195件中 21 - 30件表示
  • 高田繁

    高田繁から見た張本勲張本勲

    オフ、日本ハムファイターズから張本勲の移籍で張本本人が左翼手を希望したため、監督の長嶋茂雄に三塁手にコンバート通告される。日本プロ野球で初めて外野手から内野手(一塁手を除く)に守備をコンバートされた選手と言われることもあるが、実際には丸山完二(国鉄)、苑田聡彦(広島)、上垣内誠(広島)等の例がある。高田繁 フレッシュアイペディアより)

  • 松井秀喜

    松井秀喜から見た張本勲張本勲

    だが、このように頻繁に構えを変える松井に評論家の見方は様々で、特に張本勲は自身が出演する番組内にて、フォーム改造に取り組む選手の話題で「松井みたいにころころと変えない方が良い」と指摘するほど懸念している。松井秀喜 フレッシュアイペディアより)

  • 中西 哲生

    中西哲生から見た張本勲張本勲

    TBSテレビ「サンデーモーニング」ではコメンテーターとしてセミレギュラー出演しているが、「週刊御意見番」コーナーではサッカー関連の話題で、大沢啓二・張本勲に代わって「喝」と「あっぱれ」を入れることがあり、後述するホノルルマラソンで、「女性(久保田智子)に負けたという理由」で大沢と張本に「喝」を入れられたこともある。同番組では政治的な討論に参加する事もあり、「核を持たない抑止力を持つ事が重要」と語ったことがある。中西哲生 フレッシュアイペディアより)

  • 野村克也

    野村克也から見た張本勲張本勲

    西鉄の中西、豊田泰光、毎日の山内、田宮謙次郎、榎本喜八、東映の張本勲、大杉勝男、阪急のダリル・スペンサー、長池徳士、近鉄の土井正博、永淵洋三といった強打者がひしめく当時のパ・リーグで8年連続本塁打王などの実績を残した。1965年には戦後初の三冠王に輝く。野村克也 フレッシュアイペディアより)

  • 力道山

    力道山から見た張本勲張本勲

    性格的には粗暴で、感情の起伏が激しかった。機嫌が良いときはボーイに1万円(当時の1万円は相当な額である)のチップを渡すこともあったが、機嫌が悪いと飲食店での暴力沙汰は日常茶飯事であり、そのつど金で表ざたになるのを防いだ。1957年(昭和32年)10月18日の『読売新聞』朝刊や、同年12月5日の『朝日新聞』夕刊に「力道山また暴れる」と報道されたこともあった。可愛がられたという張本勲は、飲むと暴れて大きな手で木やガラスのテーブルを叩いて割る、薄いガラスのコップを美味しいと言って食べてた、などと話している。粗暴な行為に関しては、本人の生来の激しやすい性格も一因ではあるが、晩年には肉体的な衰えをカバーするために試合前に興奮剤を服用しており、試合後にそのまま飲み屋に出かけて行ったため、トラブルを引き起こしたという証言もある。またバックに就いていた東声会は、力道山のプロレス興行により莫大な富を手にすることともなった(ロバート・ホワイティング「東京アンダーワールド」など)。力道山 フレッシュアイペディアより)

  • 清原和博

    清原和博から見た張本勲張本勲

    それでもこの年開幕4番を任され、4月14日の対阪神戦で福原忍から本塁打を放ち、本塁打を打った投手の人数が200人に到達(史上初)した。4月29日の対広島戦 (広島市民球場) で広池浩司から本塁打を打ち、史上8人目の通算500本塁打を達成。その後もしばらくは本塁打、打点の暫定2冠王で、打率も一時は.269まで上昇、 オールスターゲームにも出場し、本塁打を放った。しかし、チームは相反する様に開幕からなかなか勝てない日々が続き、清原自身も交流戦の対オリックス戦で山口和男から頭部への死球を受け、下半身の故障なども重なって成績は徐々に低迷。結局この年は張本勲に並ぶ入団以来20年連続2桁本塁打、2年ぶりの20本塁打以上を記録するも、打率は自己最低となる.212と清原自身も満足な結果とはならなかった。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山幸二

    秋山幸二から見た張本勲張本勲

    中堅手としての球界屈指の守備範囲と強肩、盗塁技術、そして長打力を併せ持つ走攻守3拍子揃った万能選手であった。全国的な知名度と人気があり、から18年間、引退するまでオールスターゲームにファン投票で選ばれ続けた。この18年連続ファン投票選出による出場は歴代最長記録である(連続ファン投票選出は王貞治、野村克也がともに21年連続を記録しているが、2人とも途中1度の出場辞退がある)。その得票数は引退が近い年まで毎年セ・パ両リーグ全選手の中でも1・2位を争う多さであった。2リーグ分立以降、本塁打王と盗塁王を両方獲得したのは秋山のみである。(ちなみに通算400本塁打以上のいわゆる「強打者」にあって盗塁王のタイトルを獲得したのは衣笠祥雄(広島)がいるが本塁打王のタイトルは無かった(通算は504本塁打)。また首位打者タイトルの常連であった張本勲はやはり衣笠と同数の通算504本塁打で、尚且つ通算盗塁数も300を超える俊足の持ち主であるが、本塁打王と盗塁王のタイトル獲得は成らなかった。)秋山幸二 フレッシュアイペディアより)

  • 今山佳奈

    今山佳奈から見た張本勲張本勲

    2008年9月28日までのおよそ6年間、TBSテレビ『サンデーモーニング』にレギュラー出演していた。人気コーナー「週刊御意見番」(共演者は大沢啓二と張本勲)の専任キャスターであったが、まれに他のコーナーも担当した。番組の中で、トピックの背景等を本人が描いた絵で説明することがあり、他の出演者から冷やかされることもあった。今山佳奈 フレッシュアイペディアより)

  • 張勲

    張勲から見た張本勲張本勲

    張本勲(1940年 - 、日本のプロ野球選手)の本名。張勲 フレッシュアイペディアより)

  • エディ・マレー

    エディ・マレーから見た張本勲張本勲

    12月14日にロサンゼルス・ドジャースにトレードされるまで、オリオールズでプレイ。その後は頻繁に移籍するようになった。には現役中ながらオリオールズで自身の背番号33が永久欠番に指定されている。6月30日、3000本安打を達成。にはニューヨーク・メッツに、にはクリーブランド・インディアンズに移籍。にはオリオールズに復帰し、永久欠番となった背番号33をつけてプレー。同年9月6日500本塁打を達成し、ハンク・アーロン、ウィリー・メイズに次いで史上3人目となる3000本安打・500本塁打を達成した。なお、シーズン40本塁打を記録しないまま通算500本塁打に到達したのはマレーが現時点で唯一である(NPBでは張本勲、衣笠祥雄、清原和博もシーズン40本塁打を記録しないまま通算500本塁打を達成している)。エディ・マレー フレッシュアイペディアより)

195件中 21 - 30件表示

「張本勲」のニューストピックワード