137件中 81 - 90件表示
  • 弁護士

    弁護士から見た成年後見制度

    犯罪行為や違法・脱法行為に関与したり、弁護士資格を持たない知人に事務所を運営させるなどして非弁活動に事実上肩入れしたり、民事訴訟を提起したかのように装い判決文を偽造したりするなどのケースがある。また、成年後見制度を悪用するなどして高齢者などの財産を着服したり騙し取ったりするケースも多発しており、読売新聞の取材では、2013年から2015年にかけて23人の弁護士が起訴されている。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た法人

    法人化を認める弁護士法の改正がなされたことから、一部の法律事務所は法人化しており、事務所を複数持つことができるなどのメリットがある。経営弁護士が複数の場合、組織法的には、民法上の組合や弁護士法人がある。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見たマアト

    弁護士記章には、中央にエジプト神話マアトの「真実の羽根」との重さを比較する天秤を配した向日葵がデザインされている。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た渉外事務所

    一方、法的観点を離れた組織のあり方としては、共同事務所(複数の弁護士が経営を共同するもの)と個人事務所といった種類がある。扱う案件の内容によっては、渉外事務所(国際案件をも対象とする事務所、あるいは、かつて国際案件を主に対象としていた大規模な事務所)と国内系事務所、総合事務所(対象範囲が全般的ないしは広い)とブティック(専門分化し特定分野に強みがある)などのような分類がされることがある。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見たファトワー

    刑事裁判では、弁護人は必須ではなく、国選弁護制度などの制度がないどころか、過去に被告が弁護士の立会いを要求したのに対して裁判に弁護士が立ち会う法的根拠が無いとして弁護士を拒否した判例が複数回出ており、大半の刑事裁判は弁護士無しで行われている。そもそもシャーリアの裁判において、弁護人となる者は、被告が所属する部族の部族長などの部族有力者、王族、ウラマーなどのイスラム法学者などであり、ムフティーに自分の正当性を証明してもらうファトワーを依頼するという手段もある。古くからワスタと呼ばれる仲介者を介して弁護人を頼む社会習慣によって運営されている。弁護士が法廷で弁護するということはワスタへの人脈がない人間が金銭によって弁護人を雇うと言うことであり、有力な人脈のない者にとっては弁護士が最後の頼みの綱でもある。このためサウジアラビア国外の人権擁護団体などが被告を擁護する場合に雇う事例も多い。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見たジュリス・ドクター

    司法試験は各州当局により実施されており、受験資格や合格基準も州により異なる。多くの州に共通する部分を概説すると次のとおりである。司法試験を受験するためには、原則としてアメリカ法曹協会が認定するロー・スクールにおいてジュリス・ドクター(法務博士)の学位を取得する必要がある。ただし、英米法系の国において同様と認められる法学教育を受けた者や、非英米法系の国で法学教育を受けた後、アメリカのロー・スクールで一定の学位を取った者にも受験資格が認められることがある。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見たスポーツ新聞

    以前は、弁護士は、職業の性格上、宣伝広告をすべきでないという考え方が一般的で、弁護士や法律事務所の広告は法律で規制されていた。この規制は2000年10月より撤廃され、大都市を中心に債務整理、破産手続等を担当する法律事務所を中心に、広く一般に対する広告(鉄道やバスの車内広告、スポーツ新聞、タウンページ、インターネット広告)が増えてきている。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た民事

    一般民事とは、主として個人から委任される民事上の一般的な法律問題を扱う分野である。過払金返還、被害者側保険請求、交渉、個人の破産・再生などがある。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た近世

    近世ヨーロッパでは法律家を養成するため、各大学に法学部が設置されていた。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た副検事

    副検事が特別考査に合格して検察官(副検事を除く)として5年以上在職した者弁護士 フレッシュアイペディアより)

137件中 81 - 90件表示

「弁護士」のニューストピックワード