195件中 91 - 100件表示
  • 大リーグボール

    大リーグボールから見た張本勲張本勲

    バットをよける遅球。下手投げのスローボールで、球を放す刹那、親指と人差し指で球を押し出し、本塁近くで球の推進力が零に近くなり、バットの風圧で浮き沈みする。原作で最初にこれを「バットをよける球」と言ったのは張本勲で、彼は「3号は1号と逆」と表現(「ある座談会」)。飛雄馬自身の分析によれば、誰が投げてもそうなるのではなく、自身の球質の軽さも手伝っているのではないか、という。大リーグボール フレッシュアイペディアより)

  • 登録名

    登録名から見た張本勲張本勲

    主に在日コリアンにおいては日本名(通名)で選手登録を行うケースが多く、これも登録名の一種とみなされる。日本プロ野球での金田正一、張本勲、新井宏昌、金城基泰、金石昭人、金村義明、中村武志、桧山進次郎、金城龍彦など。東京六大学野球での広沢克己(ただしオリンピック出場のため明大3年の初めに帰化)。日本女子プロゴルフの滝浪愛。オートバイレースの片山敬済。登録名 フレッシュアイペディアより)

  • モルツ

    モルツから見た張本勲張本勲

    試合の模様は、試合の行われた週の週末に放送される「サンデーモーニング」の「週刊御意見番」にて大沢啓二、張本勲の解説と共にダイジェスト版が放送されていた。また、スポーツニュース番組「すぽると!」でニュースとして放送される場合もある。モルツ フレッシュアイペディアより)

  • 淡口憲治

    淡口憲治から見た張本勲張本勲

    だがに日本ハムファイターズから張本勲がトレードで移籍してくると、張本、柳田俊郎、末次利光との外野手のレギュラー争いが激化。レギュラーを奪えなかった淡口は代打での起用が多くなる。1976年10月12日長嶋茂雄監督率いる巨人初優勝のマジック1とした試合の4回裏二死満塁で安仁屋宗八の2球目のスライダーを叩いて10号本塁打を放ったが、これは同時に日本プロ野球通算700本目の満塁本塁打であった。にはプロ入り初の規定打席到達を果たし、打率.302の成績をマークするが、駒田徳広や吉村禎章といった若手の台頭もあり年々出場機会が減少していった。淡口憲治 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ブルームフィールド

    ジャック・ブルームフィールドから見た張本勲張本勲

    ブルームの外角打ちの上手さに目をつけた張本勲は、ある日ブルームに外角打ちの極意を尋ねた。それに対してブルームは「外角を打つには内角を打つのが上手でないといけない。それは、外角に意識が向いている時に内角に直球が来ると手が出ないからである。こちらが内角を打つのが上手だと、投手が内角に投げるのを嫌がって外角に投げることが増える。そこで、相手の配球を読んで投手が外角に投げてくるのを狙い打つのだ(すなわち相手が外角に投げてくるとわかるので上手に外角が打てる)」と説明をした。これを聞いた張本は「なるほど、バッティングとは奥が深い」と感心したという。ジャック・ブルームフィールド フレッシュアイペディアより)

  • 後藤駿太

    後藤駿太から見た張本勲張本勲

    はキャンプ中に頭角を現し、高卒新人野手では球団史上初となる開幕一軍入りを果たすと、開幕戦では9番・右翼手で先発出場し、高卒新人外野手では張本勲(東映)以来52年ぶりとなる開幕スタメンデビューを果たした。4月13日の対ソフトバンク戦では、初回に内川聖一のライトフライから、三塁タッチアップを狙った俊足の本多雄一を三塁で刺す好守備を見せた。4月20日の対日本ハム戦でプロ初安打、更にプロ初打点となる適時打を放ち、2安打を放った。しかし、それ以外の試合では全く安打が出ないほど、打撃面でプロの壁に当たり、5月9日に二軍降格。その後は二軍で主に1番を務めて実戦を積み、9月17日に一軍再昇格。代走・守備要員としての出場や、9番スタメンで出場する機会を得た。1年目は30試合に出場して打撃こそ4安打、打率.100に留まったが、守備面では強肩好守を見せる等、随所で高いセンスを発揮した。後藤駿太 フレッシュアイペディアより)

  • 江本孟紀

    江本孟紀から見た張本勲張本勲

    法政大学二部経営学部中退後、社会人野球熊谷組へ進む。在職中には、公共事業の入札に参加した事もあった(『おれ、紆球曲球』より)。のドラフト外で東映フライヤーズに入団。初年度のは中継ぎしか出番がなかったが、同年オフに南海ホークス監督の野村克也が才能を見抜き、佐野嘉幸と共に、高橋博士との交換トレードで移籍する。江本は「東映よりは全然よかった。東映は恐ろしかったもん。あの頃。張本さんに白さんに大杉さん。南海は門田とか黒田とか、堀井とか同級生がいっぱいいたし。全然違和感がなかった。」と語っている。江本孟紀 フレッシュアイペディアより)

  • 水原茂

    水原茂から見た張本勲張本勲

    1961年オフには大規模な補強を敢行して、浪商2年生だった尾崎行雄を中退させて獲得、早慶戦で活躍した安藤元博、立教大学の青野修三、芝浦工大の岩下光一らを獲得。尾崎はエースとして活躍し、青野、岩下は二遊間を組んでレギュラーとなるなど、補強は成功し、チームはリーグ優勝を果たした。1962年の日本シリーズでは藤本定義率いる阪神タイガースと対戦、1分2敗となった第4戦から4連勝して日本一を達成する(第7戦では主砲張本勲に守備固めの選手と交代させるなど非情な采配でチームを引き締めた)。以後1967年まで監督を務めて、その間Aクラスを保った。水原茂 フレッシュアイペディアより)

  • 加藤初

    加藤初から見た張本勲張本勲

    、関本四十四・玉井信博とのトレードにより伊原春樹と共に巨人に移籍。これは張本勲とともに、同年の巨人の戦力補強の象徴とされている。同年4月18日の広島東洋カープ戦(広島市民球場)では史上51人目(62度目)のノーヒットノーランを達成。この年15勝4敗の好成績を挙げ、セ・リーグでは正式タイトルではないものの最高勝率を記録、巨人の前年最下位からの優勝に貢献した。加藤初 フレッシュアイペディアより)

  • V9 (読売ジャイアンツ)

    V9 (読売ジャイアンツ)から見た張本勲張本勲

    翌1974年には中日の優勝を許し、V10はならなかった。この年を最後に川上が監督を勇退し、同時に長嶋・黒江・森も現役を引退した(長嶋はそのまま監督に就任し、黒江はコーチに就任し、森は解説者に転進した。)。同年の順位は2位も、優勝した中日とはシーズン終わってゲーム差はなしであったが、長嶋が監督に就任した翌1975年は、球団史上初となるシーズン最下位に転落した。やはり第一要因は長嶋自身の穴であり、張本勲の大型トレードや、外国人枠を起用で解決することとなった。1976年・1977年にリーグ2連覇を達成したが日本シリーズはいずれも阪急に敗退し、翌1978年にはV9メンバーだった広岡達朗監督率いるヤクルトとの優勝争いに敗れた。V9 (読売ジャイアンツ) フレッシュアイペディアより)

195件中 91 - 100件表示

「張本勲」のニューストピックワード