前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示
  • 張本勲

    張本勲から見た王貞治

    甲子園出場の夢は叶わなかったが、野球関係者の間で「東の、西の板東、張本」とその名が知れ渡っていた存在をプロが見逃すはずもなく、各球団からスカウトが訪れた。兄は広島カープへの入団を願って知人を通じて打診したが断られ、本人は巨人への入団を熱望し、監督の水原茂とも相思相愛だったが、球団社長は興味を示さず、獲得に乗り出さなかった。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た野村克也

    2年目には打率3割をマークし、3年目には打率.336で21歳にして首位打者となった。以降引退まで、通算7度の首位打者に輝いた。首位打者7度はイチローと並ぶ日本記録である。4年目のにはMVPと、同年から新設された最高出塁率を獲得した。には打率.383、本塁打34本、打点100という自己最高の成績を残している。このうち、打率は大下弘が持っていたシーズン最高打率(.3831)を3毛更新するもので、にランディ・バースが更新するまで16年間日本記録であった。8月19日の西鉄ライオンズ戦で、東尾修投手から史上7人目となる2000本安打を達成。「安打製造機」の異名を取り、南海ホークスの野村克也らと共に1960年代から1970年代のパ・リーグで活躍した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た米田哲也

    大川博東映社長の意向もあって1軍に抜擢され、高卒の新人選手ながら開幕戦のスタメンに名を連ねた(同年、王貞治も新人で開幕スタメン出場。NPBで18歳の高卒新人の開幕スタメンは以後1965年の飯田幸夫、1988年の立浪和義、2006年の炭谷銀仁朗、2012年の駿太しかいない)。デビュー戦は阪急戦で、米田哲也の剛速球に全くついていけず三振、直後の守備でバンザイをして即交代させられた。翌日の阪急戦で第1打席で秋本祐作から二塁打を打ち初ヒット、第2打席で石井茂雄から初本塁打を放つ。6月23日からは4番を打つ。入団1年目からレギュラーに定着。13本塁打を放ち、新人王を獲得した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た金田正一

    ロッテへ移籍した1980年、当時の監督だった山内一弘や金田正一など多くの評論家が酷評した落合博満の特異な打撃フォームを「素晴らしい、このままのスイングで打てる」と絶賛していた。その後、落合は三冠王に3度輝いたが、当時から張本は落合の非凡な才能を見抜いていたことが証明された形となる。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た大沢啓二

    日拓ホームフライヤーズとなったの後期からは、選手兼任でコーチ(ヘッド兼打撃コーチ)を務めた。この頃から毎年、ストーブリーグを賑わせた。には大洋とトレード話がほぼまとまりかけながら御破算となる。前期リーグ終了後、ロッテが張本獲得に乗り出す。日本ハムの三原脩球団社長が「張本は球界のガンだ」と発言するなど張本を無理やり放出しようとし、三原社長と中西太監督との間の感情はこじれにこじれた。日本ハム製品が韓国でよく売れていたため、大社義規オーナーとしても“韓国の英雄”である張本の気持ちを無下にはできず、新任の大沢啓二監督も日本ハムから出たい張本の気持ちを変えることはできなかった大沢は著書『球道無頼』(集英社、1996年)の中で、三原から張本が巨人に行きたがっていると聞かされて、チーム改革のために「迷わず、ふたつ返事でOKした」と記している(同書144頁)。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た中日ドラゴンズ

    最終的に中日ドラゴンズと東映フライヤーズの一騎打ちになったが、東京への憧れもあり、東映フライヤーズに入団。当時の東映は同郷の先輩である岩本義行を始め、母校である浪商の先輩を多数抱えていた。契約金は200万(中日は600万を提示していた)。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見たサンデーモーニング

    引退後は、1982年より東京放送(TBSテレビ・TBSラジオ)野球解説者、スポーツニッポン野球評論家を務める。また、TBSテレビの『サンデーモーニング』のスポーツコーナー『週刊 御意見番』でも、大沢啓二と共にレギュラー解説者(御意見番)として出演(2000年頃より。2010年10月の大沢死去後も引き続き出演)。2006年まではテレビ・ラジオの中継に出演していたが、2007年以降は「週刊 御意見番」の出演にとどまっている。中継から外れて以降も、各出版社が発売している一部プロ野球名鑑に掲載される解説者・評論家名鑑では引き続きTBS解説者として掲載されている(2012年からは一部名鑑でフリー解説者として扱われている)ほか、『サンデーモーニング』公式サイト内同コーナー情報ページでは「TBS野球解説者」と明記されている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た板東英二

    甲子園出場の夢は叶わなかったが、野球関係者の間で「東の王、西の板東、張本」とその名が知れ渡っていた存在をプロが見逃すはずもなく、各球団からスカウトが訪れた。兄は広島カープへの入団を願って知人を通じて打診したが断られ、本人は巨人への入団を熱望し、監督の水原茂とも相思相愛だったが、球団社長は興味を示さず、獲得に乗り出さなかった。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た水原茂

    2年の初夏、中島春雄の戦友であり、たびたび同校を訪ねていた読売ジャイアンツ監督の水原茂に、高校を中退して左投手としての入団を勧誘され、本人もその気でいたが、高校だけは卒業して欲しいという兄の意向により誘いを断る。その直後、オーバーワークにより肩を故障。投手としての未来図を描いていた張本は挫折するも、中島の説得によりその後は打者に専念するようになる。秋の近畿大会で対外試合に初出場。13試合で打率5割6分、本塁打11本という驚異的な成績を残した。張本勲 フレッシュアイペディアより)

  • 張本勲

    張本勲から見た岩隈久志

    5月23日放送分で、途中降板した岩隈久志へ「エースとしてマウンドを守るべきである!」と「喝!」を入れた。この際、出演者である江川紹子は「えーっ」と驚き、「途中降板もありなのではないでしょうか。」という意見を述べた。放映中には口論にならなかったものの、両者の関係がこじれたため、後日TBS側は何度か両者も交えた話し合いをおこなった。しかし解決に至らず、江川は6月20日放送分への出演自粛をTBSから求められたとツイッターで明らかにした。江川はこの中で「5月23日の放送での私の言動について、張本勲氏が立腹し、江川を番組に出さないようにTBSに求めたためです」と記し、7月も同様の理由で出演できないとしていた。その後江川はツイッター閲覧者からの「復帰しないのか」という質問に、「張本さんがお出になっている間、私の復帰はない、とのことです。数日前、正式に通告がありました」と回答。番組関係者は、デイリースポーツの取材に「江川さんとは年間契約などをしているわけではない。コメンテーターとしての出演をお願いしないということです」と説明した。この件について、張本は色々な意見があることは当たり前であり、江川についてわだかまりは無いとしている。張本勲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示

「張本勲」のニューストピックワード