195件中 11 - 20件表示
  • 1993年の日本シリーズ

    1993年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    TBSテレビ 実況:石川顕 解説:張本勲、田淵幸一 ゲスト:福島敦子(情報スペースJキャスター)1993年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1977年の日本シリーズ

    1977年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    2回に王貞治の本塁打で同点に追いつかれた阪急は、すぐその裏に大橋穣の中前打でたちまち勝ち越し、投手の山田も左翼線を破る二塁打で追加点。5回にも巨人2番手の浅野啓司を攻めて試合を決めた。巨人の得点は王、張本勲のソロ本塁打だけで、山田が完投勝利。1977年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1987年の日本シリーズ

    1987年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    TBSテレビ 実況:石川顕 解説:張本勲 ゲスト解説:衣笠祥雄(広島、当時連続試合出場の世界記録となる2215試合に出場しシーズン終了とともに引退。国民栄誉賞受賞。翌年からTBSの解説者)1987年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1982年の日本シリーズ

    1982年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    TBSテレビ≪JNN系列≫ 実況:池田孝一郎 解説:張本勲 ゲスト解説:平松政次(大洋)1982年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1986年の日本シリーズ

    1986年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    実況:石川顕 解説:張本勲、田淵幸一、小林繁1986年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 榎本喜八

    榎本喜八から見た張本勲張本勲

    1961年は主に1番打者や2番打者として出場。9月に24歳9ヵ月で通算1000本安打を達成し、プロ野球史上最年少記録を樹立した。シーズン終盤まで張本勲と首位打者争いを繰り広げ、1番打者でスタメン出場した10月17日の東映戦(シーズン最終戦)では、タイトル争いのため1回に敬遠を受けた。同年シーズンはリーグ2位の打率.331、自己最多の180安打を記録する。榎本喜八 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本シリーズ

    1983年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    TBSテレビ 実況:石川顕 解説:張本勲 ゲスト解説:落合博満(ロッテ)1983年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1990年の日本シリーズ

    1990年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    TBSテレビ 実況:石川顕 解説:張本勲、小林繁 ゲスト解説:門田博光(オリックス)1990年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 岩本義行

    岩本義行から見た張本勲張本勲

    1952年に大洋ホエールズに移籍。1953年、松竹ロビンスとの合併で、松竹が小西監督の続投に難色を示し監督就任を要請されたが、小西の顔を立てて辞退し小西監督の続投となった。この年39歳で1シーズン24死球(55年間日本記録だったが、2007年にグレッグ・ラロッカ(オリックス)が記録を更新した)。岩本は頭部に死球を受けても平然と一塁に歩き、これにはぶつけた投手の方が青くなったという伝説がある。張本勲の話ではヒビの入った頭蓋骨のレントゲン写真を見せてもらった事があるという。また"岩本のあんちゃんはケンカが強い"と雷鳴が鳴り響いていたといわれる。ただ鈴木龍二は「岩本君より大岡君の方が強い」。大和球士は「大岡が一番じゃないかな、プロ野球三十年史上では」と話している。岩本義行 フレッシュアイペディアより)

  • 川上哲治

    川上哲治から見た張本勲張本勲

    川上の後を受けた長嶋は1975年に球団史上初めて最下位に転落し、同年シーズンオフにはトレードで張本勲、加藤初を獲得して戦力を補強し1976年、77年とリーグ優勝を達成した。しかし日本シリーズでは阪急ブレーブスに破れ日本一はならなかった。チームも依然としてV9を支えたベテランが主力で、V9と比べるとチーム力の低下が明らかとなった。前監督の川上も「勝つことにこだわりすぎ次世代の戦力を整備してこなかった」と批判されるようになった。川上哲治 フレッシュアイペディアより)

195件中 11 - 20件表示

「張本勲」のニューストピックワード