270件中 91 - 100件表示
  • ジャイアンツのこども野球教室

    ジャイアンツのこども野球教室から見た張本勲張本勲

    張本勲(当時:巨人軍外野手、現:野球評論家)ジャイアンツのこども野球教室 フレッシュアイペディアより)

  • 春の珍事

    春の珍事から見た張本勲張本勲

    主人公星飛雄馬がオールスター戦で「大リーグボール3号」を初投球した直後、スポーツ紙の企画で、飛雄馬に三振を喫したパ・リーグの3打者(野村克也、ジョージ・アルトマン、張本勲)を招いた座談会が開かれるというエピソード中、張本が「バットをよけて通る魔球」とその本質を喝破したのに対し、司会の記者が、それではまるで昔のアメリカ映画ではないか、と本作品を引き合いに出して笑い飛ばすという場面がある。他の野球漫画作品の「魔球」とならんで、本作品も「大リーグボール3号」の設定に重要なヒントを与えたことがうかがえる。春の珍事 フレッシュアイペディアより)

  • エディ・マレー

    エディ・マレーから見た張本勲張本勲

    にはオリオールズに復帰し、永久欠番となった背番号33をつけてプレー。同年9月6日に500本塁打を達成し、ハンク・アーロン、ウィリー・メイズに次いで史上3人目となる3000本安打・500本塁打を達成した。なお、MLBでシーズン40本塁打を記録しないまま通算500本塁打に到達したのはマレーが現時点で唯一である(NPBでは張本勲、衣笠祥雄、清原和博もシーズン40本塁打を記録しないまま通算500本塁打を達成している)。エディ・マレー フレッシュアイペディアより)

  • グレン・ミケンズ

    グレン・ミケンズから見た張本勲張本勲

    1960年(昭和35年)5月24日、駒澤野球場での対東映フライヤーズ戦。6-0と近鉄リードで迎えた9回裏の東映の攻撃で、近鉄先発のミケンズは1アウトから毒島章一を四球で出塁させる。続く吉田勝豊は一塁ゴロに打ち取ったものの、これを一塁手が悪送球したために一・三塁となる。張本勲の二塁ゴロで吉田を二塁で封殺する間に毒島が生還。完封を逃したミケンズは山本八郎に2ラン本塁打を打たれてしまった。試合はこのまま近鉄が6-3で逃げ切り、ミケンズには自責点2が記録された。グレン・ミケンズ フレッシュアイペディアより)

  • 首位打者 (日本プロ野球)

    首位打者 (日本プロ野球)から見た張本勲張本勲

    張本勲:7回(1961年、1967年 - 1970年、1972年、1974年 日本タイ記録、パ・リーグタイ記録)首位打者 (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 五所の家小禄

    五所の家小禄から見た張本勲張本勲

    京都産業大学卒業。はじめは露の五郎に師事し、後に笑福亭松之助に再入門。弟弟子の明石家さんまの大ブレイクであまり目立たなかったが、京都新京極の京都花月劇場をホームグラウンドとして、独演会を開くなど活躍した。デビュー当初はタレント志望が強かったが、新作落語・古典落語ともに演じた。さんまと京都で落語2人会をやったこともあり(客として、やしきたかじんと当時の愛人の2人だけに行ったこともあり、さんまはそれを恩義に感じている)、さんまが巨人の小林繁の形態模写をしたのに対して、張本勲の形態模写をした。芸名を合わすために「明石家ひらめ」に改名の話もあった。五所の家小禄 フレッシュアイペディアより)

  • 桧山泰浩

    桧山泰浩から見た張本勲張本勲

    1991年12月、張本勲から桧山が在日韓国人であることから韓国プロ野球入りを打診され、翌1992年にはサンバンウル・レイダースでプレーした。登録名は「黄泰浩」(ファン・テホ、)。しかしオープン戦で肘を故障、6月に帰国して検査を受けると靭帯を損傷していることが判明、プレーのためには手術してリハビリ必要があったがそこまでして野球を続ける気力はなく、1年で退団した。桧山泰浩 フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ解説者

    スポーツ解説者から見た張本勲張本勲

    張本勲(元東映フライヤーズなどで外野手)スポーツ解説者 フレッシュアイペディアより)

  • 初打席本塁打

    初打席本塁打から見た張本勲張本勲

    なお、野村克也、長嶋茂雄、王貞治、張本勲の初打席は三振であった。初打席本塁打 フレッシュアイペディアより)

  • 立花義家

    立花義家から見た張本勲張本勲

    「左の原辰徳」と呼ばれ、卒業後のにクラウンライターライオンズへ入団。プロ入り後は外野手に転向。2年目の、島原キャンプで臨時コーチを務めた松木謙治郎に「張本勲二世」と評され、根本陸夫監督がレギュラーに抜擢。開幕戦で三番に座り「19歳の三番打者」として注目を集めた。クラウンライターとして最後の試合であった平和台での日米野球「クラウン+巨人連合軍」対シンシナティ・レッズ戦では、四番・王貞治の次の五番打者を任された。所沢移転後も主力選手として活躍し、には西武球場公式戦初本塁打を放ち、これがプロ入り初本塁打となった。にはチーム最高打率.301を記録、18本塁打を放ち「恐怖の七番打者」と評された(当時田淵幸一、土井正博、山崎裕之、大田卓司、スティーブ・オンティベロスら強打者が好調で打順が上がらなかったため)。1980年とにそれぞれ月間2満塁本塁打を記録するなど、低迷期を支えた。からは西武の2年連続日本一に貢献、の日本シリーズでは全7戦に先発出場し、第4戦で8回表に加藤初から逆転2ラン本塁打を放つなど、27打数6安打2打点を記録する。しかしその後はやや伸び悩み、には田尾安志の移籍入団、金森永時の台頭もあって外野の定位置を失う。代打での出番が多くなったが、代打に回ってからも勝負強い打撃を披露、チームの黄金時代の一翼を担った。1991年オフに阪神タイガースへ金銭トレードされ、代打の切り札として2位躍進に貢献するも、1年限りで退団。は台湾プロ野球の俊国ベアーズでプレーし(当時の同僚に野中徹博がいた)、チームの四番打者を務めた。同年に引退。その後は4年間のサラリーマン生活を経て、からまで福岡ダイエーホークス二軍打撃コーチ、からオリックス・ブルーウェーブ一軍打撃コーチ、からまで西武一軍打撃コーチ、はソフトバンク編成管理統括付、からソフトバンク一軍打撃コーチ、からまで千葉ロッテマリーンズ一軍打撃コーチ。からは再びソフトバンク一軍打撃コーチを務める。立花義家 フレッシュアイペディアより)

270件中 91 - 100件表示

「張本勲」のニューストピックワード