270件中 41 - 50件表示
  • 清原和博

    清原和博から見た張本勲張本勲

    は400m日本記録保持者、東海大学陸上競技部コーチの高野進から走法の指導を受け、下半身の強化に努めた。また、ダイヤのピアスを両耳に付けて試合に臨んだ。これは一般にメジャーリーガーであり、尊敬してやまないバリー・ボンズにあやかったと受け取られていたが、実際には後に自らの著書「男道」で「巨人軍に契約交渉の席で煮え湯を飲まされ、その悔しさを忘れないために刺青の代わりにつけた」と述べている。このピアスに関しては巨人OBをはじめ、他球団のOBからも評判は悪く、野村克也など苦言を呈す人も多かった。なお、元来巨人は茶髪、ひげ、ピアスなどは基本的に禁止であったが、当時の監督堀内もキャンプでは無精ひげを生やし、タブロイドには「お山の大将同士の冷戦」と揶揄された。それでもこの年開幕4番を任され、4月14日の阪神戦で福原忍から本塁打を放ち、本塁打を打った投手の人数が200人に到達(史上初)した。東京ドームでの阪神戦で藤川球児との対戦時に、藤川が追い込んだ後フォークを投げてきて三振したため品のない発言をした事で問題になった。4月29日の対広島戦(広島市民球場)で広池浩司から本塁打を打ち、史上8人目の通算500本塁打を達成。その後もしばらくは本塁打、打点の暫定2冠王で、打率も一時は.269まで上昇、オールスターゲームにも出場し、本塁打を放った。しかし、チームは相反する様に開幕からなかなか勝てない日々が続き、清原自身も交流戦の対オリックス戦で山口和男から頭部への死球を受け、下半身の故障なども重なって成績は徐々に低迷。ケガから復帰した8月4日の対広島戦では、4回表に本塁打を放ち、ダイヤモンドを一周した後、ベンチで堀内やコーチ、選手とのハイタッチを拒否した。7番打者で起用されたことに激怒したとされているが、この本塁打が巨人時代最後の本塁打となってしまった(先述した大怪我から最前線に立てる状況ではなく、球団も配慮をしての対応だったが、清原の打者としてのプライドから認めることができなかったとのこと)。結局この年は張本勲に並ぶ入団以来20年連続2桁本塁打、2年ぶりの20本塁打以上を記録し、前年よりも出場機会を増やし96試合に出場するも、打撃が本塁打一発狙いが多い結果打率は自己最低となる.212と清原自身も満足な結果とはならなかった。清原和博 フレッシュアイペディアより)

  • 飯田 圭織

    飯田圭織から見た張本勲張本勲

    歌番組『うたばん』(TBS系)にて司会の石橋貴明がデタラメにつけた呼び名に由来する。1999年2月16日放送で、当時のグループのリーダー、中澤裕子から「貴さんはモーニング娘。のことがわかってる」と言われ、メンバー一人一人を、「中澤だろ、(石黒彩に)広田、(安倍に)山田、(市井紗耶香に)柴田、(矢口真里に)張本、(保田圭に)高田、(福田明日香に)王、(飯田に)ジョンソン」とデタラメに列挙した(柴田以降は1976年当時の読売ジャイアンツの上位打線を列挙している)。それが大いに受けて、その後『うたばん』で飯田は「ジョンソン」と呼ばれるようになった。以後、飯田は「ジョンソン」の愛称で親しまれる(ファンの間では「かおりん」、同僚の間では「カオリ」「かおたん」と呼ばれる)。2003年の第54回NHK紅白歌合戦でも、石橋と共に『うたばん』の司会をしている中居正広から、飯田はジョンソンと呼ばれた。なお、中居正広は「ジョンソン」を間違って「ジェイソン」と呼んだことがある。飯田圭織 フレッシュアイペディアより)

  • 中村浩道

    中村浩道から見た張本勲張本勲

    張本勲が3000本安打を達成した試合で球審を務めた。中村浩道 フレッシュアイペディアより)

  • 宮原秀明

    宮原秀明から見た張本勲張本勲

    1961年に東映フライヤーズへ入団。当時の東映の外野手には張本勲、毒島章一、白仁天といった実力者が揃っており、宮原には厳しい環境だった。その中でも四番手の外野手や代打の切り札として起用され、1964年から5年間、準レギュラーとして好成績を残す。1968年には、当時の大下弘監督に打撃を評価され、主にクリーンアップ、右翼手として重用された。しかし1969年には打撃低迷によって出場機会が減り、1970年にヤクルトアトムズへ移籍する。ここでも代打や控え外野手として実績をあげるが、1971年途中に近鉄バファローズへ、1973年には大洋ホエールズへと移籍が続く。大洋では打撃成績も振るわず、この年限りで引退した。宮原秀明 フレッシュアイペディアより)

  • 1・2のアッホ!!

