張本勲 ニュース&Wiki etc.

張本 勲(はりもと いさお、1940年6月19日 - )は、広島県広島市出身の元プロ野球選手(外野手)、野球解説者・野球評論家、日本プロ野球名球会会員、韓国野球委員会(KBO)コミッショナー特別補佐官。在日韓国人二世であり、本名は張 勲(読みがな:チャン・フン、ハングル:)。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「張本勲」のつながり調べ

  • 山本一義

    山本一義から見た張本勲

    大野豊のプロ野球入りは、出雲市で開催された山本と池谷公二郎のカープ野球教室が切っ掛け。古葉の後継監督と見なされていたが、古葉が好成績を続けたため、広島を退団し、西本幸雄に招かれ1980年から1981年まで近鉄バファローズ二軍打撃コーチを務めた。1981年オフ、ロッテオリオンズは、山内一弘の後任監督選定に難航し、最初張本勲に要請したが断られ、続いて有藤道世のプレイングマネージャーも流れ、オーナーの重光武雄が旧知の鶴岡に次期監督を相談、大学の先輩である鶴岡の推薦により山本が監督に就任した。1982年は落合博満の三冠王獲得に尽力した。1983年は球団史上初の最下位となり解任されたが、シーズン後半は、高沢秀昭やスイッチヒッターに転向させた西村徳文ら、若手を我慢して起用して育てた。退任後は鶴岡の計らいで1984年から1985年まで南海ホークス一軍打撃コーチを務め、山本和範・吉田博之らを育てた。南海退団後は1986年から1988年からまで関西テレビ、1989年から1993年まで中国放送の野球解説者、1986年から1992年までサンケイスポーツの野球評論家、カープアカデミーコーチ(1991年 - 1993年。RCC解説者と並行して活動)を経て、1994年から1998年まで古巣・広島の一軍チーフ兼打撃コーチを務めた。金本知憲・木村拓也の育成も有名だが、キャンプで打球が前に飛ばなかったルイス・ロペスをセ・リーグ史上ただ一人、来日1年目から2年連続3割100打点(打点王)を獲らせるなど多くの強打者を育成した。金本は「三村さんと山本一義さんは野球界の恩人」と著書に記している。(山本一義 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田誠 (野球)

    吉田誠 (野球)から見た張本勲

    同年のドラフト会議で、東映フライヤーズから1位指名を受け入団。右の長距離打者として期待され、1969年のジュニアオールスターにも出場。1971年には外野手として7試合に先発出場を果たす。しかし当時の東映の外野手には、張本勲をはじめ白仁天、毒島章一などの実力者が揃っており、代打や守備固めでの起用が多かった。(吉田誠 (野球) フレッシュアイペディアより)

「張本勲」のニューストピックワード