131件中 81 - 90件表示
  • 弁護士

    弁護士から見た西ヨーロッパ

    現在の弁護士制度は西ヨーロッパにおいて発達したものに由来する。地域及び担当する裁判所の種類によって名称は様々であり、また、代理を行う者(代訴人や事務弁護士)と弁論を行う者(代言人や法廷弁護士)が区別されることも多く、現在でもそのような区別が残っている国も多い。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た委任

    近年ようやく、依頼者が弁護士を代理人として委任しようとするとき、その弁護士が過去3年間に受けた懲戒請求事案について開示を求めることができるようになった。また弁護士を依頼しない本人訴訟による提訴も増加している。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た公事宿

    江戸時代の「公事宿(くじやど)」「公事師(くじし)」は、日本において独自に発達したもので、弁護士に類似するとも考えられるが、その性格は大きく異なる。詳細はそれぞれの項目を参照。明治のはじめの代言人は少なからず公事師が衣替えした者であり、俗に訴訟1件を300文(実際に300文だった訳ではなく、二束三文のように価値の少ないことを表す)で引き受け、不適切な活動を行うという、いわゆる三百代言の語源ともなった。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た弁護士会

    各地方裁判所管轄区域(=北海道の4ブロックと都府県)ごとに置かれる弁護士会や、日本弁護士連合会(日弁連)が弁護士の監督を行う(ちなみに戦前は司法省に弁護士・弁護士会を監督する権限が与えられていた)。これらの弁護士の公権力からの自立性を弁護士自治という。このため、弁護士会及び日弁連は強制加入団体となっており、弁護士登録をする者は、各弁護士会と日弁連に対し会費を拠出する。これら弁護士の懲戒については、各弁護士会あるいは日弁連の綱紀委員会、懲戒委員会が行うが、弁護士の関与なしに学識経験者等が判断することが可能となっており、不公平、身内びいきであるという批判も強い。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た王族

    サウジアラビアの法律はワッハーブ派の教義に基づくイスラーム法であるため弁護士はワッハーブ派のムスリムであることが必須条件であった。弁護士資格以前にワッハーブ派のムスリムにしか国籍を認めていなかったという事情もあった。しかし2006年からシーア派のムスリム、ズィンミーであるキリスト教徒、ユダヤ教徒、ヒンドゥー教徒にも一定の条件下では弁護士資格が認められるようになった。弁護士はシャーリアに存在の根拠を持たないため、裁判官などと異なり異教徒がなってもかまわない職業であるとされている。その多くはサウジアラビアと政治的に関係が深いアメリカに居ると言われている。サウジアラビアにおける弁護士の地位は日本や欧米に比べると弁護士自治が低く、裁判の判決に不服従であれば資格を剥奪されたりするし、国王、国家、宗教指導者などを訴えることも実質的に出来ない。もしも王族相手に訴訟を起こせば「国の統治者たちへの反対意見の流布および扇動行為」という罪状により刑務所に入れられる。実際に国王相手に憲法違反裁判を起こした弁護士と大学教授が5年の実刑判決を受けて出所後は政治難民としてイギリスでイスラーム法的権利擁護委員会を運営している。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た民事

    一般民事とは、主として個人から委任される民事上の一般的な法律問題を扱う分野である。過払金返還、被害者側保険請求、示談交渉、個人の破産・再生などがある。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た顧問弁護士

    司法制度改革当初は、弁護士が企業の法務部に就職してインハウスロイヤーになるなど新しい道が提唱されていたが、損害保険会社などの顧問弁護士としての採用はともあれ、現実には弁護士を社員として採用する企業は少なく、2009年下半期の調査でも412人しか存在していない。米国の大企業のように、社内弁護士を百人単位で雇用している会社ならいざ知らず、日本の企業は大企業であっても社内弁護士を雇用している例はむしろ希少であり、日本の企業では経験の浅い弁護士を採用してトレーニングするノウハウを持たない。すなわち日本の企業が社内弁護士として求める弁護士は、既に単独で業務遂行が十分にできる程度の経験を有する経験弁護士に限られることになり、このような条件を満たす弁護士で、かつ、社内弁護士として勤務することを希望する弁護士は多くない。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た海事補佐人

    弁護士は、別途弁理士または税理士の登録を受けることなく、弁護士登録のみで当然に弁理士および税理士の職務を行うことができる。また本来の職務に付随する場合に限り、司法書士、行政書士、社会保険労務士、海事代理士、海事補佐人の職務を行なうことができる。なお、弁護士となる資格を有する者は、その資格をもって、弁理士、税理士、行政書士、社会保険労務士、海事補佐人の資格登録をすることができるが、司法書士や海事代理士の資格では、弁護士であっても所定の国家試験に合格しなければ資格者となれない(なお、「弁護士となる資格を有する者」とは、司法試験合格のみでは足らず、司法修習を修了した者を指す。弁護士法4条)。弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た専攻科

    司法試験合格後に国会議員、内閣法制局参事官や大学で法律学を研究する大学院の置かれているものの法律学を研究する学部、専攻科若しくは大学院における法律学の教授若しくは准教授の職などに在った期間通算5年以上経験した者弁護士 フレッシュアイペディアより)

  • 弁護士

    弁護士から見た破産手続

    以前は、弁護士は、職業の性格上、宣伝広告をすべきでないという考え方が一般的で、弁護士や法律事務所の広告は法律で規制されていた。この規制は2000年10月より撤廃され、大都市を中心に債務整理、破産手続等を担当する法律事務所を中心に、広く一般に対する広告(鉄道やバスの車内広告、スポーツ新聞、タウンページ、インターネット広告)が増えてきている。弁護士 フレッシュアイペディアより)

131件中 81 - 90件表示

「弁護士」のニューストピックワード