    1・2のアッホ!!から見た張本勲張本勲

    読捨拒人軍の選手。将来の夢は(当時は存在していなかった)韓国プロ野球の創設。好物は玉子焼き。モデルは張本勲1・2のアッホ!! フレッシュアイペディアより)

  • 今山佳奈

    今山佳奈から見た張本勲張本勲

    2008年9月28日までのおよそ6年間、TBSテレビ『サンデーモーニング』にレギュラー出演していた。番組内コーナー「週刊御意見番」(共演者は大沢啓二と張本勲)の専任キャスターであったが、まれに他のコーナーも担当した。今山佳奈 フレッシュアイペディアより)

  • 浅見源司郎

    浅見源司郎から見た張本勲張本勲

    1976年6月10日の巨人対阪神戦で張本勲が通算2500本安打達成(相手は上田卓三)。浅見源司郎 フレッシュアイペディアより)

  • 梁川郁雄

    梁川郁雄から見た張本勲張本勲

    同じ広島出身で同学の張本勲とは高校時代に反対のルートを辿る。1956年広陵高等学校に入学(当時は梁川在雄)、1年からレギュラーとなり同年夏の甲子園広島県予選では二番ファーストで出場したが、無名の廿日市高校に初戦敗退すると、監督の指導方針に造反し退学。梁川の後、秋季大会から二番に入ったのが同級の三原新二郎。大阪の浪華商業(現・大体大浪商)に転校し、張本や山本集とチームメイトになるが、野球部が不祥事により1年間の出場停止になったため、仕方なく広島に戻り広島松本商業高校(現・瀬戸内高校)に再転校した。同校卒業後、関西大学へ進学。関西六大学リーグで通算37試合に出場し、95打数25安打、打率.263の成績を残すが3年で中退し、1962年に阪急ブレーブスへ入団。梁川郁雄 フレッシュアイペディアより)

  • シンカク高橋

    シンカク高橋から見た張本勲張本勲

    東西を問わず、お笑いタレント(特にコントやトーク番組、バラエティ)やものまね番組を観るのを楽しみとしており、、関暁夫の都市伝説番組が大好きである。ニュースやワイドショーなどでの特に好きなテレビアナウンサーは、須田哲夫と笠井信輔、羽鳥慎一などである。好きなタレントの中に、岡副麻希、竹内由恵、新井恵理那、杉崎美香、その他数名の女子アナを挙げている。サッカー、野球などのスポーツを、テレビ観戦することがある。サッカーでは前園真聖、乾貴士、中田英寿、中村俊輔、岡崎慎司、本田圭佑、釜本邦茂、長友佑都、三浦知良、武田修宏、北澤豪、内田篤人、ディエゴ・マラドーナ、クリスティアーノ・ロナウド、ロナウジーニョら、野球では落合博満、伊良部秀輝、ランディ・バース、ダルビッシュ有、真弓明信、掛布雅之、愛甲猛、張本勲、松井稼頭央、KKコンビ、江本孟紀など、大相撲では、琴風、朝青竜、小錦、曙、白鵬、千代の富士など、サーフィンでは、トム・カレン、ケリー・スレーター、ミック・ファニング、タジ・バロウ、アンディ・アイアンズ、五十嵐カノア、椎葉順、久我孝男など、スノーボードでは、テリエ・ハーコンセン、ジェイソン・ボーグステッド、マルクス・フルメ、ジェレミー・ベイ、成田緑夢などを特に応援していた。母方の祖父と本名が同じだという理由で大橋巨泉の生き方にも影響を受けている。幼少の頃は、当時見ていた金八先生により、たのきんトリオのファンであった。また、岡本太郎、山下清、蛭子能収などの生き方や考え方に憧れている。ジョセフ・マーフィー、朝堂院大覚、孫正義、スティーブ・ジョブズ、苫米地英人などの考え方にも影響されている。なお、広瀬すず、能年玲奈、桜井日奈子のファンである。シンカク高橋 フレッシュアイペディアより)

  • 山村政明

    山村政明から見た張本勲張本勲

    『日本の中の朝鮮』共著、大江健三郎、張本勲他 1971年 太平出版社山村政明 フレッシュアイペディアより)

270件中 41 - 50件表示

「張本勲」のニューストピックワード