270件中 71 - 80件表示
  • ビッグ・ザ 野球

    ビッグ・ザ 野球から見た張本勲張本勲

    ビッグ・ザ 野球 フレッシュアイペディアより)

  • 運命の数字

    運命の数字から見た張本勲張本勲

    ビビる大木が東急東横線に乗った際、2つ隣の座席に張本勲が座っていた確率(むしろ張本と大木の間に座れる方がすごい確率と言われた)運命の数字 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のパシフィック・リーグプレーオフ

    1980年のパシフィック・リーグプレーオフから見た張本勲張本勲

    (ロ)張本1号ソロ(1回柳田)1980年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 1980年の日本シリーズ

    1980年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    広島ホームテレビ≪ANN系列≫ 実況:太田真一(ANB) 解説:秋山登 ゲスト解説:張本勲(ロッテ、この年3000本安打達成)、木田勇(日本ハム、この年のパ・リーグMVP・新人王)1980年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1963年の野球

    1963年の野球から見た張本勲張本勲

    7月7日 - 東映の張本勲が後楽園球場での対西鉄ダブルヘッダー第1試合の15回戦の一回裏に16号本塁打を打ち、プロ通算100号本塁打を達成。1963年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大廣翔治

    大廣翔治から見た張本勲張本勲

    プロ3年目で初の開幕一軍入りを果たし、3月28日のソフトバンク戦で6番一塁手として一軍初出場・初スタメンデビュー。2回表にセンターにヒットを放ち、初打席での初安打を記録した。その後二軍に降格するが、二軍では打率.336、11本塁打と本塁打王を争うほどの活躍を見せ、9月度のファーム月間MVPを受賞した。9月12日に再昇格し、9月17日の西武戦に6番で守備経験のない右翼手で出場したが、全打席三振、またパ・リーグのワースト記録となる一試合3失策を犯す。外野手の1試合3失策は張本勲らと並んで史上7人目の歴代最多記録である。しかしその長打力には光るものがあり、同年オフにハワイ・ウィンターリーグへと派遣された。大廣翔治 フレッシュアイペディアより)

  • 森徹

    森徹から見た張本勲張本勲

    プロレスラー・力道山とは義兄弟の間柄で、森の母が力道山の面倒をよくみたことから、森の母は唯一、力道山を「リキ!」と呼べる存在だったという。この関係から張本勲と仲がよく、シーズンオフには力道山のジムで一緒に練習したり旅行に行ったりしたという。なお、森自身も晩年には柔道・合気道・空手道で6段位を持つほど武道や格闘技に造詣が深かった。森徹 フレッシュアイペディアより)

  • 中井康之

    中井康之から見た張本勲張本勲

    初出場:1979年4月7日、対中日ドラゴンズ1回戦(後楽園球場)、9回表に張本勲に代わり左翼手として出場中井康之 フレッシュアイペディアより)

  • 新井良夫

    新井良夫から見た張本勲張本勲

    プロでは投手に専念し、2年目の1970年に公式戦初登板を果たす。1973年には51試合に登板、中継ぎとして活躍した。同年は2勝をあげ、7月1日には日拓ホームフライヤーズを、張本勲の適時打による1失点に抑え、初完投勝利を飾る。しかし翌年は登板数が激減。1976年6月26日には近鉄バファローズを相手に3年ぶりに先発。太田幸司と投げ合い完投するものの、クラレンス・ジョーンズに3本塁打、伊勢孝夫に満塁本塁打を喫するなど10失点、敗戦投手となりプロ野球としては珍しい記録となった。新井良夫 フレッシュアイペディアより)

  • ルイビルスラッガー

    ルイビルスラッガーから見た張本勲張本勲

    同社の博物館、入場券売り場付近の壁には、これまで同社と契約した約4,000選手の名前が年代順に掲示されている。その中の日本コーナーでは、前述の長嶋ら22人の名前(1972年まで)があるという。保管室に並んだ約3,000選手のバットのモデルの中には張本勲のバットもあるという。王貞治のバットもあるが本人によると、王モデルを作りたいという依頼によるもので、現役時代は日本製を使っておりルイビルのものはプレーでは使用していないという。ルイビルスラッガー フレッシュアイペディアより)

270件中 71 - 80件表示

「張本勲」のニューストピックワード