紛争処理などの分野に分かれている。いずれの分野も渉外案件を含み得る。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た懲戒

    訴訟代理は従来、弁護士の独占業務であり弁護士以外にはできないとされていたため、弁護士へのアクセスの難しい地方や少額の事件の当事者は、弁護士を立てずに行う本人訴訟を余儀なくされていた。こうした状況を改善するため、弁護士以外の法律専門資格の保持者に、その関係分野や一定の金額までの紛争に関して訴訟代理権を付与することや、法廷外での紛争解決制度(ADR)に関与を許す動きが、司法制度改革の一環として広がっている。例えば2003年に、一定の研修を受け認定試験に合格した司法書士(簡裁代理認定司法書士)に、簡易裁判所での訴訟代理権が認められた。すなわち簡裁代理認定司法書士は、簡易裁判所における通常訴訟や少額訴訟、民事調停、裁判外の示談交渉、和解手続(ただし簡易裁判所の民事訴訟の対象となるものに限る)等の訴訟代理を行うことができるようになった。これら司法書士の権限の拡大に伴い、紛争当事者の権利を保護するため、懲戒規定の強化がなされている。以前は、司法書士は法的裁判所に提出する書類の作成はできたが、訴訟代理権は認められていなかった。また司法書士の他、弁理士、土地家屋調査士、社会保険労務士の4士業について、代替的紛争解決制度における代理権(ADR代理権)が付与されることとなった。また、組合方式の債権回収については、実務を行う者が弁護士である必要はない弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た法科大学院

    日本で弁護士になるには、法科大学院課程を修了し、法務省の司法試験委員会が行う司法試験に合格し、その後、司法研修所に入所し司法修習を修了するのが通例である。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た知的財産

    広義の企業法務とは、主として企業を委任者とする法律問題を扱う分野である。企業法務(広義)は、多くの場合、狭義の企業法務(コーポレートとも)、金融法務(ファイナンスとも)、税務、知的財産、倒産・事業再生、紛争処理などの分野に分かれている。いずれの分野も渉外案件を含み得る。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た鎌倉時代

    日本では鎌倉時代に六波羅探題等で争議に際して弁論・口述の長けた代官が存在している。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見たバンキング

    狭義の企業法務には、一般企業法務(ジェネラル・コーポレート)、ガバナンス、M&A、労働問題(使用者側)などが含まれる。金融法務は、バンキング、キャピタル・マーケット、金融規制、ストラクチャード・ファイナンス、アセット・マネジメントなどを扱うものである。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た無罪

    また刑事訴訟では、弁護人として被告人の無罪を主張し、あるいは適切な量刑が得られるように、検察官と争う。弁護士 フレッシュアイペディアより)

137件中 21 - 30件表示

「弁護士」のニューストピックワード