195件中 71 - 80件表示
  • 1996年の日本シリーズ

    1996年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    TBSラジオ(JRN) 解説:張本勲、栗山英樹 ゲスト解説:伊東勤1996年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1976年の日本シリーズ

    1976年の日本シリーズから見た張本勲張本勲

    巨人は堀内恒夫、阪急は山田久志と両エースが先発。1回裏に巨人は張本勲のタイムリーと末次利光の犠牲フライで2点を先制するが、2回表に阪急は福本豊のタイムリーで1点差に追い上げると、5回表にロベルト・マルカーノのタイムリー二塁打、中沢伸二の2点タイムリーで逆転。しかし巨人は6回、王貞治のシリーズタイ記録となる日本シリーズ通算25号2ランで同点。続く末次に安打を許したところで阪急は先発の山田から山口高志に交代。翌日の天気予報が雨だったので1日山口が休めるとの計算による早目の交代だった。山口はデーブ・ジョンソン、吉田孝司を連続三振に仕留め、この回の追加点を許さなかった。巨人も5回からロングリリーフの小林繁が踏ん張っていたが、阪急は8回2死無走者から大熊忠義、加藤秀司、マルカーノの3連打で勝ち越し。9回中沢の本塁打で突き放した。1976年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツ解説者

    スポーツ解説者から見た張本勲張本勲

    張本勲(元東映フライヤーズなどで外野手)スポーツ解説者 フレッシュアイペディアより)

  • 故意四球

    故意四球から見た張本勲張本勲

    張本勲(東映フライヤーズ)と榎本喜八(大毎オリオンズ)が首位打者のタイトルを争い、東映・大毎両チームの最終戦で直接対決するが、打率上位の張本はスターティングメンバーから外れ、東映投手陣は榎本を第1、第2打席と敬遠気味に歩かせた。これで逆転の望みがなくなった榎本はベンチへ下がり、逆に張本はその後代打で出場して本塁打を放っている。故意四球 フレッシュアイペディアより)

  • クメピポ! 絶対あいたい1001人

    クメピポ! 絶対あいたい1001人から見た張本勲張本勲

    第13回(2009年7月15日):張本勲(野球解説者)・セルジオ越後(サッカー評論家)クメピポ! 絶対あいたい1001人 フレッシュアイペディアより)

  • 篠塚和典

    篠塚和典から見た張本勲張本勲

    1987年に広島の正田耕三と同率で2度目の首位打者を獲った。同率での首位打者はセ・リーグでは初の出来事であった。両リーグを合わせてもの東映の張本勲と近鉄の永淵洋三につぐ2度目。いずれも打率は.333だった。正田とは同じ二塁手で、ベストナインが注目されたが、チーム順位・安打数・本塁打数が上回る篠塚が受賞した。篠塚和典 フレッシュアイペディアより)

  • 立花義家

    立花義家から見た張本勲張本勲

    クラウンライターライオンズに地元・福岡の星として入団、張本勲二世と期待された。高校時代は一塁手で、プロ入り後外野手に転向した。立花義家 フレッシュアイペディアより)

  • 2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た張本勲張本勲

    TBSラジオ(JRN) 実況:戸崎貴広 解説:張本勲、栗山英樹 2001年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 濃人渉

    濃人渉から見た張本勲張本勲

    1940年帰還し金鯱に復帰。同年石本秀一が監督に迎えられ師弟関係となる。チームは翼軍に吸収合併され、大洋軍・西鉄軍と変わるがそのまま在籍し、戦時下の1943年までプレー。1942年5月24日対・名古屋戦、トップリーグに於ける世界最長試合・延長28回のショート・2番打者としてフル出場、9打数1安打、4失策。1945年8月6日、故郷広島への原爆投下により被爆。幸いこの時は無傷だった。ちなみに、プロ野球界で直接の被爆により被爆者健康手帳を持っている(持っていた)のは、張本勲と濃人のみである(原爆投下後に被爆地に入った「入市被爆者」では岩本義行が交付を受けている)。濃人渉 フレッシュアイペディアより)

  • トリプルスリー

    トリプルスリーから見た張本勲張本勲

    生涯成績では張本勲が「打率3割以上・本塁打300本以上・盗塁300個以上」を日本プロ野球で唯一記録している。張本は1963年に33本塁打、41盗塁を記録したが打率.280でトリプルスリーを逃した。トリプルスリー フレッシュアイペディアより)

195件中 71 - 80件表示

「張本勲」のニューストピックワード