195件中 51 - 60件表示
  • 柳亭痴楽 (5代目)

    柳亭痴楽 (5代目)から見た張本勲張本勲

    如何にも噺家といった風貌、気っ風の良い啖呵で若手時代から人気を博す。張本勲(元プロ野球選手)に顔が似ており、物真似でもテレビ出演していた。もちろんユニフォームを着ての登場である。柳亭痴楽 (5代目) フレッシュアイペディアより)

  • 石井順一

    石井順一から見た張本勲張本勲

    入団四年目の1962年7月、一本足打法となった早稲田実業の後輩・王貞治が、シーズン終了間際の同年10月から石井の圧縮バットを使用。石井は高校時代の王にピッチングやバッティングを指導していた。バットを手に取った王はそのフィーリングを気に入り、以降1980年引退するまで放った868本のホームランの大半を石井の圧縮バットから生み出した。王の使用で評判となり田淵幸一や谷沢健一は学生時代から、その他長嶋茂雄、山内一弘、張本勲、柴田勲、江藤慎一、山本浩二、有藤道世、大杉勝男、木俣達彦、掛布雅之、篠塚利夫、マニエル、ギャレット、田代富雄ら、日本のプロ野球選手の7割とルー・ブロックなどメジャーリーガーらが、メーカーが用具提供を始める1970年代半ばまで、石井の圧縮バットを使用した。谷沢は高校時代から松戸の工場に度々出入りし石井に中庭で打撃指導を受けたという。この関係で石井は習志野高校の指導も行った。谷沢は自身の打撃の大元は石井の指導と話している。なおアメリカのバット製造は、全てオートメーションで、バット職人はいないという。石井順一 フレッシュアイペディアより)

  • 1940年のスポーツ

    1940年のスポーツから見た張本勲張本勲

    6月19日 - 張本勲(広島県、野球)1940年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 大下剛史

    大下剛史から見た張本勲張本勲

    1年目から遊撃手のレギュラーに定着。133試合に出場し、打率.269、28盗塁という成績でベストナインを獲得。身長171cm、体重56kgという細身な体型ながら、張本勲、大杉勝男、白仁天らと共に「暴れん坊軍団」と呼ばれたチームの不動の主軸として活躍した。1969年からは大橋穣の入団により二塁手へコンバートされ、この大橋とは大下が難しい内野ゴロを捕り大橋にトス、大橋が一塁に送球するというコンビプレーを度々見せていた。大下が嫌ったのが暴れん坊軍団と呼ばれる個性派たちの大雑把な野球だった。監督の水原が「うちのザル内野がアイツのおかげで変わった」と語るように、きびきびした動きで東映内野陣を見違えるように引き締めた。大下剛史 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のパシフィック・リーグプレーオフ

    1982年のパシフィック・リーグプレーオフから見た張本勲張本勲

    TBSテレビ≪JNN系列≫ 解説:野村克也、張本勲 1982年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た張本勲張本勲

    東北放送≪TBS系列≫ 実況:石川顕 解説:張本勲、衣笠祥雄 リポーター:定岡正二、香川伸行1992年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 3000本安打クラブ

    3000本安打クラブから見た張本勲張本勲

    張本勲 - 2012年シーズン終了時点で、日本プロ野球のみで3000本以上の通算安打を記録した唯一の人物3000本安打クラブ フレッシュアイペディアより)

  • そう言えば あの時このうた

    そう言えば あの時このうたから見た張本勲張本勲

    (偽ブランド/シルクロード流行/ホアンホアン到着/記録達成・張本勲選手3000本安打/モスクワ・オリンピック・日本棄権/世代交代・王貞治選手850号本塁打・引退/長嶋茂雄監督・辞任/新監督は藤田元司監督/原辰徳を獲得など)そう言えば あの時このうた フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤元彦

    佐藤元彦から見た張本勲張本勲

    5月3日の対東映フライヤーズ戦(東京スタジアム)の10回表には、作道烝・大下剛史・大橋穣に連続本塁打を浴びて降板。リリーフに立った佐藤政夫も続く張本勲・大杉勝男に本塁打を浴び、5者連続本塁打の日本記録を献上することとなった。佐藤元彦 フレッシュアイペディアより)

  • 春の珍事

    春の珍事から見た張本勲張本勲

    主人公星飛雄馬がオールスター戦で「大リーグボール3号」を初投球した直後、スポーツ紙の企画で、飛雄馬に三振を喫したパ・リーグの3打者(野村克也、ジョージ・アルトマン、張本勲)を招いた座談会が開かれるというエピソード中、張本が「バットをよけて通る魔球」とその本質を喝破したのに対し、司会の記者が、それではまるで昔のアメリカ映画ではないか、と本作品を引き合いに出して笑い飛ばすという場面がある。他の野球漫画作品の「魔球」とならんで、本作品も「大リーグボール3号」の設定に重要なヒントを与えたことがうかがえる。春の珍事 フレッシュアイペディアより)

195件中 51 - 60件表示

「張本勲」のニューストピックワード